東海若手市議会議員の会について

 定期的に、表記の活動に参加しています。

■全国若手市議会議員の会(若市議・わかしぎ・全若)公式ホームページ
 http://wakashigi.com/

 東海3県に、静岡県をプラスしたエリアで、35歳までに市議会議員に当選した議員で構成されています。当時の私も該当したので、公式サイトから申し込みをしていまに至ります。全国若手市議会議員の会の下部組織にあたるので、正確には、こちらの会員が基であり、東海が支部になります。その東海ブロックには、約60名の市議会議員が在籍しています(一部、市長や県議も含まれています)。私の在籍期間も、早いもので6年くらいになるはずです(不確定ですが…)。

 三重県南部の尾鷲市、熊野市では、私だけが会員と寂しいのですが、このほかにも政治的な活動組織はあるので、それぞれ活動していると思います。私が入会した意図は、常に新しい情報が得られることと、自治体を越えた議員同士の繋がりです。超党派の集まりなので、政党も関係ありません。ここに惹かれたのも大きな理由です。もちろん、この集まりから、政党諸派への勧誘などもありますが、そこから先はそれぞれの判断です。

 また、この集まりから、市長や県議の誕生も続いています。尾張旭市の水野市長、愛西市の日永市長、桑名市の伊藤市長なども、この会から輩出されています。また、これに続けと、出馬や出馬を検討されている方もお見えです。そういうなかに混ぜてもらえているので、自然と熱意が湧いてきますし、刺激にもなります。また、会の祖を築いた重鎮の先輩議員もいるので、議会運営や議員のなんたるかを、教えていただくことも多々あります。

 私などは、とても足下には及びませんが、この会に参加するたびに、議員の資質や活動を振り返る機会にもしています。とかく議員や議会が馬鹿にされる時代になっていますが、十把一絡げにされるのは、ここに集まる議員全てが、断固否定するだけの活動をしています。いくつになっても、あくなき挑戦している姿に、奮い立たされるものもあります。

 それぞれの選挙応援などもしており、私はそこまで参加する機会はありませんでしたが、自治体の枠を飛び越えて同士を応援する姿は、きっと有権者にも大きく響くだろうなと感じています。私の場合は、選挙スタッフすらままならぬ状況ですので、過去2回の選挙も、少ないスタッフに迷惑のかけ通しでした。そのかわり、私ならではのスリル(大きな不安)と、選挙にでるという姿を見て貰うことは、楽しさや苦しさも含めて、貴重な経験であることに違いなく、当選することでお礼をしたいとの気持ちでした。

 私も、いずれや年齢制限で、この会からは退会しますが、これからの人生の上でも、貴重な経験をしているのには違いなく、NPOや市民活動とは違った繋がりは、大事な接点だと感じています。私も含めてですが、熱い議員は必ずいます。有権者の耳のいいことばかり言って、そのときだけいい顔する人もいるようですが、議員である以上は、自らの首を絞めるようなことで尻尾を振るのではなく、プライドをもって政治をするだけです。それが、市民の負託を受けることであり、この集まりで実感していることです。
by owase874 | 2013-05-24 15:22 | コラム「温故知新」


市民活動の延長線上に、市民目線の政治があると考えています。


by kumano874

プロフィールを見る

ご挨拶とブログの概要

当ブログに来ていただきありがとうございます。私が政治に関心をもったのは、災害現場でボランティアとして活動しているときに、どうしても市民活動・NPO活動だけでは届かない声があると感じてからです。1995年の、阪神淡路大震災のときです。それ以降、政策提言できる市民活動を合言葉に、さまざまなことを実践しています(市民派向けのブログもあります。こちらCafe_CReAM モノ語り)。


これまでの思いが実現したのが、2006年11月から、2期6年半在職した尾鷲市議会議員でした。3期目の挑戦には苦杯しましたが、貴重な実体験をさせていただき、条例の制定を中心にした議会改革や、市民活動で培った政策提言を直接できる立場として、負託の重さを実感することができました。

また、尾鷲市議として負託をいただいてからは、この地域ではいち早く、議員活動をお知らせする手段の一つとして、このブログを活用しました。当時のことも含め、日々私が何を感じ、何を考えているかを綴る活動報告にもなっています。なお、2014年5月1日からは、三重県熊野市議会議員として、あらたな1歩を踏み出します。

ときには辛口の意見もありますが、東紀州における公益や市民益を考える一人の意見として読んでいただければ幸いです。

質問や批評など、ご意見がございましたら、下記宛にお願いします。何かしらの方法で、きちんと対応させていただきます。ただし、ブログのコメントには、できる限り返答をいたしますが、端無自身の裁量になることをお許し下さい。

◆ブログ管理者
 未来874事務室
 熊野市飛鳥町佐渡462番地
 0597-84-1033
 kurage874@cream.plala.or.jp 

なお、たくさんの意見や考えをお聞かせ願いたいので、直接にお会いすることも可能です。日程調整などしますので、その旨をお伝え下さい。

facebookやtwitterにも登録しています。よろしくお願いします!

カテゴリ

プロフィール
議会活動の予定
コラム「温故知新」
端無の一般質問
定例会の報告
臨時会の報告
委員会等報告
議会改革報告
防災とまちづくり
教育とまちづくり
福祉とまちづくり
観光とまちづくり
住民自治を考える
産業振興を考える
公益行事への出席
地域の活動を知る
東紀州はひとつに
 
 
 
 
 
 
 
 

twitter

最新の記事

一般社団法人熊野レストレーシ..
at 2017-09-23 09:10
三重県熊野市議会議員【はなし..
at 2017-09-23 09:00
1年前を振り返る日、新たな決..
at 2015-04-20 14:58
熊野市の地方創生(移住交流編..
at 2015-03-14 17:29
議会が一枚岩になるということ
at 2015-03-03 00:41
【12月定例会の一般質問】熊..
at 2014-12-11 16:18
【丹レス主催】大杉の伐木と霊..
at 2014-11-10 13:17
これからの地方自治体
at 2014-10-30 14:14
【丹波水害復興支援_霊山寺と..
at 2014-10-30 09:52
【丹波水害支援_床下対応メイ..
at 2014-10-21 10:29

以前の記事

2017年 09月
2015年 04月
2015年 03月
more...

検索

その他のジャンル