議会改革で何をかえたいのか?

 12月定例会と並行して、議会改革についての協議も進んでいます。

 いくつかの議題があがっていますが、直近の課題は、予算決算常任委員会の設置についてです。このために、先の議会運営委員会の管外視察においても、敦賀市や小浜市の先進事例を学んできたところです。全国的にみても、設置をされている議会が少なく、三重県においては、鈴鹿市議会や四日市市議会、三重県議会などが先進的に設置をしています。

 この常任委員会の設置自体については、会派としても調査研究を続けているところですが、現状の進み方をみていると、予算における分割付託の違法性を根拠にして、設置を急いでいるように感じます。しかし、大多数の市町村議会が、調査段階であったり、設置を検討していたりと、すでに分割付託で進められている常任委員会との整合性などでも議論をしているところです。

 私としても、予算の分割負託における弊害は、過去の実例をもって体験している立場です。だからといって、違法性を根拠に、先進的に取り入れることは、少々性急過ぎやしないかと感じます。地元紙の新聞報道では、すでに設置が決まったかのような記述にも感じ、議会運営委員会での認識との開きを感じたところです。この席上の私は、「会派の中でも、「もっと議論をつくしてよいのではないか?」との意見がある。」と、慎重論を唱えています。これに同調する意見も出され、議員間の雑談においても、「議論の必要性」を唱える意見もあります。

 しかし、これは常任委員会の設置に否定的な意見ではなく、私としては早い段階での設置を希望しています。と同時に、現在の2つの常任委員会との整合性や、すべての議員がどのような意見を持ってるかの議論を尽くすべきだと考えています。または、すでに設置をされている市町村議会での弊害事例などの調査もしていいのではと考えています。例えば、私の設置の条件の一つには、議員による監査委員も課題に挙げるべきだと感じているので、これも調査する必要性があります。

 議会改革においては、尾鷲市議会は先進的です。議員定数の削減や、給与に関する削減など、東紀州の自治体と比較しても、率先的に改革を推し進めてきていると感じます。しかし、それは、私が議員になってわかったことで、それまでは、短絡的な考え方、つまりは、「議員っていい給与もらっているしなあ。」位の認識しかありませんでした。それが、政治への関心が高まり、議会改革の必要性が市民の利益に繋がるものだと感じたとき、尾鷲市議会の先進的な面を知ったのでした。

 しかし、市議会だけの責任ではありませんが、尾鷲市の現実としては、財政が落ち込み、人口が減少し、過疎化が進み、少子高齢化し、失業率が上昇し、求職者が増加し、常勤医師が減少し、医業収益が落ち込み、借金ばかりが増えていく…そんな状態を長らく続けています。ここに、市政や市議会への不信感が、多くの市民に募っているのも確かです。かといって、その代表者を選択したのも市民なので、負のスパイラルから抜け出せていないままです。

 時として、同僚議員としてやりきれないこともあります。議員という立場を利用し、特定の口利きをやったり、過度に教育現場に意見をしたり、本来業務をほとんど何もしなかったりというような議員もいるように感じます。いくら市民から負託を受けたといっても、1票が投票者の個人益に繋がるようなことであれば、負のスパイラルからは一生抜け出せません。そんなことをしている間に、尾鷲市は底なし沼へと沈んでいっています。かとって、私自身も、市民の利益にと活動をしていますが、本来業務の純粋な活動だけでは、市民には見え難いと感じます。ここに、議員活動と議会活動の難しさを痛感しています。

 まずは、私も含めてですが、議会改革は議員の意識改革からです。最近になって、あらゆる選挙に出る候補者の文句には、「しがらみのない選挙」、「しがらみのない政治活動」などがあがっています。それは、市民感情の中に、「あの人は…」というレッテルが貼られている現実があるからです。しかし、本来のしがらみとは、「柵」であり、「水をせき止めるための柵(さく)」からきている言葉です。市民の思いをせき止め、市政運営に反映させることができれば、そんなしがらみはあっていいはずです。それが、個人益か公益かで変ってくるので、公益に繋がるしがらみを、私たち政治家はもっと積極的にすべきだと感じています。

