議会中継が大きく前進する~中継方式が今後の議論に~

 午前中、熊野市議会へ、議会運営委員会で視察に行きました。

 議会中継の取り組みを視察するためですが、尾鷲市議会でも大きく前進することになります。ただし、中継の方式としては、CATV中継(ケーブルテレビによる放映)と、インターネット中継(Web配信)があり、さらにWeb配信は、業者委託による専用サイトの構築と、USTREAM(ユーストリーム)などの動画配信サイトの利用の大きく2つに分かれます。
 CATV方式は、費用面で多額の投資と維持が必要ですが、Web方式は費用面でも安価に運用ができるので、尾鷲市議会においては、Web方式を検討しています。

◆費用面(コストの高い方から)
 CATV方式>Web方式(業者委託)>Web方式(USTREAMなど)

 そこで議論を必要とするのが、熊野市議会のような業者委託にするのか、鳥羽市議会のようなUSTREAM中継(委託なしの自己完結型)にするかです。また、本会議のみの中継か、委員会中継も含んだ形にするかという議論もあります。後者においては、熊野市議会は本会議の議場のみ、鳥羽市議会は本会議全てと、決算特別委員会の中継も行っています。
 私としては、費用面からみても、また委員会の中継も必要と感じていることから、鳥羽市議会のようなUSTREAMに配信を想定しています。しかし、USTREAMでは、運用面の安定性などが課題であるので、今後の議論を必要とします。

 では、安定性の悪さがあるとしても、私がUSTREAMにこだわっているのは、費用面を第一に考えているからです。USTREAMでは、基本的な必要機材は、Webカメラと処理できるパソコンです。もっと言えば、携帯電話にカメラが付いていれば配信ができる手軽さがあります。また、Webカメラの移動ができるようにしておけば、本会議でも委員会でもWeb中継が可能となります。USTREAM自体の利用料は無料なので、その後の運用面や更新料も実質無料です。

 三重県においていち早く導入した鳥羽市議会では、本会議場は従来から設置しているカメラを通じて配信し(鳥羽市議会では、CATVでも録画配信しているため、議場にカメラを設置していたようです)、付託された審査をおこなう各常任委員会と決算特別委員会は、Webカメラを設置して配信しています。なので、新たに購入したのは、Webカメラ2台と聞いています。もちろん、尾鷲市議会で導入をした場合でも、初期投資は必要ですが、それでも費用面は業者委託よりも安価に設置できます。

◆【目次】ユーストリームの使い方
 http://ameblo.jp/shoueiabe/entry-10647198041.html
※Ustream使い方!ユーストリーム初心者の入門基礎講座(http://ameblo.jp/shoueiabe/)より引用

 一方、熊野市議会のような業者委託は、Web中継のなかで最も取り入れられている方式ですが、Web中継のシステム一式を業者委託するので、議場へのカメラ設置、カメラ操作機器などの設置、専用パソコンの設置などの初期費用が必要となり、運用面においても、Web中継システムの運用費、録画配信(VOD…ビデオ・オン・デマンドの略)の運用費、サーバーの管理運用費など、定期的な予讃立ても必要になってきます。このため、熊野市議会のように、債務負担行為で委託をしている所がほとんどです。

◆議会映像配信システムの例
 http://www.kaigiroku.co.jp/contents/public03/dvl/
※㈱会議録研究所(http://www.kaigiroku.co.jp/)の公式サイトより引用
※導入実績はこちら(http://www.kaigiroku.co.jp/contents/public03/dvl-ichiran/)

 第二点目としては、委員会中継の必要性です。CATV方式、Web方式ともに、本会議の議場のみの中継がほとんどですが、これだけですと、議員が活動している姿を中継できるのは、質疑や討論、一般質問だけです。また、執行部においては、質問内容に関係がない課長などは、終始映っているだけの姿しか流れないことになります。開かれた議会はもちろんですが、議会における市役所職員の仕事を見ていただくことも、同じように必要ではないかと感じています。

