市民活動との両輪について

 私に対して多い質問が、「端無がやっている市民活動ってなに?」です。

 ボランティアも市民活動ですし、議員としての活動も、大義では市民活動とも言えるでしょう。しかし、私が携わっているところの市民活動は、”困っている、弱っている人に手を差し伸べる”ことが圧倒的に多いです。または、”あったらいいな、できたらいいな”を直接支援したり、橋渡しをしたりすることです。また、自身でやることもありますが、おおよそお金にはならないことでもあるので、この質問の根底には、「なにをやって食べているの?(生活をしているの?)」だと感じています。
e0105019_959839.jpg



e0105019_9591862.jpg



 参考にして欲しいと作成したのが、この率先市民vol.1です。

 3月、6月、9月、12月の発行を目標にしていますが、市民活動をやっている端無徹也の紹介を兼ねたテキストになります。これに、政治活動をやっている端無徹也のテキストも作成する予定です(現在、作成中です)。僕は常日頃より、「市民活動と政治活動は両輪」と訴えているひとりですが、市民活動の延長線上には、政治活動があるとも感じています。日常的な市民活動により、自治体などへの政策提言が出てくるものなので、これが政治活動に繋がると言う理屈です。

 なので、僕は尾鷲市議時代でも、災害があれば隣町の熊野市でも、もちろん遠方の地方自治体にでも、災害ボランティアとして駆けつけています。僕や、僕が関わっている組織(一般社団法人熊野レストレーション)にしかできないことがあるからで、東日本大震災を後方支援したのも、僕の団体(任意団体東紀州コミュニティデザイン)だからこそできることがあるからです。

 短絡的には、「尾鷲市の税金を貰っているくせに」とお叱りも受けていましたが、こういった場合では、救援や支援に行くことで、現地の状況を詳しく把握できたり、それを持ち帰って、当時で言えば尾鷲市の防災や減災に反映(還元)できたりしました。また、災害地や被災地からは、「次に何かあれば、今度はこっちが駆けつけるから」と言ってもらえたり、そういったことがきっかけで、その後の交流や関係ができたりもしています。それは、結果的には、僕や僕が住まう自治体にかえってくることになります。

 もちろん、これらの活動は、自己資金と寄付と支援金で賄われているので、どこからが給与や報酬が出ているわけではありません。公的機関からの支援も受けていないので、すべては自前で確保しています。これに限らず、私が現在携わっている市民活動では、一部で交通費などの費用は出ていることはあっても(NPO法人みえNPOネットワークセンター)、固定給などの雇用形態ではありません。ほとんどが自己資金と言う名の貯蓄の切り崩しになります。また、その蓄えは、これまでの教員生活や尾鷲市議時代の報酬が財源となっています。

 賛否両論あるでしょうし、私自身も、このやり方がベストだとも感じていません。どちらかと言うと、こういったやり方では継続には支障もでるし、本末転倒だと考えています。しかし、いまはこうするよりほかなく、だからこそ、より多くの共感を得ることで、寄付や支援金に繋げていかねばと考えています。これまでの活動で、少ないながらも結果はでているので、あとは地域に支えられる仕組みをシステム化できるかだとも考えています。

 なので、ハッキリ言って、飯が食える活動ではありませんが、それが僕に与えられた使命感ではないでしょうか。苦労のほうが多いけれど、私以上に苦悩している人たちがいるからこそ、自分自身ができることをやっているまでのことになります。そこに、多くの賛同者や仲間が集まれば、もっと明確になることもあろうかと感じています。

 そのためには、率先市民であることが重要なのです。
by owase874 | 2014-04-07 03:27 | コラム「温故知新」


市民活動の延長線上に、市民目線の政治があると考えています。


by kumano874

プロフィールを見る

ご挨拶とブログの概要

当ブログに来ていただきありがとうございます。私が政治に関心をもったのは、災害現場でボランティアとして活動しているときに、どうしても市民活動・NPO活動だけでは届かない声があると感じてからです。1995年の、阪神淡路大震災のときです。それ以降、政策提言できる市民活動を合言葉に、さまざまなことを実践しています(市民派向けのブログもあります。こちらCafe_CReAM モノ語り)。


これまでの思いが実現したのが、2006年11月から、2期6年半在職した尾鷲市議会議員でした。3期目の挑戦には苦杯しましたが、貴重な実体験をさせていただき、条例の制定を中心にした議会改革や、市民活動で培った政策提言を直接できる立場として、負託の重さを実感することができました。

また、尾鷲市議として負託をいただいてからは、この地域ではいち早く、議員活動をお知らせする手段の一つとして、このブログを活用しました。当時のことも含め、日々私が何を感じ、何を考えているかを綴る活動報告にもなっています。なお、2014年5月1日からは、三重県熊野市議会議員として、あらたな1歩を踏み出します。

ときには辛口の意見もありますが、東紀州における公益や市民益を考える一人の意見として読んでいただければ幸いです。

質問や批評など、ご意見がございましたら、下記宛にお願いします。何かしらの方法で、きちんと対応させていただきます。ただし、ブログのコメントには、できる限り返答をいたしますが、端無自身の裁量になることをお許し下さい。

◆ブログ管理者
 未来874事務室
 熊野市飛鳥町佐渡462番地
 0597-84-1033
 kurage874@cream.plala.or.jp 

なお、たくさんの意見や考えをお聞かせ願いたいので、直接にお会いすることも可能です。日程調整などしますので、その旨をお伝え下さい。

facebookやtwitterにも登録しています。よろしくお願いします!

カテゴリ

プロフィール
議会活動の予定
コラム「温故知新」
端無の一般質問
定例会の報告
臨時会の報告
委員会等報告
議会改革報告
防災とまちづくり
教育とまちづくり
福祉とまちづくり
観光とまちづくり
住民自治を考える
産業振興を考える
公益行事への出席
地域の活動を知る
東紀州はひとつに
 
 
 
 
 
 
 
 

twitter

最新の記事

1年前を振り返る日、新たな決..
at 2015-04-20 14:58
熊野市の地方創生(移住交流編..
at 2015-03-14 17:29
議会が一枚岩になるということ
at 2015-03-03 00:41
【12月定例会の一般質問】熊..
at 2014-12-11 16:18
【丹レス主催】大杉の伐木と霊..
at 2014-11-10 13:17
これからの地方自治体
at 2014-10-30 14:14
【丹波水害復興支援_霊山寺と..
at 2014-10-30 09:52
【丹波水害支援_床下対応メイ..
at 2014-10-21 10:29
【東皐寺復興支援&クールダウ..
at 2014-10-09 11:23
【丹波水害復興支援】東皐寺、..
at 2014-09-26 12:31

以前の記事

2015年 04月
2015年 03月
2014年 12月
more...

検索

その他のジャンル