第1回定例会の開催と、岩田市長の所信表明

 本日、平成22年度第1回定例会が開催されました。

 24議案の提案説明がなされ、人事案件の3つの議案と、2つの諮問については、人事案件であることを考慮して、そのまま採決が行われました。採決は、いずれも全員一致で可決されました。これにより、尾鷲市教育委員会委員には玉本卓也氏(新任)、尾鷲市公平委員会委員には東司氏(再任)、尾鷲市固定資産評価審査委員会員には植松顯哉氏(再任)、北村綾子氏(再任)、丸林克彦氏(新任)の3氏、人権擁護委員には稲葉充子氏(再任)、大瀬欣子氏(新任)の2氏が選任されました。

 24議案の提案説明の前には、市長の所信表明もあったのですが、約1時間の表明では、私なりに感じたことがありました。
e0105019_213340100.jpg
これがその冊子


 この所信表明は、この日の本会議のあとに、全議員に配布されます。すでに準備されているものなので、「冊子化されているならば、せめてこの日の本会議前に配布されている方がいいのに。」と感じます。ただし、この冊子には、提案説明も併記されているので、この部分が余分であれば、分けたものでかまいません。
 私があるといいのにと感じるのは、表明を約一時間も聞き続けることになるので、筆記してもあとで配布されるし、単調に聞くだけだとさすがに眠気も襲ってくるので、結局はノート1枚にびっしりと書き込みようにしています。そのため、何かしらときの市長の意気込みを知ることはできないものかと、表明する順序などにも着目しています。

 岩田市長の所信表明は、先月末に発生したチリ津波の対応と、海洋深層水の取水が停止していることからはじまりました。このあと、お魚市長とも言われるだけに、水産業に関わる施策から入り、海業への支援策などで、長い時間を費やしました。次に、マイ箸市長との名も定着しそうな意気込みである農林業について語り、岩田市長の施策の先鋒は、やはり農林水産業であると感じました。

 ここまでは、私の読み通りでしたが、次に来る施策は、できれば学校教育や社会福祉であって欲しいと望みましたが、岩田市長が語ったのは、商工業でした。深層水のさらなる活用や、アワビやサツキマスの陸上養殖や魚アラの活用などへの取り組みから入り、農商工連携の話も出ていました。次に、尾鷲よいとこ集客交流事業の話になり、尾鷲のまちなか再生について長い説明がありました。商工業関連の予算は、それほど突出していることもなく、全体の2.6%程度です。県職員時代の活動からみても、いかにも岩田市長らしい交流事業に感じました。しかし、事業のベースとなる尾鷲市のまちづくりの方向性が見えている上での施策かといえば、どこにでもあるような事業であるとも感じました。

 このあと、福祉保健に関する施策が説明されましたが、子育て全般については、期待外れな読み上げただけの内容でした。全体的には、流れるような説明で終わりましたが、懸案事項なはずの病院運営の話も素通り的でしたし、「地方自治体の生命線は、社会福祉(地域医療)と学校教育」と考えている私だけに、「財政難の自治体行政ができることは、住んでいる住民の命を守り、将来に託すこと。」ではないでしょうか?もちろん、そのときの市長の施策に物言える立場しかない議員ですが、住民自治で済まされる施策と、自治体行政しかできない施策があると強く感じているだけに、あまり印象に残らない場面でした。

 さらに、環境、防災、建設と表明は続きますが、この中では建設が、主に高速道路についてで、あっという間の説明でした。環境では、清掃工場の更新や、広域化に向けた取り組みなどが説明され、毎年のように多額の修繕費がいる現状も報告されました。今回も、修繕費で8千万円の予算が計上されているだけに、懸案事項となります。また、防災においては、災害時要援護者避難支援体制について言及がなされ、かねてより私の一般質問でも指摘と提案をしていた事項が説明されていました。尾鷲市は、行政をあげての防災への取り組みが、他の自治体と比較して率先的です。災害時要援護者は、災害時要支援者と対になるだけに、要支援者としての率先的な取り組みを、私は市民の立場で実践しているところです。

 最後となった教育では、学校施設の耐震整備事業から始まりました。尾鷲中学校を中心にした学校支援3事業の話では、①学習支援ボランティアの配置などの学習支援事業、②Q-U調査(私は初耳でした、要調査)
による生徒指導研究推進事業、③学校相談員の配置などの教育支援事業などが説明されました。また、外国語活動支援においては、ALTだけでなく、外国語ボランティアを地域から募集する旨の発言もあったので、「事業費が高くつくALTを増やすより、市内在住のネイティブや英語がたんのうな人材を利用しないのか?」と、私が過去の委員会発言で求めた話題なのかとも感じました。
 ここでは、マイ箸文化のことにも触れており、環境保全や林業施策にも繋がるような、岩田市長の壮大な夢が語られておりました。この話を聞きながら、「私もマイ箸もっているしな。これから意識してつこてみよかいな。」と思ったところです。割り箸以外で箸といえば、輪島塗や若狭塗が有名ですが、「尾鷲にない文化をつくる」という意気込みは伝わってきました。また、市立運動場の改修は、先の尾鷲市老人会連合会の懇談会でも陳情がされていたので、「国の2次補正を使うとはいえ、4千万円を計上するのは太っ腹」と感じました。

