おわせ元気アップ・満足度アップ事業に対して、通告無しの質疑を行う

 本会議が再開されました。

 通告のあった質疑のあと、通告無しの質疑をしました。「おわせ元気アップ・満足度アップ事業」は、岩田市長が率先する新規7事業であったために、どうしても聞いておきたい内容もあったからです。

 とくに、質疑の性格から、私的な感情などを交えずに行うことを念頭におきましたが、「つながりのなかでは、多少なりの私見があってもいいのでは?」という意見も聞いていたので、私が話す言葉のなかに、少しばかり前置きとして私見を入れました。しかし、話を続けるまもなく、議長より注意を受けてしまいました。もう少し聞いていただければ、そのことが本題ではなかったのは明白ですが、それまでの通告ありの質疑も聞いていたので、私にだけは厳しかったようにも感じました。

 その質疑内容は、7つの新規事業のうち、

1.食の魅力づくり241万円の内訳の詳細
2.漁村集落再生モデル事業84万円の補助金の使途
3.食育推進事業150万円のうち、120万円の消耗品費の内訳と、30万円の委託料の想定先
4.しろちどり体験事業105万円の内訳の詳細
5.市内水産関連事業70万円のうち、10万円の委託料の想定先と、残り60万円の内訳

の詳細でした。予算書や主要事項説明書を見る限りでは、上記の詳細はわからなかったので、質疑をしたところです。

 各担当課よりの説明では、

1.レシピ開発・監修委託料21万円、食品成分分析委託料45万円など、三重大学との連携により、養殖マダイのレシピなどの商品開発を行う
2.早田地区を想定し、特産品の開発やレシピづくり、または通販や情報発信サイトの構築する
3.120万円は、2ヶ月に1回程度、地域食材を学校給食に提供(年5回程度)するための原材料費の補てん分、委託料の30万円は、三重大学を想定
4.4回の体験航海を実施するための費用
5.教育委員会と協働しながら、委託料の10万円は、三重大学のTLOを想定

とありました。
 書き取る余裕がないので、計上された予算の内訳を知るまでにはいきませんでしたが、のちに財源構成などの資料があることを知りました(資料1)。用意をしてあるならば、早い段階で提供されてもよいのではないでしょうか?この財源構成表は、予算書を読み解く上でも必須だと考えています。

 この説明を聞いたあと、「…詳細な説明ありがとうございました。…おわせ元気・満足度アップ事業は、「魅力あるさかなのまちづくり」をテーマに、”さかな”で産業や教育等の総合的な政策を展開するとあります。…先ごろのメディアの報道において、市長においては、4月に行われる三重県知事選挙の立候補予定者の支援をするとした政治・政策集団に参加されたなかで、…」このあと議長より、「質疑に関連しない」と制止を受けました。さらに、「訂正を指示します(だったかな?)」とも続けられました。

 私は引き下がる形で、「これは本題ではありませんが、このあとに関連します。しかし、議長の指示には従います」と、続けました。このあとのくだりは、「…この新規事業がその立候補予定者の考えと共通するものがあったので支援をしていくとも応えていたようですが、この事業の総額が810万5千円という点からも、(三重県知事選挙の立候補予定者と同調するぐらいの情熱をいれる事業であるならば)尾鷲市や尾鷲市民にとって、どれだけの効果や将来性を見込んで予算化したのかお応えください。」でした。仕方がないとは言え、議長の制止があったので、話す言葉につながりがなくなり、ちょっと違った印象を与えてしまった気がしました。

 通告をしていれば、私の意図も伝わったのではと悔やんでいます。しかし、一般質問でやりあう場面ではななかったので、この事業が三重県知事選挙の立候補予定者の考えと同調するほどの政策とするならば、尾鷲市や尾鷲市民への費用対効果を聞きたかったのが本音のところです。
 市長からの答弁では、「有機的につながればいいといっただけで、考えが共通するとはいっていない」とあり、「食の要素は(この事業の意図からも)大きいのではないか?」とも応えておりました。食の要素については、気持ちとして私も理解しますが、それを行政主導でするものなのかとも考えてしまいます。
e0105019_2121991.jpg
資料1


by owase874 | 2011-03-07 21:21 | 定例会の報告


市民活動の延長線上に、市民目線の政治があると考えています。


by kumano874

プロフィールを見る

ご挨拶とブログの概要

当ブログに来ていただきありがとうございます。私が政治に関心をもったのは、災害現場でボランティアとして活動しているときに、どうしても市民活動・NPO活動だけでは届かない声があると感じてからです。1995年の、阪神淡路大震災のときです。それ以降、政策提言できる市民活動を合言葉に、さまざまなことを実践しています(市民派向けのブログもあります。こちらCafe_CReAM モノ語り)。


これまでの思いが実現したのが、2006年11月から、2期6年半在職した尾鷲市議会議員でした。3期目の挑戦には苦杯しましたが、貴重な実体験をさせていただき、条例の制定を中心にした議会改革や、市民活動で培った政策提言を直接できる立場として、負託の重さを実感することができました。

また、尾鷲市議として負託をいただいてからは、この地域ではいち早く、議員活動をお知らせする手段の一つとして、このブログを活用しました。当時のことも含め、日々私が何を感じ、何を考えているかを綴る活動報告にもなっています。なお、2014年5月1日からは、三重県熊野市議会議員として、あらたな1歩を踏み出します。

ときには辛口の意見もありますが、東紀州における公益や市民益を考える一人の意見として読んでいただければ幸いです。

質問や批評など、ご意見がございましたら、下記宛にお願いします。何かしらの方法で、きちんと対応させていただきます。ただし、ブログのコメントには、できる限り返答をいたしますが、端無自身の裁量になることをお許し下さい。

◆ブログ管理者
 未来874事務室
 熊野市飛鳥町佐渡462番地
 0597-84-1033
 kurage874@cream.plala.or.jp 

なお、たくさんの意見や考えをお聞かせ願いたいので、直接にお会いすることも可能です。日程調整などしますので、その旨をお伝え下さい。

facebookやtwitterにも登録しています。よろしくお願いします!

カテゴリ

プロフィール
議会活動の予定
コラム「温故知新」
端無の一般質問
定例会の報告
臨時会の報告
委員会等報告
議会改革報告
防災とまちづくり
教育とまちづくり
福祉とまちづくり
観光とまちづくり
住民自治を考える
産業振興を考える
公益行事への出席
地域の活動を知る
東紀州はひとつに
 
 
 
 
 
 
 
 

twitter

最新の記事

1年前を振り返る日、新たな決..
at 2015-04-20 14:58
熊野市の地方創生(移住交流編..
at 2015-03-14 17:29
議会が一枚岩になるということ
at 2015-03-03 00:41
【12月定例会の一般質問】熊..
at 2014-12-11 16:18
【丹レス主催】大杉の伐木と霊..
at 2014-11-10 13:17
これからの地方自治体
at 2014-10-30 14:14
【丹波水害復興支援_霊山寺と..
at 2014-10-30 09:52
【丹波水害支援_床下対応メイ..
at 2014-10-21 10:29
【東皐寺復興支援&クールダウ..
at 2014-10-09 11:23
【丹波水害復興支援】東皐寺、..
at 2014-09-26 12:31

以前の記事

2015年 04月
2015年 03月
2014年 12月
more...

検索

その他のジャンル