市議会議員選挙に出るためには?

 市議選に出るって大変です。

 なにが大変かって、実務的なことがたくさんあります。本人の意志とか意欲とか、そうでない部分のことを書きます。何かの参考になればいいですし、これから市議選に出ようと考えている人の背中を押せればなによりです。

 ここでは、市議選に特化して書きます。他の選挙においても、大体の手順は同じですが、選挙の種類によって手続きが異なるので、全てにおいては、自分自身でよく調べてください。また、それぞれの選挙管理委員会(以下、選管)に問い合わせると、思いのほか丁寧に教えてくれるはずです。どこの選管も、問い合わせや質問にも手馴れているので、即答できないことも、あとできちんと教えてくれます。

 市議選の場合、告示日と投票日の間隔は8日間です。このうち、告示日から投票日までの7日間が、選挙戦になります。もちろんのこと、この間でしか、選挙活動はやってはいけません。それ以外の選挙活動は、公職選挙法に違反します。では、選挙活動って何かと言うと、簡単には、「不特定多数の有権者に、自身への投票を促す行為」になります。これですと、グレーゾーンはいっぱいあると思いますが、最終的な判断は、警察の捜査結果に委ねられます。なので、選挙前になると、警察署内には、対策本部が置かれるのがこれになります。あくまで選管は、判断の基準を示してくれますが、それが絶対的にOKであるとは限りません。

 次に、選挙に出るためには、事前の届けがいくつもあります。告示日は、選挙戦が始まる初日でもあるので、それまでに必要書類を揃えておく必要があります。事前審査がこれにあたりますが、例えば来月に控えた尾鷲市議会議員選挙を例に上げると、6月2日(日)が告示日ですので、それまでの5月31日(金)までに、選管にて事前審査を終えておかなければなりません。2日には、事前審査の書類を提出するだけで、選挙運動に必要な書類や物資を受け取ることができます。この日の作業を簡略化するために、事前審査があるのです。

 この事前審査では、何枚もの書類を作成して審査を受けます。無所属での出馬の場合ですと、

 1.選挙候補者届出書
 2.供託証明書
 3.戸籍謄本
 4.宣誓書
 5.所属党派証明書(※無所属で提出)
 6.通称認定申請書
 7.通称による投票の取り扱いについて
 8.出納責任者選任届
 9.出納責任者選任承諾書
 10.出納責任者の支出できる金額の最高額認定書
 11.選挙事務所設置届
 12.選挙立会人となるべき者の届出書(※任意になります)
 13.選挙立会人になるべき者の承諾書(※11を提出の場合に必要)
 14.報酬支給の事務員等の届出書
 15.選挙公報掲載申請書
 16.選挙運動用自家用車使用契約届出書
 17.自動車借上契約書写
 18.燃料契約書写
 19.運転手契約書写
 20.燃料代確認申請書
 21.選挙運動用ポスター作成契約届出書
 22.ポスター作成契約書写
 23.ポスター枚数確認申請書

以上の書類を提出しなければなりません。

 とくに、供託証明書については、尾鷲市の場合は、法務局がありませんので、熊野市の法務局まで足を運んで、30万円の供託金を納めておく必要があります。この30万円は、得票数に応じて返還されますが、極端に少ない有効票ですと、没収されることになります。事前の納付が必要ですので、尾鷲市の場合、明日までに納めておかなければ、他の書類が揃っていても、選挙にでることができません。

 また、報酬支給の事務員等の届出書は、候補者運動員に相応の費用を支払う場合には、事前に名前や住所、年齢や雇用期間を明記して提出しておく必要があります。ただし、車上運動員と事務員それぞれに、支払いの限度額が決まっており、これを越えて支払った場合は、公職選挙法に抵触します。さらに、この届出書に記載がない者への支払いがあった場合も、同様に処罰の対象になります。後になって、ここの支払いが問題となることが、ニュースなどでも見聞きします。

 一方、労務者は、ポスター貼付や選挙葉書の宛名書き、選挙事務所での軽作業(お茶くみ)を行うスタッフのことで、未成年者でも可能です。あと、運動員も労務者も、無償であれば届出の必要はありませんが、有償の場合は、労務者も収支報告書への記載が必要となります。選挙事務所のスタッフは、有償と無償で煩雑になる場合もあるので、きちんと把握、掌握する事務スタッフが必要となってきます。例えば、弁当などの食事にしても、きちんと上限が決まっており、収支報告書は毎日のように更新する必要があります。

 このほか、自動車の借上、燃料代、運転手などは、相手方との契約になるので、契約書を事前に交わしておく必要もあります。また、自動車は選挙カーになるので、候補者の看板や音響が、道路交通法に違反していないかを、事前に警察署で確認をしなければなりません。もちろん、選挙カーを利用しないとなれば、この限りではありません。同じように、選挙葉書を出す場合は、2000枚までが公費負担されるので、それを事前に郵便局に申請しておく必要もでてきます。

