はなし徹也の選挙戦を振り返る、その二

 いよいよ選挙戦がはじまり、選挙ポスターもなんとか間に合い、公選葉書は選挙がはじまってから刷り上がりました。この点では、発注先の尾鷲印刷合資会社さんには、大変なご迷惑をおかけしました。

 また、選挙活動中には、尾鷲イタダキ市の企画運営委員会が開催され、その調整と事務局としての参加もしました。これまでの私と同様、選挙戦に集中しないわけではありませんが、率先する市民活動をうたっている以上は、そちらの仕事もほっぽり出すわけにはいきません。今週末には、熊野市紀和町小船で、梅の収穫イベントもあるので、その調整もしながらでした。さらに先の企画や計画もあるので、深夜に対応できることと、日中に対応しなければならないこともありました。しかし、これが私であり、余裕とかそんなんではありません。ただ、もう少しこの地域に、市民活動の大切さに理解があれば、なにも私でなければできないことでもないんですけどね。そこにも、私の日頃の不徳のいたすところがあるのです。

 はなし徹也事務所は、常にいい雰囲気でした(だと感じています)。スタッフにとっては、仕事は覚えながらでしたが、出納責任者が私自身だったので、深夜にパソコンで整理しながら、日中の整理をやりました。スタッフが丁寧にやってくれていたので、深夜の作業はスムーズでした。もともと、選挙活動に多額の資金を投じませんが、それでも30万円の活動資金を元手にしているので、ボランティアスタッフによるいわゆる無償の対応は、両親と近しく時間的に制約があった数名だけでした。

 私の選挙事務所の場合、届出しているスタッフの日給は、3千円と5千円で、常勤スタッフの1名が1日5千円の対応でした。あとは、1日3千円の支払いでしたが、ボラバイトのような薄給にも関わらず、23名のスタッフのうち、17名が有給スタッフで、残りの6名が無給スタッフでした。ちなみに、尾鷲市在住が8名、紀北町在住が3名、熊野市在住が3名、御浜町1名、伊勢市1名、奈良県1名、大阪府2名、京都府4名の内訳でした。スタッフの所在地が多彩なことも、私の選挙事務所の特徴の一つです。しかし、尾鷲市在住が少ないと言われれば、ここも不徳のいたすところです。

 しかし、私の選挙を応援してくれる影のスタッフは、把握できていない部分も当然ありますが、出生地の飛鳥町には、両親の友人や知人の約10名くらいの方が、推薦者として公選葉書に記名していただき、メールや電話などで、私の支援をしてくれていました。また今回は、尾鷲市在住の数名が、いままで以上にバックアップしてくれました。この支援は、これまで目立ってなかったので、実に嬉しいことでした。言い換えれば、それだけ必至な選挙を物語るものでした。スタッフについても、知り合いや友人たちに、必至になって紹介や支援を求めてくれました。

 それだけに、期待に沿うことができない結果には、本当に情けない気持ちです。それでも、意外にも選挙に関心がない人は多いということを、スタッフ自身が身を持って知ってくれただけでも、今後の何かには、期待せずにいられません。いつも、私は考えるのですが、実践で学ぶことほど、身になることはありません。そして、それが活かされるかどうかは、私を越えた所になってしまっても、学ぶ機会を与えることは大事だと考えています。私が考える選挙戦は、事務所のスタッフにとっても初めてのことが多く、この機会に知ることもたくさんあります。それは、新しい繋がりが生まれる場でもあるし、ときにはお叱りや非難も浴びることもあります。それでも、この尾鷲市でまさにいま起きていることを体感できる絶好の機会が選挙でもあるので、私という候補者を通して、自分の町を知ることもあろうかと考えています。

 今回、学生たちが駆けつけてくれましたが、彼らにも、同様の体験をして欲しいと画策しました。学生のなかには、法律や地方自治を学ぶ者もいたので、机上では体験することのできない現実や実情は、なによりの糧になるはずですし、ここで得た刺激は、きっとこの先の荷物にはなりません。そういったことを演出するのも、候補者の腕の見せ所ですし、それで勝ち上がれば、なおさら良かったのですけどね…
by owase874 | 2013-06-11 13:15 | コラム「温故知新」


市民活動の延長線上に、市民目線の政治があると考えています。


by kumano874

プロフィールを見る

ご挨拶とブログの概要

当ブログに来ていただきありがとうございます。私が政治に関心をもったのは、災害現場でボランティアとして活動しているときに、どうしても市民活動・NPO活動だけでは届かない声があると感じてからです。1995年の、阪神淡路大震災のときです。それ以降、政策提言できる市民活動を合言葉に、さまざまなことを実践しています(市民派向けのブログもあります。こちらCafe_CReAM モノ語り)。


これまでの思いが実現したのが、2006年11月から、2期6年半在職した尾鷲市議会議員でした。3期目の挑戦には苦杯しましたが、貴重な実体験をさせていただき、条例の制定を中心にした議会改革や、市民活動で培った政策提言を直接できる立場として、負託の重さを実感することができました。

また、尾鷲市議として負託をいただいてからは、この地域ではいち早く、議員活動をお知らせする手段の一つとして、このブログを活用しました。当時のことも含め、日々私が何を感じ、何を考えているかを綴る活動報告にもなっています。なお、2014年5月1日からは、三重県熊野市議会議員として、あらたな1歩を踏み出します。

ときには辛口の意見もありますが、東紀州における公益や市民益を考える一人の意見として読んでいただければ幸いです。

質問や批評など、ご意見がございましたら、下記宛にお願いします。何かしらの方法で、きちんと対応させていただきます。ただし、ブログのコメントには、できる限り返答をいたしますが、端無自身の裁量になることをお許し下さい。

◆ブログ管理者
 未来874事務室
 熊野市飛鳥町佐渡462番地
 0597-84-1033
 kurage874@cream.plala.or.jp 

なお、たくさんの意見や考えをお聞かせ願いたいので、直接にお会いすることも可能です。日程調整などしますので、その旨をお伝え下さい。

facebookやtwitterにも登録しています。よろしくお願いします!

カテゴリ

プロフィール
議会活動の予定
コラム「温故知新」
端無の一般質問
定例会の報告
臨時会の報告
委員会等報告
議会改革報告
防災とまちづくり
教育とまちづくり
福祉とまちづくり
観光とまちづくり
住民自治を考える
産業振興を考える
公益行事への出席
地域の活動を知る
東紀州はひとつに
 
 
 
 
 
 
 
 

twitter

最新の記事

一般社団法人熊野レストレーシ..
at 2017-09-23 09:10
三重県熊野市議会議員【はなし..
at 2017-09-23 09:00
1年前を振り返る日、新たな決..
at 2015-04-20 14:58
熊野市の地方創生(移住交流編..
at 2015-03-14 17:29
議会が一枚岩になるということ
at 2015-03-03 00:41
【12月定例会の一般質問】熊..
at 2014-12-11 16:18
【丹レス主催】大杉の伐木と霊..
at 2014-11-10 13:17
これからの地方自治体
at 2014-10-30 14:14
【丹波水害復興支援_霊山寺と..
at 2014-10-30 09:52
【丹波水害支援_床下対応メイ..
at 2014-10-21 10:29

以前の記事

2017年 09月
2015年 04月
2015年 03月
more...

検索

その他のジャンル