尾鷲の明日を考える会

 「尾鷲の明日を考える会」から封書が届きました。

 代表者は、市内在住の西謙一氏になっており、同封の会員名簿には、34名が記載されておりました。新しくできた会との報告を受けていますが、私は存在を知りませんでした。このような文書や葉書、封書などは、匿名や個人名で受け取ることがありますが、会の代表として受け取るのは初めてのことです。

 同封の文書には、会の代表が個人的に入手したという道の駅関連の資料があり、会の紹介や尾鷲市の現状を書いた文章とともに、10項目の質問内容が記載されておりました。また、この質問内容を、来年1月10日までに回答するように依頼を受けています。
 以下に、その質問内容を記載します。

1.市会議員の仕事をどのように行っていますか。その方法と考え方を具体的にお願いします。
2.市民の声をどのように把握していますか。
3.満足のいく議会活動ができていますか。できない理由は何ですか。
4.「常に前進する尾鷲市」を築くために、市長と市議会はどうすべきだと思いますか。
5.尾鷲市の問題点と、解決策と思われる内容を大きい順に三つあげてください。
6.公共事業のもたらす意味と重要性について、どのように考えていますか。
7.「命の道」が尾鷲市で途切れ、一部市内を通ることについて、今後どのように働きかけていくのがよいと考えていますか。
8.「道の駅」の誘致について、どのような考え方をお持ちですか。
9.「命の道」と「道の駅」の誘致について、どのような障害とメリットがあると考えていますか。
10.最後に、住民が市議会議員の皆様や尾鷲市に対し、一番望んでいることは何だと思いますか。

 見てわかるように、質問内容の後半は、高速道路(紀勢道)や道の駅についてになっています。この質問については、水面下で動きがあることや、賛成派、反対派、あそこでやるのは反対など、さまざまな意見もいただいております。ややもすれば、足の引っ張り合いや、くさしけなし合いの意見を聞くこともあります。

 また、前段の質問は、市議会議員の資質に関することで、中段に市長と議会との関係を問われています。興味深い質問で、市民の誰もが抱いている内容だと実感します。しかし、これらの質問は、議会の仕事、議員の仕事、市長の仕事が透明でない苛立ちを感じます。この会は違うでしょうが、議会や議員の仕事を、「特定の有権者(支持者)に利益誘導する役割(口利きなど)」との認識もまだまだあるなかで、私自身にも苛立ちや憤りは多々あります。どうすれば、双方の苛立ちを解消できるのかを真剣に考えては、萎えてしまう繰り返しでもあります。

 これらの質問に対しては、議長より、「個々の議員に回答するかを委ねます」と報告されています。いまは、このブログの場では回答しませんが、個人的に声をかけていただければ、私自身が会に出向いていくことには前向きです。どちらかといえば、同じ尾鷲に住むもの同士なので、文章でのやり取りでなく、膝を突き合わせるほうが、双方の気持ちを共有できるかと考えています(と、その旨をお伝えする内容を、FAXにて代表者さまにお答えしました)。また、議会として会との懇談も可能でしょうが、質問内容を見る限りでは、全議員の個人の意見を求めているので、実現すれば膨大な時間を要する気がします。

 近いうちに、尾鷲維新の会派としても、この質問内容について検討することにしています。尾鷲市の将来を考えていく市民が、まとまって行動することには賛成です。そういった目が、行政や議会の監視役にもなり、自治体のポテンシャルをあげていくきっかけになります。とかく、この地域や尾鷲市には、市民オンブズマンが確立されていないので、誰かがやらないのかと考えている課題でもあります。市民の目で、公正公平に行政や議会を評価する市民オンブズマンは、今の尾鷲市には必要です。

 本当に尾鷲市の明日を考えていくならば、行政や議会に任せっきりにはできないはずです。私が目指している住民自治は、市民が率先することからはじまります。それをバックアップするのが、行政であり、議会であると考えています。
by owase874 | 2010-12-22 11:51 | コラム「温故知新」


市民活動の延長線上に、市民目線の政治があると考えています。


by kumano874

プロフィールを見る

ご挨拶とブログの概要

当ブログに来ていただきありがとうございます。私が政治に関心をもったのは、災害現場でボランティアとして活動しているときに、どうしても市民活動・NPO活動だけでは届かない声があると感じてからです。1995年の、阪神淡路大震災のときです。それ以降、政策提言できる市民活動を合言葉に、さまざまなことを実践しています(市民派向けのブログもあります。こちらCafe_CReAM モノ語り)。


これまでの思いが実現したのが、2006年11月から、2期6年半在職した尾鷲市議会議員でした。3期目の挑戦には苦杯しましたが、貴重な実体験をさせていただき、条例の制定を中心にした議会改革や、市民活動で培った政策提言を直接できる立場として、負託の重さを実感することができました。

また、尾鷲市議として負託をいただいてからは、この地域ではいち早く、議員活動をお知らせする手段の一つとして、このブログを活用しました。当時のことも含め、日々私が何を感じ、何を考えているかを綴る活動報告にもなっています。なお、2014年5月1日からは、三重県熊野市議会議員として、あらたな1歩を踏み出します。

ときには辛口の意見もありますが、東紀州における公益や市民益を考える一人の意見として読んでいただければ幸いです。

質問や批評など、ご意見がございましたら、下記宛にお願いします。何かしらの方法で、きちんと対応させていただきます。ただし、ブログのコメントには、できる限り返答をいたしますが、端無自身の裁量になることをお許し下さい。

◆ブログ管理者
 未来874事務室
 熊野市飛鳥町佐渡462番地
 0597-84-1033
 kurage874@cream.plala.or.jp 

なお、たくさんの意見や考えをお聞かせ願いたいので、直接にお会いすることも可能です。日程調整などしますので、その旨をお伝え下さい。

facebookやtwitterにも登録しています。よろしくお願いします!

カテゴリ

プロフィール
議会活動の予定
コラム「温故知新」
端無の一般質問
定例会の報告
臨時会の報告
委員会等報告
議会改革報告
防災とまちづくり
教育とまちづくり
福祉とまちづくり
観光とまちづくり
住民自治を考える
産業振興を考える
公益行事への出席
地域の活動を知る
東紀州はひとつに
 
 
 
 
 
 
 
 

twitter

最新の記事

一般社団法人熊野レストレーシ..
at 2017-09-23 09:10
三重県熊野市議会議員【はなし..
at 2017-09-23 09:00
1年前を振り返る日、新たな決..
at 2015-04-20 14:58
熊野市の地方創生(移住交流編..
at 2015-03-14 17:29
議会が一枚岩になるということ
at 2015-03-03 00:41
【12月定例会の一般質問】熊..
at 2014-12-11 16:18
【丹レス主催】大杉の伐木と霊..
at 2014-11-10 13:17
これからの地方自治体
at 2014-10-30 14:14
【丹波水害復興支援_霊山寺と..
at 2014-10-30 09:52
【丹波水害支援_床下対応メイ..
at 2014-10-21 10:29

以前の記事

2017年 09月
2015年 04月
2015年 03月
more...

検索

その他のジャンル