お知らせってほどではありませんが

こちらでは、ご無沙汰しています。

41歳を迎え、本厄ってあるんだなあと実感しているところです。
前厄、本厄と、それはそれは苦労してきています。後厄もあるの?
しかし、乗り越えられない試練てのはなく、楽しく潔く過ごしています。

さて、本題。

とっくに、わかりきっていることでもありますが、前回の市議会選で落選し、「政治家ってのは、落ちたら普通の人、ただの住民になるってのは嘘だな」を体験する日々です。もともと、あまり好かれる方でもなく、また、好かれるような政治的な活動もしてこなかったので、気にするレベルではありませんが、ここいらで一区切りつけようと決めました。いや、すでに決まっていたのかも知れませんね。

「私、端無徹也は、時期改選時も今後も、尾鷲市議会議員に立候補することはありません」

政治の世界に身を置くこと自体には、まだ未練も魅力もあるのですが、尾鷲市議については、前回に答えをいただいたと感じています。市民の負託を受けるものですから、それが成し得なかったことへのけじめは、やはりきちんとつけるべきでしょう。NOと言われたことに対して、ちゃんと受け止めなければなりません。もちろん、背中を押してくれた支持者のみなさま、名ばかりとはいえ、後援会の仲間の皆さんには、「次、やな」との言葉をいただいていたので、裏切るような気持ちで痛いのですが、すでに感じていた方もいることとでしょう。

いまの尾鷲市政や尾鷲市議会には、物言える立場ではありませんが、いち市民としては、これからも注視し、注目していきます。少々残念なのは、この立場になったことも大きいでしょうが、やはり見えてこないことのほうが多いですね。このことが、市民の皆さんが声を大にしていたことだと感じています。しかし、これも尾鷲市民が選択した結果です。

とりあえずは、いますぐに何をするというわけでもありませんが、東紀州コミュニティデザインという中間支援組織を切り盛りし、キタガワノホトリという、東紀州市民活動支援センターを民設民営で運営していることからも、また、スタッフ2名の人生の一部をあずかっていることもあり、いましばらくは尾鷲にとどまります。使命感でやってきたたことまで放棄するわけにはいきません。また、いまやっている率先する市民としての活動は、今後のこの地域全体には、急務かつ重要な仕事であるとも感じています。

これまで同様、これらの市民活動については、無給の非常勤スタッフとして従事しています。とても、自分自身に給与が出るような体制ではなく、それでも施設の維持やスタッフの給与など、これまで以上にやりくりと、世間の理解を得る必要があります。地域で支えられる仕組みでないと、市民活動を底辺から支えることは不可能です。私たちのような、第3の公共とも言われる立ち位置の仕事は、簡単には収入が見込めるものではありません。だからこそ、地域の相互理解と行政の後ろ盾、あるいは肩代わりも必要ですが、まだまだこの地域には、そのような余裕もありません。県内を見渡しても、南三重だけが、市民活動の後ろ盾がないままです。ここに、私たちの使命があるとも感じています。

私は、尾鷲市議としては終焉することになりますが、なんらかの形で、この地域には政治家として関わりたいと考えています。また、私のような市民活動を率先する最前線の政治家も、このご時世には必要悪ではないと感じています。防災や減災を率先しているということも、大きな強みであり、他にない取り組みは、この地域に寄与することも大きくあるでしょう。しかし、今後の戦略としては、私自身への後ろ盾と、政治家となる帝王学も身につけないとなりません。

私が、尾鷲市議として活動できたことは、大きな誇りと自信になっています。
これが次に生かせるように、いましばらくは、考察する時間を取るとします。

相変わらず、長くなりましたが、これまでどうもありがとうございました。


41歳の誕生日を迎えて…
 端無徹也
by owase874 | 2013-09-25 10:34 | 議会活動の予定


市民活動の延長線上に、市民目線の政治があると考えています。


by kumano874

プロフィールを見る

ご挨拶とブログの概要

当ブログに来ていただきありがとうございます。私が政治に関心をもったのは、災害現場でボランティアとして活動しているときに、どうしても市民活動・NPO活動だけでは届かない声があると感じてからです。1995年の、阪神淡路大震災のときです。それ以降、政策提言できる市民活動を合言葉に、さまざまなことを実践しています(市民派向けのブログもあります。こちらCafe_CReAM モノ語り)。


これまでの思いが実現したのが、2006年11月から、2期6年半在職した尾鷲市議会議員でした。3期目の挑戦には苦杯しましたが、貴重な実体験をさせていただき、条例の制定を中心にした議会改革や、市民活動で培った政策提言を直接できる立場として、負託の重さを実感することができました。

また、尾鷲市議として負託をいただいてからは、この地域ではいち早く、議員活動をお知らせする手段の一つとして、このブログを活用しました。当時のことも含め、日々私が何を感じ、何を考えているかを綴る活動報告にもなっています。なお、2014年5月1日からは、三重県熊野市議会議員として、あらたな1歩を踏み出します。

ときには辛口の意見もありますが、東紀州における公益や市民益を考える一人の意見として読んでいただければ幸いです。

質問や批評など、ご意見がございましたら、下記宛にお願いします。何かしらの方法で、きちんと対応させていただきます。ただし、ブログのコメントには、できる限り返答をいたしますが、端無自身の裁量になることをお許し下さい。

◆ブログ管理者
 未来874事務室
 熊野市飛鳥町佐渡462番地
 0597-84-1033
 kurage874@cream.plala.or.jp 

なお、たくさんの意見や考えをお聞かせ願いたいので、直接にお会いすることも可能です。日程調整などしますので、その旨をお伝え下さい。

facebookやtwitterにも登録しています。よろしくお願いします!

カテゴリ

プロフィール
議会活動の予定
コラム「温故知新」
端無の一般質問
定例会の報告
臨時会の報告
委員会等報告
議会改革報告
防災とまちづくり
教育とまちづくり
福祉とまちづくり
観光とまちづくり
住民自治を考える
産業振興を考える
公益行事への出席
地域の活動を知る
東紀州はひとつに
 
 
 
 
 
 
 
 

twitter

最新の記事

1年前を振り返る日、新たな決..
at 2015-04-20 14:58
熊野市の地方創生(移住交流編..
at 2015-03-14 17:29
議会が一枚岩になるということ
at 2015-03-03 00:41
【12月定例会の一般質問】熊..
at 2014-12-11 16:18
【丹レス主催】大杉の伐木と霊..
at 2014-11-10 13:17
これからの地方自治体
at 2014-10-30 14:14
【丹波水害復興支援_霊山寺と..
at 2014-10-30 09:52
【丹波水害支援_床下対応メイ..
at 2014-10-21 10:29
【東皐寺復興支援&クールダウ..
at 2014-10-09 11:23
【丹波水害復興支援】東皐寺、..
at 2014-09-26 12:31

以前の記事

2015年 04月
2015年 03月
2014年 12月
more...

検索

その他のジャンル