尾鷲市土砂災害総合防災訓練を見学する

 今日はとくに暑かったので、実践された方には頭が下がります。

 こういった訓練では、私たち議員は傍観者のように見学するだけですが、実践される方や、準備や片付け、当日の誘導や補助など、多くの官民協働の現場を知ることができます。「尾鷲はいっつも大規模にやるんな?」と、近くの住民に聞かれましたが、「尾鷲は積極的なんですよ。だから、自衛隊や海上保安庁も参加してくるんですよ」と応えたところです。東紀州においても、この分野の積極性は、尾鷲が突出しているはずです。それだけに、あとは私たちのような民間の災害救援ボランティアの利活用にも期待するばかりです。
e0105019_16512011.jpg
自衛隊と消防署


e0105019_1652818.jpg
今回の目玉「海陽丸」


 フジトランスコーポレーションが、尾鷲市と災害協定を結んだことがきっかけで、今日の訓練に参加していました(なので、尾鷲市の費用負担はありません)。この海洋丸に、災害支援の車両が乗り込んだのですが、こういった利活用ははじめてのことでした。これだけ甲板が広い船舶なので、災害発生直後よりは、そのあとの支援にも大いに役立ちそうです。
e0105019_1731920.jpg
防災ヘリ


e0105019_174813.jpg
救難ボート


 ヘリやボートなども含めて、特殊車両が多いので、子どもの姿も多かったです。こういった「はたらく自動車」は、実践している姿を見せるのが一番だと感じました。これが記憶と目に焼きついて、将来を目指すのかも知れません。
e0105019_17114238.jpg
インパクトある車両


 会場には、WEBカメラを搭載した車両や、三輪自転車がありました。徳島の松浦機械製作所ですが、5台のWEBカメラで、災害対策本部へ映像を配信していたようです。そういえば、尾鷲市消防団の車両の屋根にも、WEBカメラが搭載されていますが、現地の映像を送る技術は、今後の災害救援には欠かせないのかも知れません。
e0105019_1718286.jpg
巡視船すずか


 賀田湾には、尾鷲海上保安部の巡視船すずかが停泊していて、そのヘリポートに海上保安庁のヘリが着艦する予定でした。気象条件などで、着艦までにはいたりませんでしたが、操縦士が女性パイロットということでした。

 暑い日になり、訓練に参加された古江住民にも、参加へのご理解に感謝するところです。区長からも、古江町に初めてヘリが着陸したとありましたので、いっそうの心強さを感じたことでしょう。尾鷲市内だけでなく、多くの参加があって実現するこのような防災訓練は、日ごろ連携を確認する上でも、貴重な時間だと感じました。

 みなさま、お疲れさまでした。

◆訓練参加機関
 尾鷲海上保安部、陸上自衛隊第33普通科連隊、三重県、三重県防災航空隊、尾鷲警察署、尾鷲市建設業協会、尾鷲総合病院、尾鷲市、三重紀北消防組合、尾鷲市消防団、古江区、災害救助犬ネットワーク、㈱フジトランスコーポレーション
by owase874 | 2010-06-06 17:31 | 防災とまちづくり


市民活動の延長線上に、市民目線の政治があると考えています。


by kumano874

プロフィールを見る

ご挨拶とブログの概要

当ブログに来ていただきありがとうございます。私が政治に関心をもったのは、災害現場でボランティアとして活動しているときに、どうしても市民活動・NPO活動だけでは届かない声があると感じてからです。1995年の、阪神淡路大震災のときです。それ以降、政策提言できる市民活動を合言葉に、さまざまなことを実践しています(市民派向けのブログもあります。こちらCafe_CReAM モノ語り)。


これまでの思いが実現したのが、2006年11月から、2期6年半在職した尾鷲市議会議員でした。3期目の挑戦には苦杯しましたが、貴重な実体験をさせていただき、条例の制定を中心にした議会改革や、市民活動で培った政策提言を直接できる立場として、負託の重さを実感することができました。

また、尾鷲市議として負託をいただいてからは、この地域ではいち早く、議員活動をお知らせする手段の一つとして、このブログを活用しました。当時のことも含め、日々私が何を感じ、何を考えているかを綴る活動報告にもなっています。なお、2014年5月1日からは、三重県熊野市議会議員として、あらたな1歩を踏み出します。

ときには辛口の意見もありますが、東紀州における公益や市民益を考える一人の意見として読んでいただければ幸いです。

質問や批評など、ご意見がございましたら、下記宛にお願いします。何かしらの方法で、きちんと対応させていただきます。ただし、ブログのコメントには、できる限り返答をいたしますが、端無自身の裁量になることをお許し下さい。

◆ブログ管理者
 未来874事務室
 熊野市飛鳥町佐渡462番地
 0597-84-1033
 kurage874@cream.plala.or.jp 

なお、たくさんの意見や考えをお聞かせ願いたいので、直接にお会いすることも可能です。日程調整などしますので、その旨をお伝え下さい。

facebookやtwitterにも登録しています。よろしくお願いします!

カテゴリ

プロフィール
議会活動の予定
コラム「温故知新」
端無の一般質問
定例会の報告
臨時会の報告
委員会等報告
議会改革報告
防災とまちづくり
教育とまちづくり
福祉とまちづくり
観光とまちづくり
住民自治を考える
産業振興を考える
公益行事への出席
地域の活動を知る
東紀州はひとつに
 
 
 
 
 
 
 
 

twitter

最新の記事

1年前を振り返る日、新たな決..
at 2015-04-20 14:58
熊野市の地方創生(移住交流編..
at 2015-03-14 17:29
議会が一枚岩になるということ
at 2015-03-03 00:41
【12月定例会の一般質問】熊..
at 2014-12-11 16:18
【丹レス主催】大杉の伐木と霊..
at 2014-11-10 13:17
これからの地方自治体
at 2014-10-30 14:14
【丹波水害復興支援_霊山寺と..
at 2014-10-30 09:52
【丹波水害支援_床下対応メイ..
at 2014-10-21 10:29
【東皐寺復興支援&クールダウ..
at 2014-10-09 11:23
【丹波水害復興支援】東皐寺、..
at 2014-09-26 12:31

以前の記事

2015年 04月
2015年 03月
2014年 12月
more...

検索

その他のジャンル