 ひと通りの施策が表明されたあとに、交通体系、コミュニティセンター建設事業、行財政改革の説明がありました。交通体系では、市内巡回バスの収支率が17.9%と低いことに驚きました。また、大曽根地区に念願のコミュニティセンターができることも知りました。ただし、すべての地区にはないだけに、優先順位や今後の対応にも注目するところです。行財政改革では、新たな集中改革プランの策定を必要とするので、17名の中堅職員で、ワーキンググループを構成し、調査研究をはじめたという事です。岩田市長も、「不断の決意で取り組む」と明言していたので、これが確実に実を結ぶことに期待するところです。

 以上が、岩田市長の所信表明でしたが、表明する順序によって、市長の気持ちの入れように高低があるわけではありません。しかし、こうして振り返ると、岩田市長色があるようにも感じました。地元紙には、緊縮財政とも報道されていたので、無い袖を振った予算編成とまではいきませんでしたが、24議案は各常任委員会へ付託されたので、十分な審査を行いたいと考えております。

 私においても、委員会での審査だけでなく、質疑か一般質問をしたいと議案を調査しております。

◇第1回定例会所信表明・提案説明
 http://www.city.owase.lg.jp/contents_detail.php?co=kak&frmId=4235
by owase874 | 2010-03-02 23:26 | 定例会の報告


市民活動の延長線上に、市民目線の政治があると考えています。


by kumano874

プロフィールを見る

ご挨拶とブログの概要

当ブログに来ていただきありがとうございます。私が政治に関心をもったのは、災害現場でボランティアとして活動しているときに、どうしても市民活動・NPO活動だけでは届かない声があると感じてからです。1995年の、阪神淡路大震災のときです。それ以降、政策提言できる市民活動を合言葉に、さまざまなことを実践しています(市民派向けのブログもあります。こちらCafe_CReAM モノ語り)。


これまでの思いが実現したのが、2006年11月から、2期6年半在職した尾鷲市議会議員でした。3期目の挑戦には苦杯しましたが、貴重な実体験をさせていただき、条例の制定を中心にした議会改革や、市民活動で培った政策提言を直接できる立場として、負託の重さを実感することができました。

また、尾鷲市議として負託をいただいてからは、この地域ではいち早く、議員活動をお知らせする手段の一つとして、このブログを活用しました。当時のことも含め、日々私が何を感じ、何を考えているかを綴る活動報告にもなっています。なお、2014年5月1日からは、三重県熊野市議会議員として、あらたな1歩を踏み出します。

ときには辛口の意見もありますが、東紀州における公益や市民益を考える一人の意見として読んでいただければ幸いです。

質問や批評など、ご意見がございましたら、下記宛にお願いします。何かしらの方法で、きちんと対応させていただきます。ただし、ブログのコメントには、できる限り返答をいたしますが、端無自身の裁量になることをお許し下さい。

◆ブログ管理者
 未来874事務室
 熊野市飛鳥町佐渡462番地
 0597-84-1033
 kurage874@cream.plala.or.jp 

なお、たくさんの意見や考えをお聞かせ願いたいので、直接にお会いすることも可能です。日程調整などしますので、その旨をお伝え下さい。

facebookやtwitterにも登録しています。よろしくお願いします!

カテゴリ

プロフィール
議会活動の予定
コラム「温故知新」
端無の一般質問
定例会の報告
臨時会の報告
委員会等報告
議会改革報告
防災とまちづくり
教育とまちづくり
福祉とまちづくり
観光とまちづくり
住民自治を考える
産業振興を考える
公益行事への出席
地域の活動を知る
東紀州はひとつに
 
 
 
 
 
 
 
 

twitter

最新の記事

1年前を振り返る日、新たな決..
at 2015-04-20 14:58
熊野市の地方創生(移住交流編..
at 2015-03-14 17:29
議会が一枚岩になるということ
at 2015-03-03 00:41
【12月定例会の一般質問】熊..
at 2014-12-11 16:18
【丹レス主催】大杉の伐木と霊..
at 2014-11-10 13:17
これからの地方自治体
at 2014-10-30 14:14
【丹波水害復興支援_霊山寺と..
at 2014-10-30 09:52
【丹波水害支援_床下対応メイ..
at 2014-10-21 10:29
【東皐寺復興支援&クールダウ..
at 2014-10-09 11:23
【丹波水害復興支援】東皐寺、..
at 2014-09-26 12:31

以前の記事

2015年 04月
2015年 03月
2014年 12月
more...

検索

その他のジャンル