 話は戻りますが、そういったことを考えると、この常任委員会の設置は、公益に繋がる議会改革だと感じています。しかし、現状の議員の意識改革もやらないと、共通認識での取り組みはできません。そうなってしまうと、「何をやっても変わらんやないかな。」と言われてしまいます。滅多に開催されない特別委員会の件なども含めて、近頃、そんなことを感じることが非常に多い気がします。

 最後に、私も含めた議員からの声もある、尾鷲市議会として取り組んでいく議会改革を挙げておきます。

 ・おわせ市議会だよりの発行(進行中)
 ・予算決算常任委員会の設置(検討中)
 ・議員年金の取り扱い(一部議論中)
 ・市議会の動画配信、または中継(議論に入っていない)
 ・市議会ホームページの充実(議論に入っていない)
 ・議員定数の増減(議論に入っていない)
 ・議員給与の増減(議論に入っていない)
 ・政務調査費の増減、または廃止(議論に入っていない)

 既出のことも含めて、あなたが考える議会改革などあれば提案してください。
by owase874 | 2009-12-08 23:44 | 議会改革報告


市民活動の延長線上に、市民目線の政治があると考えています。


by kumano874

プロフィールを見る

ご挨拶とブログの概要

当ブログに来ていただきありがとうございます。私が政治に関心をもったのは、災害現場でボランティアとして活動しているときに、どうしても市民活動・NPO活動だけでは届かない声があると感じてからです。1995年の、阪神淡路大震災のときです。それ以降、政策提言できる市民活動を合言葉に、さまざまなことを実践しています(市民派向けのブログもあります。こちらCafe_CReAM モノ語り)。


これまでの思いが実現したのが、2006年11月から、2期6年半在職した尾鷲市議会議員でした。3期目の挑戦には苦杯しましたが、貴重な実体験をさせていただき、条例の制定を中心にした議会改革や、市民活動で培った政策提言を直接できる立場として、負託の重さを実感することができました。

また、尾鷲市議として負託をいただいてからは、この地域ではいち早く、議員活動をお知らせする手段の一つとして、このブログを活用しました。当時のことも含め、日々私が何を感じ、何を考えているかを綴る活動報告にもなっています。なお、2014年5月1日からは、三重県熊野市議会議員として、あらたな1歩を踏み出します。

ときには辛口の意見もありますが、東紀州における公益や市民益を考える一人の意見として読んでいただければ幸いです。

質問や批評など、ご意見がございましたら、下記宛にお願いします。何かしらの方法で、きちんと対応させていただきます。ただし、ブログのコメントには、できる限り返答をいたしますが、端無自身の裁量になることをお許し下さい。

◆ブログ管理者
 未来874事務室
 熊野市飛鳥町佐渡462番地
 0597-84-1033
 kurage874@cream.plala.or.jp 

なお、たくさんの意見や考えをお聞かせ願いたいので、直接にお会いすることも可能です。日程調整などしますので、その旨をお伝え下さい。

facebookやtwitterにも登録しています。よろしくお願いします!

カテゴリ

プロフィール
議会活動の予定
コラム「温故知新」
端無の一般質問
定例会の報告
臨時会の報告
委員会等報告
議会改革報告
防災とまちづくり
教育とまちづくり
福祉とまちづくり
観光とまちづくり
住民自治を考える
産業振興を考える
公益行事への出席
地域の活動を知る
東紀州はひとつに
 
 
 
 
 
 
 
 

twitter

最新の記事

一般社団法人熊野レストレーシ..
at 2017-09-23 09:10
三重県熊野市議会議員【はなし..
at 2017-09-23 09:00
1年前を振り返る日、新たな決..
at 2015-04-20 14:58
熊野市の地方創生(移住交流編..
at 2015-03-14 17:29
議会が一枚岩になるということ
at 2015-03-03 00:41
【12月定例会の一般質問】熊..
at 2014-12-11 16:18
【丹レス主催】大杉の伐木と霊..
at 2014-11-10 13:17
これからの地方自治体
at 2014-10-30 14:14
【丹波水害復興支援_霊山寺と..
at 2014-10-30 09:52
【丹波水害支援_床下対応メイ..
at 2014-10-21 10:29

以前の記事

2017年 09月
2015年 04月
2015年 03月
more...

検索

その他のジャンル