こんなことで、まちはよくなるといえるのか?と感じる話

 午後に、議会事務局よりFAXが届きました。

 議員各位というあて先で、送り元は、三鬼議長からでした。

 内容としては、「みえ尾鷲海洋深層水取水施設改修整備事業工事入札結果について」でした。簡単に説明すると、工事請負額の確定がされたということです。先だっての臨時会で、補正予算の議案が通過しましたが、このときの工事請負費は、3億8174万9千円でした。「1社でも入札」との声がありましたが、FAXの文章では「随意契約」となっていました。ということは、落札金額については、落札者の善意があったのかもしれません。

 また、この文書には、「尾鷲市建設工事公表要領第3条第1項第8号第9号第13号により公表しないこととなっております」とありました。ようは、「口外してはならぬ」ということでしょう。なので、私より公表することはありません。ただし、高額な金額には変わりありませんが、決まった予算とはいえ、あっさりとした紙ベースの説明だけです。

 しかし、夕刊として配達される翌日付けの地元2紙には、大きな見出しでこの金額が表示されていました。しかも、私たち議員がいただいたものよりも詳細な金額です(消費税額の上乗せ分だけですが)。これでは、「公表しないように」という議員へのお達しは、なんとも薄っぺらく感じます。地元2紙の取材努力に対しては、何の考察もありませんが、「公表しない」ということが、「公開されている」ことには違いありません。

 そこで、何が憤りかというと、この金額を漏らしている人物がいるということです。しかも、それは一般住民ではなく、この公表されない金額を詳しく知っている人物ということになります。それは、行政職員か市議会議員、落札業者のいずれかと想像できるからです。地元紙で知ることができる住民にとっては、無益ではないと感じますが、公表されないものを漏らした人物が、尾鷲市という自治体運営に関わっている可能性が高いことに憤りがあるのです。

 こんなことがまかり通る現実をみていると、「これでまちはよくなっていくのか?」と思わずにはいられません。
e0105019_18225921.jpg
光海底ケーブル執筆委員会


 「進退をかけるので」と、岩田市長は揚げ足をとられていました。そういったことで、議案の採否を決めるものではないと感じるのですが、この著書を読む限りでは、再発する可能性はゼロではありません。ましてや、投錨規制などができない場合は、相手側の否を追求することも難しいようです。さらに、光海底ケーブルの場合、船舶による被害は、全体の5割に達するとのことです。

 それでも工事が決まりました。あとは、復旧を望むばかりですが、この事件はこれで終わるのか心配です。
by owase874 | 2010-05-26 18:48 | コラム「温故知新」


市民活動の延長線上に、市民目線の政治があると考えています。


by kumano874

プロフィールを見る

ご挨拶とブログの概要

当ブログに来ていただきありがとうございます。私が政治に関心をもったのは、災害現場でボランティアとして活動しているときに、どうしても市民活動・NPO活動だけでは届かない声があると感じてからです。1995年の、阪神淡路大震災のときです。それ以降、政策提言できる市民活動を合言葉に、さまざまなことを実践しています(市民派向けのブログもあります。こちらCafe_CReAM モノ語り)。


これまでの思いが実現したのが、2006年11月から、2期6年半在職した尾鷲市議会議員でした。3期目の挑戦には苦杯しましたが、貴重な実体験をさせていただき、条例の制定を中心にした議会改革や、市民活動で培った政策提言を直接できる立場として、負託の重さを実感することができました。

また、尾鷲市議として負託をいただいてからは、この地域ではいち早く、議員活動をお知らせする手段の一つとして、このブログを活用しました。当時のことも含め、日々私が何を感じ、何を考えているかを綴る活動報告にもなっています。なお、2014年5月1日からは、三重県熊野市議会議員として、あらたな1歩を踏み出します。

ときには辛口の意見もありますが、東紀州における公益や市民益を考える一人の意見として読んでいただければ幸いです。

質問や批評など、ご意見がございましたら、下記宛にお願いします。何かしらの方法で、きちんと対応させていただきます。ただし、ブログのコメントには、できる限り返答をいたしますが、端無自身の裁量になることをお許し下さい。

◆ブログ管理者
 未来874事務室
 熊野市飛鳥町佐渡462番地
 0597-84-1033
 kurage874@cream.plala.or.jp 

なお、たくさんの意見や考えをお聞かせ願いたいので、直接にお会いすることも可能です。日程調整などしますので、その旨をお伝え下さい。

facebookやtwitterにも登録しています。よろしくお願いします!

カテゴリ

プロフィール
議会活動の予定
コラム「温故知新」
端無の一般質問
定例会の報告
臨時会の報告
委員会等報告
議会改革報告
防災とまちづくり
教育とまちづくり
福祉とまちづくり
観光とまちづくり
住民自治を考える
産業振興を考える
公益行事への出席
地域の活動を知る
東紀州はひとつに
 
 
 
 
 
 
 
 

twitter

最新の記事

一般社団法人熊野レストレーシ..
at 2017-09-23 09:10
三重県熊野市議会議員【はなし..
at 2017-09-23 09:00
1年前を振り返る日、新たな決..
at 2015-04-20 14:58
熊野市の地方創生(移住交流編..
at 2015-03-14 17:29
議会が一枚岩になるということ
at 2015-03-03 00:41
【12月定例会の一般質問】熊..
at 2014-12-11 16:18
【丹レス主催】大杉の伐木と霊..
at 2014-11-10 13:17
これからの地方自治体
at 2014-10-30 14:14
【丹波水害復興支援_霊山寺と..
at 2014-10-30 09:52
【丹波水害支援_床下対応メイ..
at 2014-10-21 10:29

以前の記事

2017年 09月
2015年 04月
2015年 03月
more...

検索

その他のジャンル