◆委員会中継をしている自治体(調査中)
 三重県鳥羽市議会…本会議でおこなわれる各常任委員会、予算特別委員会
 千葉県流山市議会…議会活性化推進特別委員会

 これらのことを考えると、全ての委員会の中継は、全国的に見ても先駆けになります。鳥羽市議会においては、本会議における各常任委員会と、予算特別委員会の中継をおこなっています。議員の仕事が発揮されるのは、各常任委員会でもありことからも、より専門的に予算や決算を審議し、細かな予算のなかでも、尾鷲市の現状や将来を見越した議論が交わされるのも委員会ならではです。執行部においても、市長をはじめとする市政への取り組みが目の当たりにできるし、尾鷲市という自治体を、行政と議会が議論のなかで考えている姿があります。

 また、私の考えのなかには、本会議中の各常任委員会だけでなく、定例会閉会後の各常任委員会、全員協議会、議会運営委員会においても、すでにメディアの傍聴を許可していることからも、Web中継の対象にしていいのではと考えています。もちろん、非公開や秘密会という選択もできるので、全てをシャットアウトすることも認められているので、そこは地方自治法に則ればいいでしょう。いずれにしろ、議会の仕事をすべて可視化することが、何より市民に対しての説明責任ではないでしょうか?
 この点にも注目していることから、移動式のWebカメラによるUSTREAM中継は、費用面はもちろんのこと、汎用性を考えても理にかなっていると考えています。
e0105019_18425549.jpg
今日の視察(熊野市議会)


 熊野市議会の視察では、議会運営委員会の委員からも、「個人情報やプライバシーへの配慮は?」、「インターネットに縁遠い有権者も多い」などの意見も聞かれましたが、前者に対しては個人の議員の責任であるし(この件では、尾鷲市でも訴訟になりました)、後者に対しては「それで公開しないほうが後退的な考え」だと感じます。
 Web中継は、基本的にはインターネットに繋がったパソコンからのアクセスを必要としますが、USTREAMではスマートフォン(携帯電話)からの閲覧も可能です。また、Web中継の際は、各地の公民館など、公共施設での公開もあわせれば、尾鷲市役所に出向かなくとも閲覧できる体制をつくることができます。われわれが考えなくてはならないことは、「いかに議会を公開する体制を公開するか」だと考えています。それは、公開する体制をつくるだけではいけないということです。

◆第484回:Ustreamとは
 http://k-tai.impress.co.jp/docs/column/keyword/20100914_393661.html
※ケータイWatch(http://k-tai.impress.co.jp/)より引用

 午後からの議会運営委員会では、尾鷲市議会におけるWeb中継の今後を議論しました。議長の考えでは、「議運での検討課題にしては?」とありましたが、私を含めた数名の委員からは、「検討会などの設置も必要では?」との声もありました。また、熊野市議会のような業者委託にするのか、鳥羽市議会のようなUSTREAMにするのかなど、より深い議論を必要としているので、全員協議会での議論も経てから、今後の方向性を決めていくことになりました。そのため、議運では、鳥羽市議会など、USTREAMを採用している市議会の視察も予定することになりました。

 今日の視察を経て、議会中継の可能性は大きく進み、私としては最大の懸案事項が前進したことになります。なお、今後の議論の進み方としては、以下の点に注目しています。

・議運での検討か、検討会を設置するか?
・業者委託にするか、USTREAMなどの動画配信サイトを利用するか?
・中継は、本会議のみか、それ以外も対象か?
※本会議(定例会・臨時会)の中継では、市長の提案説明、議員の質疑・討論・一般質問など、議場のなかでおこなわれる行為を中継するのか、付託された議案の審査をおこなう各常任委員会(予算決算、総務産業、生活文教)も含めて中継するのかの大きく2通りあります

 例えば、市民オンブズマンなどがあれば、このような公開の度合いを、各議員に調査して公開するのでしょうが、この件について、市民がどのように感じているのかを、今後の懇談会などで意見収集できればとも考えています。もちろん、このブログのコメントにおいても募集しますが、純粋な尾鷲市民の意見としては、カウントしにくいのが現状です(それでもコメントは求めますが)。それを知る手段を講じることも必要とは感じています。

