日進保色会の総会に来賓出席する

 日進保色会は、飛鳥町内の佐渡、野口、神山地区の老人会です。

 日進とは、もとは学校区で日進小学校があったことと(現在は合併して飛鳥小学校)、保色とは、飛鳥町内のどこからでも仰ぎ見ることができる保色山(1028.3m)に由来しています。ちなみに、母校である日進小学校の校歌は、いまでも一部を覚えています。

 青空高く保色山、朝に夕べに仰ぎつつ
 明るい瞳重ねつつ、大きく育つ学び舎は
 我らの日進、我らの母校

 会場となった野口集会は、もとは日進保育所で、いまは跡形もありませんが、私が通った保育所でした。なんとなく、間取りも覚えています。

 空は青いよ明るいよ。お日様ニコニコしているから
 一、二、三で足ならし、さあさあ元気にいきましょう
 みんなのみんなの保育所、日進保育所

やったかな?さすがに記憶は曖昧です。

 さて、日進保色会は、約150名の会員がいるそうですが、この日は約60人弱の参加がありました。地区内の60歳から加入できるそうなので、私の親父も加入せよとの声をあちこちで聞きました。調べると、飛鳥町の人口が1,287人で(2014年5月1日付け)、日進地区は、選挙のときの有権者が484人いたので(飛鳥町では1,153人、つまり20歳以下は約134人しかいない)、60歳上は…すみません。熊野市役所の公式サイト上では、飛鳥町の人口までしか開示されておりませんでした(もっとしていいのに…)。調べておきます。

 ちなみに、熊野市の人口が18,458人で(2014年5月1日付け)、そのうちの60歳以上が8,887人となっています。限界集落と言われる、65歳以上が人口の半分までには到達していませんが(熊野市は39.68%)、55歳上が約半数近くなので、やがては限界集落となる準限界集落となっています。ほとんどが60歳以上となる地区や集落が、熊野市でもあちこちになってくる日が来ているのです。

 余談が過ぎましたが、日進保色会は実に元気で、「まとまりよく仲が良い」との評判通り、地区内の活動も豊富で、来賓の挨拶でも紹介させていただきましたが、ぜひとも市民活動としての私の立場でも、いろいろとコラボレーションしたいと感じたところです。また、地域の慣習や知恵などは、飛鳥町全体を見渡しても、20歳以下が134人ほどしかない現実を見ても、いましか残していけないようにも感じます。

 たとえば、小中学校に登ったきりの保色山なんかも、神山からのルートを知るものは数少なくなっているように感じます。小学校の時には、すでに展望が良くなかったので、いまはどうなっているのかと思います。しかし、熊野灘や七里御浜が見渡せ、熊野三山や大峰山系の眺望もできるはずです。なによりも熊野市で一番高い山であるので、”観光”などではなく、ルートの再開拓やある程度の眺望の確保には、先人の記憶や理解が必要でしょう。気軽に登れるとは語弊もありますが、こういったことにも、今後は力を貸していただきながら着手できればと考えています。もちろん、賛同者がいないことにははじまりませんが…

 1年に一度、来賓で呼んでいただくだけでなく、ともに地区を考えていく知恵袋としても、また私にできる政策提言もあろうことと感じますので、今後の繋がりに期待したところです。
by owase874 | 2014-05-14 05:17 | 公益行事への出席


市民活動の延長線上に、市民目線の政治があると考えています。


by kumano874

プロフィールを見る

ご挨拶とブログの概要

当ブログに来ていただきありがとうございます。私が政治に関心をもったのは、災害現場でボランティアとして活動しているときに、どうしても市民活動・NPO活動だけでは届かない声があると感じてからです。1995年の、阪神淡路大震災のときです。それ以降、政策提言できる市民活動を合言葉に、さまざまなことを実践しています(市民派向けのブログもあります。こちらCafe_CReAM モノ語り)。


これまでの思いが実現したのが、2006年11月から、2期6年半在職した尾鷲市議会議員でした。3期目の挑戦には苦杯しましたが、貴重な実体験をさせていただき、条例の制定を中心にした議会改革や、市民活動で培った政策提言を直接できる立場として、負託の重さを実感することができました。

また、尾鷲市議として負託をいただいてからは、この地域ではいち早く、議員活動をお知らせする手段の一つとして、このブログを活用しました。当時のことも含め、日々私が何を感じ、何を考えているかを綴る活動報告にもなっています。なお、2014年5月1日からは、三重県熊野市議会議員として、あらたな1歩を踏み出します。

ときには辛口の意見もありますが、東紀州における公益や市民益を考える一人の意見として読んでいただければ幸いです。

質問や批評など、ご意見がございましたら、下記宛にお願いします。何かしらの方法で、きちんと対応させていただきます。ただし、ブログのコメントには、できる限り返答をいたしますが、端無自身の裁量になることをお許し下さい。

◆ブログ管理者
 未来874事務室
 熊野市飛鳥町佐渡462番地
 0597-84-1033
 kurage874@cream.plala.or.jp 

なお、たくさんの意見や考えをお聞かせ願いたいので、直接にお会いすることも可能です。日程調整などしますので、その旨をお伝え下さい。

facebookやtwitterにも登録しています。よろしくお願いします!

カテゴリ

プロフィール
議会活動の予定
コラム「温故知新」
端無の一般質問
定例会の報告
臨時会の報告
委員会等報告
議会改革報告
防災とまちづくり
教育とまちづくり
福祉とまちづくり
観光とまちづくり
住民自治を考える
産業振興を考える
公益行事への出席
地域の活動を知る
東紀州はひとつに
 
 
 
 
 
 
 
 

twitter

最新の記事

1年前を振り返る日、新たな決..
at 2015-04-20 14:58
熊野市の地方創生(移住交流編..
at 2015-03-14 17:29
議会が一枚岩になるということ
at 2015-03-03 00:41
【12月定例会の一般質問】熊..
at 2014-12-11 16:18
【丹レス主催】大杉の伐木と霊..
at 2014-11-10 13:17
これからの地方自治体
at 2014-10-30 14:14
【丹波水害復興支援_霊山寺と..
at 2014-10-30 09:52
【丹波水害支援_床下対応メイ..
at 2014-10-21 10:29
【東皐寺復興支援&クールダウ..
at 2014-10-09 11:23
【丹波水害復興支援】東皐寺、..
at 2014-09-26 12:31

以前の記事

2015年 04月
2015年 03月
2014年 12月
more...

検索

その他のジャンル