尾鷲市は、東日本大震災で何を学ぼうとしているのか?

 東日本大震災で学べない自治体って、どうすればいいのだろう?

 まさか、尾鷲市がそうであるとは思いたくはありませんが、「県(国)の想定が出ていないので」などと言っているとしたら、次に来るであろう熊野灘沖での巨大津波は、尾鷲市をどう変えてしまうのかと不安になります。

 尾鷲市では、津波防災教育の顧問に、群馬大学の片田敏孝教授を迎えています。教授には、東日本大震災以前より、市の地域防災を助言する活動をしていただいておりましたが、釜石市内の防災教育の成果で、多くの児童・生徒、それにつられた住民をも巻き込んで、たくさんの命を救ったことが、大きくクローズアップされての採用でした。こういった担当部局の即応は、市が防災について率先した自治体であることの証明です。

 しかし、実際の警報発令による住民の避難行動については、各メディアに報道されるほど、市では対策が浸透しているとは言えません。「避難所に逃げた住民は数%」などと、不名誉な数値でもって全国に報道されています。もちろん、これも毎回のように対策を講じていますが、最後は住民が決めることだと感じています。災害時に命を守るのは、行政や議会ではなく、自分自身が基本です。ただし、その方法や方策など、より命を守る手段を講じるのが、行政や議会に求められるのは言うまでもありません。

 また、住民ではカバーしきれない防災や減災もあります。これは台風12号で大きな被害を受けた、紀伊半島南部でも明らかになっていますが(東日本大震災でも同じですが)、地域防災を考えるうえで、本当は重要視されないとならないことです。言葉で言うと、官民協働の地域防災や、災害ボランティアセンター、防災ボランティアコーディネーターなどです。東日本大震災や紀伊半島南部の豪雨災害においても、一過性で終わっているのが懸案事項です。また、私もわりかしこの分野で活動していますが、尾鷲市からは蚊帳の外的存在です。唯一、今回の豪雨災害で、名古屋などからのボランティアが市内に仮眠したときに、そのコーディネートができたくらいです。

 とくに感じることは、津波への理解度と言うか、市役所内でも、担当課によって見解の違いが出ていることです。例えば、市防災センターの防災力は、自治体でもトップクラスです。防災教育の面でも、片田教授などを採用しています。しかし、いざ学校施設の建物となると、尾鷲幼・尾鷲小学校の耐震化事業では、東日本大震災を受けての見直しは、一切ないまま事業が進められました。私も委員会の場で、この件について質しましたが、「していません」とアッケラカンでした。尾鷲小学校の校庭は、海抜7.5mほどなのにです。反対に、輪内中学校の耐震化事業では、新校舎は津波対策が施されており、「デザインよりも、津波に対応した校舎を想定している」と言い切った設計業者が頼もしく感じました。

 また、早田地区のコミュニティセンターの新築事業については、早田住民を巻き込んで、「津波の想定は、昭和19年の東南海地震で設計する」、「あのとき(昭和19年)よりも、防波堤などあるから」、「津波では山に逃げるから大丈夫」、「高台の候補地は適地ではない」、「早田地区の総意であるから」などと、「公共施設を津波想定場所につくる」ことを了承してしまっています。多くの自治体では、「津波を受ける場所には公共施設をつくらない」と行動しているのに、12月定例会の委員会においても、「早田地区の津波の新想定が発表されていない」と答えた岩田市長には、それ以上呆れてものが言えませんでした(実際には、速報版が出ていたんですけどね…)。

 一方で、喧々諤々の道の駅については、「津波に対応できるのは、南インターしか無い」と、なかば断言しています。先の商議所との意見交換会においても、商議所の委員からは、「公共施設は津波の想定場所につくらない」と、市長以上の決断でもって発言されたのが印象的でした。まさに、早田のコミュニティセンターとは見解の違う意見なので、こういった矛盾を、議会はどう対応するのかが注目されているはずです。尾鷲幼・尾鷲小学校は津波の新想定はなしで、輪内中学校は新想定を想定、道の駅はなんとしても高台で、早田のコミュニティセンターは昔の想定で十分…これだけでも、大きな矛盾があるように感じるのは、はたして私だけなのでしょうか?

 最後に、三重県の防災危機管理部が最近発表した”東北地方太平洋沖地震と同等規模の地震が発生した場合に、沿岸各地に50cmの津波が到達するまでの想定時間等一覧表”から、尾鷲市に関する部分を抜粋しておきます。また、リンクも貼っておきます。

津波浸水予測図(平成23年10月速報版)e0105019_19191735.jpg
防潮堤等の施設を考慮した場合の尾鷲市


 早田地区は沿岸部で8mを越えています。しかも10月の速報値を、市は知らなかったのでしょうか?

