財務行政懇話会への参加

 先月30日に、熊野市文化交流センターに行ってきました。

 財務省東海財務局津財務事務所が主催する懇話会があったからですが、これは財務省が全国的に実施している懇話会です。熊野市では初めての開催とも聞きましたが、懇話会にしては対話できる場面設定が弱いとも感じました。趣旨としては、各方面から意見交換した内容を、今後の施策の企画立案に反映させることだったので、ひな壇と観客席では、懇話しにくいと感じました。
e0105019_0584027.jpg


 とは言え、津財務事務所長の五味氏が講演した、「日本の財政の現状と課題」では、2060年には総人口が9000万人を割り込んでいくという推計から、40%近い高齢化率のなかで、生産年齢人口が50%になっていくという末恐ろしい話題提供からはじまりました。これは、出生率が現状の1.35という数値に基づいているので、出生率さえ向上すれば大きく変化していきますが、現状の世相を見る限りでは、避けられない現実となるかも知れません。

 この人口の減少は、社会保障の根幹を大きく揺るがすことになるので、1965年当時では、胴上げ型だった社会保障の形成が、2012年の騎馬戦型に見られるような支える生産人口の減少となり、2050年には肩車型に推移するとのことでした。その打開策としては、支え手を少しでも増やす努力と、高齢者が長く働ける環境づくりとのことでした。確かに、元気な高齢者はたくさんいますが、65歳以上を過ぎても生涯現役を担保するには、わが国全体の意識改革だけでなく、日本人だけで自己完結できるのかということにも踏むこむ必要があるかも知れません。

 さらに、平成26年度の一般会計予算を見てみると、歳入総額95兆8823億円の実に43%にあたる35兆2480億円が、将来世代への負担として残っていく公債金となっています。また、先進国では類を見ない最長寿国であるわが国だけに、先細りする民族でありながら、多額の借金を抱えている現状は、国の財源に頼りっぱなりの地方自治体においては、まさに火の車に違いありません。なので、「交付税措置があるので、多額の予算をつぎ込んでも大丈夫」なんて言えるのかと思うほどです。推計から見る限りでは、わが国がコケれば、地方が絶滅の危機に貧するのです。

 また、三重県内の経済情勢についての見解も興味深く聞きましたが、三重県の景気が目に見えて回復していくのは、この秋口からではないかとのことでした。ただし、三重県は非正規雇用者の多い自治体らしく、大きな課題を抱えているともおっしゃっていました。話を聞いているだけでは、前途多難と言う言葉しか思い浮かばなくなりましたが、日常生活の幸福度を向上させることも、知恵の一つになるなとも感じたところです。

 間違いなく、この幸福度の向上には、日々の市民活動が鍵を握っているはずです。そのためには、私にもできることがありそうです。
by owase874 | 2014-06-02 01:25 | 公益行事への出席


市民活動の延長線上に、市民目線の政治があると考えています。


by kumano874

プロフィールを見る

ご挨拶とブログの概要

当ブログに来ていただきありがとうございます。私が政治に関心をもったのは、災害現場でボランティアとして活動しているときに、どうしても市民活動・NPO活動だけでは届かない声があると感じてからです。1995年の、阪神淡路大震災のときです。それ以降、政策提言できる市民活動を合言葉に、さまざまなことを実践しています(市民派向けのブログもあります。こちらCafe_CReAM モノ語り)。


これまでの思いが実現したのが、2006年11月から、2期6年半在職した尾鷲市議会議員でした。3期目の挑戦には苦杯しましたが、貴重な実体験をさせていただき、条例の制定を中心にした議会改革や、市民活動で培った政策提言を直接できる立場として、負託の重さを実感することができました。

また、尾鷲市議として負託をいただいてからは、この地域ではいち早く、議員活動をお知らせする手段の一つとして、このブログを活用しました。当時のことも含め、日々私が何を感じ、何を考えているかを綴る活動報告にもなっています。なお、2014年5月1日からは、三重県熊野市議会議員として、あらたな1歩を踏み出します。

ときには辛口の意見もありますが、東紀州における公益や市民益を考える一人の意見として読んでいただければ幸いです。

質問や批評など、ご意見がございましたら、下記宛にお願いします。何かしらの方法で、きちんと対応させていただきます。ただし、ブログのコメントには、できる限り返答をいたしますが、端無自身の裁量になることをお許し下さい。

◆ブログ管理者
 未来874事務室
 熊野市飛鳥町佐渡462番地
 0597-84-1033
 kurage874@cream.plala.or.jp 

なお、たくさんの意見や考えをお聞かせ願いたいので、直接にお会いすることも可能です。日程調整などしますので、その旨をお伝え下さい。

facebookやtwitterにも登録しています。よろしくお願いします!

カテゴリ

プロフィール
議会活動の予定
コラム「温故知新」
端無の一般質問
定例会の報告
臨時会の報告
委員会等報告
議会改革報告
防災とまちづくり
教育とまちづくり
福祉とまちづくり
観光とまちづくり
住民自治を考える
産業振興を考える
公益行事への出席
地域の活動を知る
東紀州はひとつに
 
 
 
 
 
 
 
 

twitter

最新の記事

一般社団法人熊野レストレーシ..
at 2017-09-23 09:10
三重県熊野市議会議員【はなし..
at 2017-09-23 09:00
1年前を振り返る日、新たな決..
at 2015-04-20 14:58
熊野市の地方創生(移住交流編..
at 2015-03-14 17:29
議会が一枚岩になるということ
at 2015-03-03 00:41
【12月定例会の一般質問】熊..
at 2014-12-11 16:18
【丹レス主催】大杉の伐木と霊..
at 2014-11-10 13:17
これからの地方自治体
at 2014-10-30 14:14
【丹波水害復興支援_霊山寺と..
at 2014-10-30 09:52
【丹波水害支援_床下対応メイ..
at 2014-10-21 10:29

以前の記事

2017年 09月
2015年 04月
2015年 03月
more...

検索

その他のジャンル