自分たちの国の代表者を決めるということ

 衆議院議員選挙三重5区公開討論会の感想です。

 会場には、450名の来場者があり(主催者発表)、どちらかと言えば高齢の世代が多かったです。尾鷲JCと、熊野JCの共催事業でしたので、熊野方面からも来場者がありました。県議や市議、町議の姿もありました。

 三ツ矢憲生氏、大原忍氏、藤田大助氏(くじで決めたと言う席順)の3氏が、コーディネーターの石阪督規氏のファシリテイトで討論が進みました。すでに、伊勢でも公開討論会をやっていただけに、時間配分や各候補予定者の対応にも、秩序と公平さが感じられました。これは、公開討論会の大原則でもあるので、各自が短い時間ながらも、きちんと主張をしていく姿には好感が持てました。

 3氏は共に伊勢の出身で、三重5区の細長い選挙区を考えると、「東紀州から国会議員はでないものか?いや出したいよな。」と、感じました。伊勢中心ではないにしても、東紀州出身ではないところに、東紀州に対する思い入れは、各候補予定者で温度差が見て取れました。しかし、三重5区の有権者数約28万人のうち、約11万人が伊勢市、約5万人が志摩市、約1万8千人が鳥羽市であることからも、票田は伊勢志摩になってしまう現実は否めません。

 私が感じた3氏の感想は、三ツ矢氏はやはり政権政党で2期務めてきただけの風格と説得力がありました。「東紀州はまずはライフラインの確立」は、三ツ矢氏にしか達成できない責任として伝わってきました。この点においては、藤田氏のマニフェストだけに頼る説明は、説得力がありませんでした。しかし、早い段階から選挙のための活動をしてきているだけに、「若い力の可能性」には賛同できる発言もありました。大原氏については、「移民1億人を含めた日本国民3億人構想」と、「リニア新幹線を全国配備」は、財源根拠も可能性も理解できないにしても、わかりやすい信念を感じました。
 三ツ矢氏も大原氏もですが、はっきりと自分の考えや意見を述べられると、自信としてあらわれるので、藤田氏にはこの点があとひと押しというところでした。

 以下は、私が書き留めた、テーマごとの討論の箇条書きです。主張や討論を聞いていて、気になったポイントですが、全てを網羅するものではありません。

■行財政改革
 大原氏…消費税をゼロにする
 藤田氏…税金の無駄をなくし、使い方を変える
 三ツ矢氏…会社経営の理念も必要

■社会福祉制度
 藤田氏…医師の数を増やしていく、子育て手当の支給
 三ツ矢氏…子育てしやすい環境を整備する
 大原氏…人口を3億人にする、ドクターヘリの整備

■年金問題
 三ツ矢氏…社会保障は全て税金で補う
 大原氏…人口3億人構想が年金問題を解決する
 藤田氏…年金手帳の一元管理化

■子育て支援
 藤田氏…子育て支援2万6千円の支給
 大原氏…住居の容積率を拡大する法整備
 三ツ矢氏…現金の支給には疑問、それよりは環境整備

■地方分権の推進
 三ツ矢氏…調整機関による事前の協議が必要
 大原氏…積極的に進める、税収入以外の収入を考える
 藤田氏…国と地方の話し合い

■この地域が抱える諸問題
 大原氏…人口増加策が、過疎化や少子化、第1次産業の衰退を解消する
 藤田氏…自然環境の価値を認め、コミュニティビジネスなどで農商工の連携
 三ツ矢氏…インフラの整備、流通の体系を改善、東紀州の付加価値を高める

■自己アピール
 藤田氏…政治・税金・生活を変えていく4年ぶりの選挙
 三ツ矢氏…東紀州の格差を感じる、インフラの整備が絶対必要
 大原氏…これからは、日本が政界を先導する

 19時に開演し、終了する20時45分までの間、飽きることなく聞き入ることができました。私は妻と2人で参加しましたが、帰りの車の中でも、公開討論会の必要性をヒシヒシと話しました。3氏の人柄や、奥底までは知れなくとも、ポスターを見ているだけでは得られない主張を掴むことができました。

 東紀州では初めて、衆議院選挙の公開討論会を成功させた尾鷲JCと熊野JCには、自分たちの国の代表者を決める、大きな負託の1票を投じるだけに、「よくやっていただきました。」と感謝するばかりです。

 その衆議院の総選挙は、8月18日に公示、8月30日に投開票の日程で行われます。
by owase874 | 2009-08-06 02:37 | コラム「温故知新」


市民活動の延長線上に、市民目線の政治があると考えています。


by kumano874

プロフィールを見る

ご挨拶とブログの概要

当ブログに来ていただきありがとうございます。私が政治に関心をもったのは、災害現場でボランティアとして活動しているときに、どうしても市民活動・NPO活動だけでは届かない声があると感じてからです。1995年の、阪神淡路大震災のときです。それ以降、政策提言できる市民活動を合言葉に、さまざまなことを実践しています(市民派向けのブログもあります。こちらCafe_CReAM モノ語り)。


これまでの思いが実現したのが、2006年11月から、2期6年半在職した尾鷲市議会議員でした。3期目の挑戦には苦杯しましたが、貴重な実体験をさせていただき、条例の制定を中心にした議会改革や、市民活動で培った政策提言を直接できる立場として、負託の重さを実感することができました。

また、尾鷲市議として負託をいただいてからは、この地域ではいち早く、議員活動をお知らせする手段の一つとして、このブログを活用しました。当時のことも含め、日々私が何を感じ、何を考えているかを綴る活動報告にもなっています。なお、2014年5月1日からは、三重県熊野市議会議員として、あらたな1歩を踏み出します。

ときには辛口の意見もありますが、東紀州における公益や市民益を考える一人の意見として読んでいただければ幸いです。

質問や批評など、ご意見がございましたら、下記宛にお願いします。何かしらの方法で、きちんと対応させていただきます。ただし、ブログのコメントには、できる限り返答をいたしますが、端無自身の裁量になることをお許し下さい。

◆ブログ管理者
 未来874事務室
 熊野市飛鳥町佐渡462番地
 0597-84-1033
 kurage874@cream.plala.or.jp 

なお、たくさんの意見や考えをお聞かせ願いたいので、直接にお会いすることも可能です。日程調整などしますので、その旨をお伝え下さい。

facebookやtwitterにも登録しています。よろしくお願いします!

カテゴリ

プロフィール
議会活動の予定
コラム「温故知新」
端無の一般質問
定例会の報告
臨時会の報告
委員会等報告
議会改革報告
防災とまちづくり
教育とまちづくり
福祉とまちづくり
観光とまちづくり
住民自治を考える
産業振興を考える
公益行事への出席
地域の活動を知る
東紀州はひとつに
 
 
 
 
 
 
 
 

twitter

最新の記事

1年前を振り返る日、新たな決..
at 2015-04-20 14:58
熊野市の地方創生(移住交流編..
at 2015-03-14 17:29
議会が一枚岩になるということ
at 2015-03-03 00:41
【12月定例会の一般質問】熊..
at 2014-12-11 16:18
【丹レス主催】大杉の伐木と霊..
at 2014-11-10 13:17
これからの地方自治体
at 2014-10-30 14:14
【丹波水害復興支援_霊山寺と..
at 2014-10-30 09:52
【丹波水害支援_床下対応メイ..
at 2014-10-21 10:29
【東皐寺復興支援&クールダウ..
at 2014-10-09 11:23
【丹波水害復興支援】東皐寺、..
at 2014-09-26 12:31

以前の記事

2015年 04月
2015年 03月
2014年 12月
more...

検索

その他のジャンル