 この公費負担については、選挙ポスターの印刷代、選挙葉書2,000枚の送付代、選挙公報の掲載、選挙カーの借上・運転手・燃料代になります。これは、だれでも平等に選挙に出られることを保障するものですが、それぞれに限度額もあります。

 私の過去2回の選挙においては、外部からの人の出入りが多い方なので、日毎に変わるスタッフを、運動員、労務者と取りまとめるのには苦労します。とは言っても、総じて選挙スタッフそのものが慢性的に不足していたので、余計にやることが多くて、さきほどの煩雑が生まれる原因にもなりました。2回目の選挙のときは、スタッフがほとんど集まらず、私自身が事務仕事も兼務したので、街宣活動が昼前にずれ込むこともしばしばでした。

 選挙費用に関しては、公費負担だけでは絶対に収まりませんので、または公費負担を辞退しても変わりませんので、供託金の30万円を筆頭に、ある程度は準備が必要です。私の場合は、前回も前々回も、1回約30万円を目標にしていたので、供託金と合わせて60万を事前に準備しました。また、自ら無償を望む以外の労務者にも一定額をお支払いしたので、予算の内訳は、人件費、選挙葉書印刷代、食事代、事務用品費、電話などの通信費などとなっています。

 こうして書きだすと、確かに選挙にでるもう一つの大変さを痛感します。だからこそ、選挙を請け負う企業があるのだと実感します。汗をかかずとも、お金を出しさえすれば、面倒なこともやってくれるのは理にかなっていますが、それをスタッフ含めて一緒に乗り越えていくことに、私は醍醐味を感じています。それ以上に、この活動や作業こそが、地域にとっては必要なことだと感じています。
by owase874 | 2013-05-30 05:01 | コラム「温故知新」


市民活動の延長線上に、市民目線の政治があると考えています。


by kumano874

プロフィールを見る

ご挨拶とブログの概要

当ブログに来ていただきありがとうございます。私が政治に関心をもったのは、災害現場でボランティアとして活動しているときに、どうしても市民活動・NPO活動だけでは届かない声があると感じてからです。1995年の、阪神淡路大震災のときです。それ以降、政策提言できる市民活動を合言葉に、さまざまなことを実践しています(市民派向けのブログもあります。こちらCafe_CReAM モノ語り)。


これまでの思いが実現したのが、2006年11月から、2期6年半在職した尾鷲市議会議員でした。3期目の挑戦には苦杯しましたが、貴重な実体験をさせていただき、条例の制定を中心にした議会改革や、市民活動で培った政策提言を直接できる立場として、負託の重さを実感することができました。

また、尾鷲市議として負託をいただいてからは、この地域ではいち早く、議員活動をお知らせする手段の一つとして、このブログを活用しました。当時のことも含め、日々私が何を感じ、何を考えているかを綴る活動報告にもなっています。なお、2014年5月1日からは、三重県熊野市議会議員として、あらたな1歩を踏み出します。

ときには辛口の意見もありますが、東紀州における公益や市民益を考える一人の意見として読んでいただければ幸いです。

質問や批評など、ご意見がございましたら、下記宛にお願いします。何かしらの方法で、きちんと対応させていただきます。ただし、ブログのコメントには、できる限り返答をいたしますが、端無自身の裁量になることをお許し下さい。

◆ブログ管理者
 未来874事務室
 熊野市飛鳥町佐渡462番地
 0597-84-1033
 kurage874@cream.plala.or.jp 

なお、たくさんの意見や考えをお聞かせ願いたいので、直接にお会いすることも可能です。日程調整などしますので、その旨をお伝え下さい。

facebookやtwitterにも登録しています。よろしくお願いします!

カテゴリ

プロフィール
議会活動の予定
コラム「温故知新」
端無の一般質問
定例会の報告
臨時会の報告
委員会等報告
議会改革報告
防災とまちづくり
教育とまちづくり
福祉とまちづくり
観光とまちづくり
住民自治を考える
産業振興を考える
公益行事への出席
地域の活動を知る
東紀州はひとつに
 
 
 
 
 
 
 
 

twitter

最新の記事

1年前を振り返る日、新たな決..
at 2015-04-20 14:58
熊野市の地方創生(移住交流編..
at 2015-03-14 17:29
議会が一枚岩になるということ
at 2015-03-03 00:41
【12月定例会の一般質問】熊..
at 2014-12-11 16:18
【丹レス主催】大杉の伐木と霊..
at 2014-11-10 13:17
これからの地方自治体
at 2014-10-30 14:14
【丹波水害復興支援_霊山寺と..
at 2014-10-30 09:52
【丹波水害支援_床下対応メイ..
at 2014-10-21 10:29
【東皐寺復興支援&クールダウ..
at 2014-10-09 11:23
【丹波水害復興支援】東皐寺、..
at 2014-09-26 12:31

以前の記事

2015年 04月
2015年 03月
2014年 12月
more...

検索

その他のジャンル