 あと、余談になりますが、議会活動をWeb中継などすると、若い世代が議員に出馬する機運が高まるとも感じています。また、そういったことに繋がる可能性としても、Web中継の必要性はメリットが多いと考えています。

◆USTREAMを採用している市町議会(調査中)
・千葉県流山市議会(全国初)
 http://www.ustream.tv/user/nagareyamagikai
・福井県鯖江市議会
 http://www.ustream.tv/channel/sabae-gikai
・三重県鳥羽市議会
 http://www.ustream.tv/user/tobacitycouncil
・佐賀県武雄市議会
 http://www.ustream.tv/user/takeocityhp
・北海道栗山町議会
 http://www.ustream.tv/user/kuriyamagikai
・北海道むかわ町議会
 http://www.ustream.tv/user/mukawatown
・岩手県紫波町議会
 http://www.ustream.tv/user/ShiwaGikai
・兵庫県香美町議会
 http://www.ustream.tv/user/kamigikai
by owase874 | 2011-02-08 17:01 | 議会改革報告


市民活動の延長線上に、市民目線の政治があると考えています。


by kumano874

プロフィールを見る

ご挨拶とブログの概要

当ブログに来ていただきありがとうございます。私が政治に関心をもったのは、災害現場でボランティアとして活動しているときに、どうしても市民活動・NPO活動だけでは届かない声があると感じてからです。1995年の、阪神淡路大震災のときです。それ以降、政策提言できる市民活動を合言葉に、さまざまなことを実践しています(市民派向けのブログもあります。こちらCafe_CReAM モノ語り)。


これまでの思いが実現したのが、2006年11月から、2期6年半在職した尾鷲市議会議員でした。3期目の挑戦には苦杯しましたが、貴重な実体験をさせていただき、条例の制定を中心にした議会改革や、市民活動で培った政策提言を直接できる立場として、負託の重さを実感することができました。

また、尾鷲市議として負託をいただいてからは、この地域ではいち早く、議員活動をお知らせする手段の一つとして、このブログを活用しました。当時のことも含め、日々私が何を感じ、何を考えているかを綴る活動報告にもなっています。なお、2014年5月1日からは、三重県熊野市議会議員として、あらたな1歩を踏み出します。

ときには辛口の意見もありますが、東紀州における公益や市民益を考える一人の意見として読んでいただければ幸いです。

質問や批評など、ご意見がございましたら、下記宛にお願いします。何かしらの方法で、きちんと対応させていただきます。ただし、ブログのコメントには、できる限り返答をいたしますが、端無自身の裁量になることをお許し下さい。

◆ブログ管理者
 未来874事務室
 熊野市飛鳥町佐渡462番地
 0597-84-1033
 kurage874@cream.plala.or.jp 

なお、たくさんの意見や考えをお聞かせ願いたいので、直接にお会いすることも可能です。日程調整などしますので、その旨をお伝え下さい。

facebookやtwitterにも登録しています。よろしくお願いします!

カテゴリ

プロフィール
議会活動の予定
コラム「温故知新」
端無の一般質問
定例会の報告
臨時会の報告
委員会等報告
議会改革報告
防災とまちづくり
教育とまちづくり
福祉とまちづくり
観光とまちづくり
住民自治を考える
産業振興を考える
公益行事への出席
地域の活動を知る
東紀州はひとつに
 
 
 
 
 
 
 
 

twitter

最新の記事

一般社団法人熊野レストレーシ..
at 2017-09-23 09:10
三重県熊野市議会議員【はなし..
at 2017-09-23 09:00
1年前を振り返る日、新たな決..
at 2015-04-20 14:58
熊野市の地方創生(移住交流編..
at 2015-03-14 17:29
議会が一枚岩になるということ
at 2015-03-03 00:41
【12月定例会の一般質問】熊..
at 2014-12-11 16:18
【丹レス主催】大杉の伐木と霊..
at 2014-11-10 13:17
これからの地方自治体
at 2014-10-30 14:14
【丹波水害復興支援_霊山寺と..
at 2014-10-30 09:52
【丹波水害支援_床下対応メイ..
at 2014-10-21 10:29

以前の記事

2017年 09月
2015年 04月
2015年 03月
more...

検索

その他のジャンル