尾鷲市長候補者の声は、市民に届いているか?

 日曜日に告示された尾鷲市長選挙ですが、月曜日から現在まで、商店街通りのカフェでいることが大半でした。

 私がいた間では、村田候補が2回、岩田候補が2回、榎本候補が1回通り過ぎました。私が買い物などでいないときもあったので、もしかするとこの限りではないかも知れません。これだけ通りが寂しいと、立会演説をするにも相手がいないだけにやり辛いかも知れません。それが、現実の商店街なので、各候補がこの現実をどう受け止めているのかが気になります。

 地方自治体だけでなく、中心市街地活性化の対策の有無にも関わらず、多くの商店街は衰退の道を歩んでいます。休業・廃業、空き店舗、更地化など、明るくない話題が、全国の商店街にはつき物です。その中で、私のカフェのように細々と経営している店舗や、長年掴んだ顧客を頼りに営業を続ける店舗や、商店街に頼らず事業展開している店舗など、経営形態はさまざまですが、残っている店舗の性格も、全国的に似ている気がします。

 地方に出て行くと、たいていの商店街を見てくるのですが、それぞれの温度差を感じる時があります。かといって、一体感を出しすぎた商店街では、よけいに温度差を感じるので、「つくられた感」だけが伝わることもあります。普通の住民が買い物に出ている商店街こそが自然体で、それをどう演出していくかなのでしょうが、これだけ店舗が抜けてくると、ますます難しくなってくる現実を感じます。

 「必要なものだけが残り、必要が無いものは無くなる。」

 これは、物事の大原則かも知れませんが、これだけだと、地方自治体のあらゆるものがなくなってしまいます。ここに、尾鷲市のように融通が利かない自治体の経営の難しさがあると考えています。努力しても、それ以上に人と金が減っていく現実では、「残っている者に、どのように満足感を与えるか?または、希望の轍をつけられるか?」に、私は注目しているところがあります。

 残念ながら、各候補者の立会演説を、私はまだ聞いておりません。普段通りに生活していると、その場面に出くわすことがありません。「どこで候補者の人となりを知るのか?」になってくるのですが、購読している地元紙2紙と、中日新聞に掲載された各候補者へのインタビュー記事と、選挙チラシと選挙葉書でしか比較検討することができません。そこには、生の声がありませんので、これが噂話や怪文書に繋がっていく原因をつくるのではとも考えてしまいます。

 だからこそ、尾鷲JCが企画してくれた公開討論会の場で、生の声で討論していただきたかったのですが、それすら実現しない状況で、「開かれた尾鷲」はありえるのかな?と考えてしまいます。それでも、今週末26日(日)に投票日はやってきます。尾鷲の将来や未来を担う適任者を、1票という負託で投票しなくてはなりません。

 わずか1票ですが、わたしの1票は、決めかねる1票に違いありません。

◆尾鷲市長選挙
 投票日 26日(日) 7時~20時
 開票日 26日(日) 22時10分に第1回の開票速報
by owase874 | 2009-07-25 12:23 | コラム「温故知新」


市民活動の延長線上に、市民目線の政治があると考えています。


by kumano874

プロフィールを見る

ご挨拶とブログの概要

当ブログに来ていただきありがとうございます。私が政治に関心をもったのは、災害現場でボランティアとして活動しているときに、どうしても市民活動・NPO活動だけでは届かない声があると感じてからです。1995年の、阪神淡路大震災のときです。それ以降、政策提言できる市民活動を合言葉に、さまざまなことを実践しています(市民派向けのブログもあります。こちらCafe_CReAM モノ語り)。


これまでの思いが実現したのが、2006年11月から、2期6年半在職した尾鷲市議会議員でした。3期目の挑戦には苦杯しましたが、貴重な実体験をさせていただき、条例の制定を中心にした議会改革や、市民活動で培った政策提言を直接できる立場として、負託の重さを実感することができました。

また、尾鷲市議として負託をいただいてからは、この地域ではいち早く、議員活動をお知らせする手段の一つとして、このブログを活用しました。当時のことも含め、日々私が何を感じ、何を考えているかを綴る活動報告にもなっています。なお、2014年5月1日からは、三重県熊野市議会議員として、あらたな1歩を踏み出します。

ときには辛口の意見もありますが、東紀州における公益や市民益を考える一人の意見として読んでいただければ幸いです。

質問や批評など、ご意見がございましたら、下記宛にお願いします。何かしらの方法で、きちんと対応させていただきます。ただし、ブログのコメントには、できる限り返答をいたしますが、端無自身の裁量になることをお許し下さい。

◆ブログ管理者
 未来874事務室
 熊野市飛鳥町佐渡462番地
 0597-84-1033
 kurage874@cream.plala.or.jp 

なお、たくさんの意見や考えをお聞かせ願いたいので、直接にお会いすることも可能です。日程調整などしますので、その旨をお伝え下さい。

facebookやtwitterにも登録しています。よろしくお願いします!

カテゴリ

プロフィール
議会活動の予定
コラム「温故知新」
端無の一般質問
定例会の報告
臨時会の報告
委員会等報告
議会改革報告
防災とまちづくり
教育とまちづくり
福祉とまちづくり
観光とまちづくり
住民自治を考える
産業振興を考える
公益行事への出席
地域の活動を知る
東紀州はひとつに
 
 
 
 
 
 
 
 

twitter

最新の記事

1年前を振り返る日、新たな決..
at 2015-04-20 14:58
熊野市の地方創生(移住交流編..
at 2015-03-14 17:29
議会が一枚岩になるということ
at 2015-03-03 00:41
【12月定例会の一般質問】熊..
at 2014-12-11 16:18
【丹レス主催】大杉の伐木と霊..
at 2014-11-10 13:17
これからの地方自治体
at 2014-10-30 14:14
【丹波水害復興支援_霊山寺と..
at 2014-10-30 09:52
【丹波水害支援_床下対応メイ..
at 2014-10-21 10:29
【東皐寺復興支援&クールダウ..
at 2014-10-09 11:23
【丹波水害復興支援】東皐寺、..
at 2014-09-26 12:31

以前の記事

2015年 04月
2015年 03月
2014年 12月
more...

検索

その他のジャンル