生活文教常任委員会の審査

 議案第29号と、陳情第1号の審査でした。

 審査の順番は、①議案第29号を審査、②各課の説明、③陳情第1号を議論、④昼食休憩、⑤輪内中学校の耐震整備事業の説明、⑥採決となりました。

◆福祉保健課
 議案第29号 紀北広域連合規約の変更に関する協議について

 現在の、紀北作業所、紀北作業所向井分場、瑠璃ヶ浜の3ケ所が、紀北作業所、(仮称)向井作業所、(仮称)紀北作業所瑠璃ヶ浜分場に変更します。といっても、名称はあくまでイメージしやすくするための仮称で、変更するのは、障害者自立支援法(平成18年4月施行)による新体系への移行が主になります。この移行は、今年8月を予定しており、新体系に移行することにより、作業所の規模や障害福祉サービスが変更されることになります。

 イメージとしては、紀北作業所は、生活介護(定員30名)と就労継続支援B型(定員10名)の多機能型事業所に、(仮称)向井作業所も、生活介護(定員10名)と就労継続支援B型(定員10名)の多機能型事業所に、(仮称)瑠璃ヶ浜分場は、生活介護(定員10名)になります。

◆市民サービス課
 議案の審査なし

 市長の市政報告にもあった、停電対応LED防犯灯の概要の説明を受けました。実物も見ましたが、従来の蛍光灯がLEDに変更された形となり、明るさはほぼ同じです。大きく違うのは、LEDの特長による15年のメンテナンスフリーと、電気料金の安さです(蛍光灯よりも、月当たり50円~60円安い)。
 また、このLED防犯灯には、6時間~8時間ほど自立点灯するバッテリーを搭載できることです。3年の要保守、5年の交換となっているようですが、交換費用も含めたバッテリーの単価は、1万1500円となっています。

※参考サイト
・進栄電子 LED防犯灯
 http://www.shinyei-jp.com/sub11LEDlight.htm

 市内には、2,180基の防犯灯gたあるようですが、津波における避難経路沿いの約1,000基のうちの100基以上の交換を目標にしているとのことでした。

 ほか、住民基本台帳法改正についての説明もありました。これは、外国人登録の変更にともなう法改正です。尾鷲市には、6月1日現在、170人、145世帯(日本人との混合世帯も含む)で外国人が生活をしています。

◆環境課
 議案の審査なし

 尾鷲市一般廃棄物処理基本計画についてと、廃棄物減量等推進審議会の設置についての説明を受けました。計画については、概要版の説明で、後日に製本版が配布されるようです。また、審議会の設置では、一般公募の2名が不在と言っていました。

 尾鷲市清掃工場の今後についても意見がでましたが、清掃工場の広域化については、「紀北町とは協力に進めていく話をした」と、市長が回答していました。熊野市とは、しているだけのようです。また、市町村設置型の合併浄化槽の話題は、今後調査することにします。

◆教育委員会
 議案の審査なし

 宮之上小学校と、輪内中学校の耐震整備事業についての説明がありました。宮之上小学校の耐震整備計画は、陳情書の議論と一緒になってしまったので、別記するとします。また、輪内中学校の耐震整備計画については、教育委員との議論の結果も踏まえて、従来の計画を一部変更し、学校の校舎面積を縮小する形で、改築工事をするとのことでした。これは、事実上の新築になります。

 そこで、校舎面積は、従来の計画の約2,100平米から、約1,500平米に縮小されます。イメージとしては、三木小や三木里小くらいの規模です。現在の生徒数が53名、10年後が32名と予測しているので、学校規模としては縮小には理解できました。ちなみに、賀田町の人口は671名となっています(H23.5.31)。

 学校施設として、いつまで機能していくかの議論も必要にはなってくるでしょうが、地域防災の拠点にもなりうるのは確実なので、学校施設を念頭におくことは当たり前でも、防災の拠点となり、地域のコミュニティ機能ももたせておくことも、重要な要素だと感じています。そういった学校設計に期待しています。

 議案の審査は1つだけでした。採決の結果、全員一致で可決されました。

 陳情第1号については、継続審査を希望しましたが、私と大川議員の2名だけでした。よって、陳情の採択をするかどうかの採決となり、私と大川議員だけが反対し、賛成多数で採択されました。
by owase874 | 2011-06-15 23:07 | 定例会の報告


市民活動の延長線上に、市民目線の政治があると考えています。


by kumano874

プロフィールを見る

ご挨拶とブログの概要

当ブログに来ていただきありがとうございます。私が政治に関心をもったのは、災害現場でボランティアとして活動しているときに、どうしても市民活動・NPO活動だけでは届かない声があると感じてからです。1995年の、阪神淡路大震災のときです。それ以降、政策提言できる市民活動を合言葉に、さまざまなことを実践しています(市民派向けのブログもあります。こちらCafe_CReAM モノ語り)。


これまでの思いが実現したのが、2006年11月から、2期6年半在職した尾鷲市議会議員でした。3期目の挑戦には苦杯しましたが、貴重な実体験をさせていただき、条例の制定を中心にした議会改革や、市民活動で培った政策提言を直接できる立場として、負託の重さを実感することができました。

また、尾鷲市議として負託をいただいてからは、この地域ではいち早く、議員活動をお知らせする手段の一つとして、このブログを活用しました。当時のことも含め、日々私が何を感じ、何を考えているかを綴る活動報告にもなっています。なお、2014年5月1日からは、三重県熊野市議会議員として、あらたな1歩を踏み出します。

ときには辛口の意見もありますが、東紀州における公益や市民益を考える一人の意見として読んでいただければ幸いです。

質問や批評など、ご意見がございましたら、下記宛にお願いします。何かしらの方法で、きちんと対応させていただきます。ただし、ブログのコメントには、できる限り返答をいたしますが、端無自身の裁量になることをお許し下さい。

◆ブログ管理者
 未来874事務室
 熊野市飛鳥町佐渡462番地
 0597-84-1033
 kurage874@cream.plala.or.jp 

なお、たくさんの意見や考えをお聞かせ願いたいので、直接にお会いすることも可能です。日程調整などしますので、その旨をお伝え下さい。

facebookやtwitterにも登録しています。よろしくお願いします!

カテゴリ

プロフィール
議会活動の予定
コラム「温故知新」
端無の一般質問
定例会の報告
臨時会の報告
委員会等報告
議会改革報告
防災とまちづくり
教育とまちづくり
福祉とまちづくり
観光とまちづくり
住民自治を考える
産業振興を考える
公益行事への出席
地域の活動を知る
東紀州はひとつに
 
 
 
 
 
 
 
 

twitter

最新の記事

1年前を振り返る日、新たな決..
at 2015-04-20 14:58
熊野市の地方創生(移住交流編..
at 2015-03-14 17:29
議会が一枚岩になるということ
at 2015-03-03 00:41
【12月定例会の一般質問】熊..
at 2014-12-11 16:18
【丹レス主催】大杉の伐木と霊..
at 2014-11-10 13:17
これからの地方自治体
at 2014-10-30 14:14
【丹波水害復興支援_霊山寺と..
at 2014-10-30 09:52
【丹波水害支援_床下対応メイ..
at 2014-10-21 10:29
【東皐寺復興支援&クールダウ..
at 2014-10-09 11:23
【丹波水害復興支援】東皐寺、..
at 2014-09-26 12:31

以前の記事

2015年 04月
2015年 03月
2014年 12月
more...

検索

その他のジャンル