津波到達時間等一覧表(平成23年版)
e0105019_19472247.jpg
尾鷲市の新想定を抜粋


 「50cm津波到達時間(分)」は、地震発生に伴う地殻変動後の水位を初期水位として、そこから水位が50cm上昇するまでに要する時間を示しています。

 私はこの夏に、岩手県下閉伊郡山田町に行って来ました。また、山田町と同様に、紀伊半島南部の豪雨災害においても、後方支援や実支援を継続的に行なっています。一方、東紀州地域の議員で、ここまで率先的にやっている方を聞いたことがありません。もちろん、適材適所、議員にも得手不得手があるので、私にも不得意な分野もあります。しかし、これまでの防災・減災活動を考慮しても、今回の大きな2つの災害は、東紀州地域や尾鷲市において、いままでの思考をひっくり返さないとならいほどの衝撃があったはずです。

 せめて、公共施設は、耐震化の道筋を明確にし、津波被害を受ける場所にはつくらない決断が必要です。また、どうしても津波被害を受ける場所にある場合は、明確明瞭な避難手段と広報が必要です。さらに、想定場所に新規に建築する場合でも、津波に対応した強固で頑丈な建屋にするべきです。

 あと、津波被害を受けたあとのまちづくりについて、いまから議論するべきです。これは、東日本大震災の教訓がいかされるはずですし、三連動の地震と津波後のあるべき自治体の姿を、そのときに考えるのではなく、いまこのときから考えていくのです。自治体が壊滅的になる恐れが免れない地域なので、それでも自治体として機能するまちづくりが求められるはずです。

 やるべきことは、ちゃんと見えていないとなりません。
by owase874 | 2011-12-23 19:19 | 防災とまちづくり


市民活動の延長線上に、市民目線の政治があると考えています。


by kumano874

プロフィールを見る

ご挨拶とブログの概要

当ブログに来ていただきありがとうございます。私が政治に関心をもったのは、災害現場でボランティアとして活動しているときに、どうしても市民活動・NPO活動だけでは届かない声があると感じてからです。1995年の、阪神淡路大震災のときです。それ以降、政策提言できる市民活動を合言葉に、さまざまなことを実践しています(市民派向けのブログもあります。こちらCafe_CReAM モノ語り)。


これまでの思いが実現したのが、2006年11月から、2期6年半在職した尾鷲市議会議員でした。3期目の挑戦には苦杯しましたが、貴重な実体験をさせていただき、条例の制定を中心にした議会改革や、市民活動で培った政策提言を直接できる立場として、負託の重さを実感することができました。

また、尾鷲市議として負託をいただいてからは、この地域ではいち早く、議員活動をお知らせする手段の一つとして、このブログを活用しました。当時のことも含め、日々私が何を感じ、何を考えているかを綴る活動報告にもなっています。なお、2014年5月1日からは、三重県熊野市議会議員として、あらたな1歩を踏み出します。

ときには辛口の意見もありますが、東紀州における公益や市民益を考える一人の意見として読んでいただければ幸いです。

質問や批評など、ご意見がございましたら、下記宛にお願いします。何かしらの方法で、きちんと対応させていただきます。ただし、ブログのコメントには、できる限り返答をいたしますが、端無自身の裁量になることをお許し下さい。

◆ブログ管理者
 未来874事務室
 熊野市飛鳥町佐渡462番地
 0597-84-1033
 kurage874@cream.plala.or.jp 

なお、たくさんの意見や考えをお聞かせ願いたいので、直接にお会いすることも可能です。日程調整などしますので、その旨をお伝え下さい。

facebookやtwitterにも登録しています。よろしくお願いします!

カテゴリ

プロフィール
議会活動の予定
コラム「温故知新」
端無の一般質問
定例会の報告
臨時会の報告
委員会等報告
議会改革報告
防災とまちづくり
教育とまちづくり
福祉とまちづくり
観光とまちづくり
住民自治を考える
産業振興を考える
公益行事への出席
地域の活動を知る
東紀州はひとつに
 
 
 
 
 
 
 
 

twitter

最新の記事

1年前を振り返る日、新たな決..
at 2015-04-20 14:58
熊野市の地方創生(移住交流編..
at 2015-03-14 17:29
議会が一枚岩になるということ
at 2015-03-03 00:41
【12月定例会の一般質問】熊..
at 2014-12-11 16:18
【丹レス主催】大杉の伐木と霊..
at 2014-11-10 13:17
これからの地方自治体
at 2014-10-30 14:14
【丹波水害復興支援_霊山寺と..
at 2014-10-30 09:52
【丹波水害支援_床下対応メイ..
at 2014-10-21 10:29
【東皐寺復興支援&クールダウ..
at 2014-10-09 11:23
【丹波水害復興支援】東皐寺、..
at 2014-09-26 12:31

以前の記事

2015年 04月
2015年 03月
2014年 12月
more...

検索

その他のジャンル