第1回飛鳥地区地域まちづくり協議会会議を傍聴する

 情報をいただいて、第1回会議傍聴しました。

 議員の参画に対しては、それぞれの地域で違いはあるようですが、地元議員としては気になる取り組みです。
e0105019_9542182.jpg
平成26年度「地域まちづくり協働事業」


 委員の選出は、各地区の区長さんや地縁団体、ボランティア団体の代表者といったところですが、とくに参加に制限はないようです。気になったことは、最年少が40代の1名で、参加年齢が極端に高いと感じたところです。このあたりは、賛否両論あるかも知れませんが、これからの飛鳥町を存続させていくには、幅広い層がいてもいいのではなと感じました。つまりは、充て職にするのではなく、「10年後、30年後の飛鳥町を想像し、実践できる」希望者を募ることです。そして、年齢に関係なく、「後退的意見、ネガティブな発言」をしないことを第1義に進められる人たちが集ってほしいとも感じました。だって、「2040年には消滅集落になるからの」なんてことが話題になるよりかは、もっと明るい未来を語りたいものです。

 少なくとも、私は41歳で、娘は4歳ですが、娘が成人するくらいまでは、しっかりと地域に見守られて育って欲しいし、そうできる仕組みづくりや環境整備をしたいです。また、寿命などで減っていくのは別として、これ以上に人口を減らさない知恵と実践をすることで、娘にとって誇れる飛鳥町にしたいと考えています。そのために、不退転の決意で地元に戻り、さまざまな仕掛けをしているのですが、例えば、僕たちが飛鳥熊レス村で取り組んでいることなどは、ほとんど知られていないことにも愕然としまし、広報力のなさを痛感したところです。

 この日の会議では、今年度の予算と計画も示されていましたが、3月議会で承認された予算や事業は執行されておらず、「関係者の返事待ち」とのことでした。また、昨年度よりは、まちづくりにかかる予算は増額されていましたが、約130億円の一般会計予算に対して、飛鳥町のまちづくりの予算は約100万円ちょっとでした。ほかの地域はわかりませんが、数十万円程度だった昨年度でも、事業ができずに一部を差し戻したということですので、予算や事業の執行を確実に進めていくシステム化が未熟なのかと感じました。単純には、もったいなと感じたのです。

 これほどまでに集落が疲弊すると、希望が少ない現状も理解できますが、例えば、熊野レストレーションによる昨年の飛鳥熊レス村での活動は、1,500キロ近い赤紫蘇の出荷と、約200キロの赤大葉高菜の出荷を実現しました。また、飛鳥熊レス村での作業を中心に、年間600人ほどの訪問者が飛鳥町にありました。今年も、3トン近い赤紫蘇の出荷を見込んでいますし、作り手が減ってきている赤大葉高菜についても検討しています。また、飛鳥町内の里山保存を模索し、伐らせてもらえる支障木などあれば、いつでも相談にのれる体制を取っています。つまりは、中山間地域の支援策を模索しながら、飛鳥町での取り組みをモデルにできないかを考えているのです。そこには、後退的な意見はなくて、関係者が喧々諤々しながらも、未来に進んでいるのです。

 さらに、飛鳥町のまちづくりを進めていく、第3次飛鳥地区地域まちづくり総合計画の原案も資料にありましたが、なんとも味気のない、薄っぺらい内容でした。これには、委員からも苦言がでていましたが、アドバイザーとなっている市役所職員からは、それを肉付けするのが委員に仕事だと切り返されていました。その通りなのですが、なんとなしに継続的なことを書き連ねた総合計画では、「こんなんでは飛鳥町は終わるな」としか感じませんでした。このまちづくり総合計画は、熊野市の総合計画に基いて策定されるものですので、しっかりと私自身も関わっていきたいと感じたのは言うまでもありません。

 鍵となるのは、手前味噌かも知れませんが、市民活動などの第3の公共をどう取り込むかです。現在の地縁団体だけでは、会議の様子を見ても手詰まっている感じでしたので、地域内外との橋渡しができる中間支援組織を介在しながら、多様な主体を地縁団体とリンクさせることです。いまいる飛鳥町の人口でしかモノを考えられないことに、さらには現状の委員でしか考えられないことに、いまの現実があると感じました。そこには、いままでにない手法や仕組みが入り込むので、軋轢も生まれるかも知れませんが、それを行政と協働しながらコンセンサス(合意形成)をとっていくことができます。そういったプロセスを学ぶことができれば、後退的な意見が主体となる会議ではなくなるかも知れません。

 残念ながら、私自身の力不足、役不足、信用不足を痛感したのも事実ですので、課題は大きく試練も大きいと感じました。しかし、私は希望をもって飛鳥町に戻ってきたので、自分に与えられた役割を実践するしかありません。とりあえずは、急ぎ、中間支援と熊野レストレーションのことについて、資料作成しないといけないなと感じました。
by owase874 | 2014-06-27 10:30 | 住民自治を考える


市民活動の延長線上に、市民目線の政治があると考えています。


by kumano874

プロフィールを見る

ご挨拶とブログの概要

当ブログに来ていただきありがとうございます。私が政治に関心をもったのは、災害現場でボランティアとして活動しているときに、どうしても市民活動・NPO活動だけでは届かない声があると感じてからです。1995年の、阪神淡路大震災のときです。それ以降、政策提言できる市民活動を合言葉に、さまざまなことを実践しています(市民派向けのブログもあります。こちらCafe_CReAM モノ語り)。


これまでの思いが実現したのが、2006年11月から、2期6年半在職した尾鷲市議会議員でした。3期目の挑戦には苦杯しましたが、貴重な実体験をさせていただき、条例の制定を中心にした議会改革や、市民活動で培った政策提言を直接できる立場として、負託の重さを実感することができました。

また、尾鷲市議として負託をいただいてからは、この地域ではいち早く、議員活動をお知らせする手段の一つとして、このブログを活用しました。当時のことも含め、日々私が何を感じ、何を考えているかを綴る活動報告にもなっています。なお、2014年5月1日からは、三重県熊野市議会議員として、あらたな1歩を踏み出します。

ときには辛口の意見もありますが、東紀州における公益や市民益を考える一人の意見として読んでいただければ幸いです。

質問や批評など、ご意見がございましたら、下記宛にお願いします。何かしらの方法で、きちんと対応させていただきます。ただし、ブログのコメントには、できる限り返答をいたしますが、端無自身の裁量になることをお許し下さい。

◆ブログ管理者
 未来874事務室
 熊野市飛鳥町佐渡462番地
 0597-84-1033
 kurage874@cream.plala.or.jp 

なお、たくさんの意見や考えをお聞かせ願いたいので、直接にお会いすることも可能です。日程調整などしますので、その旨をお伝え下さい。

facebookやtwitterにも登録しています。よろしくお願いします!

カテゴリ

プロフィール
議会活動の予定
コラム「温故知新」
端無の一般質問
定例会の報告
臨時会の報告
委員会等報告
議会改革報告
防災とまちづくり
教育とまちづくり
福祉とまちづくり
観光とまちづくり
住民自治を考える
産業振興を考える
公益行事への出席
地域の活動を知る
東紀州はひとつに
 
 
 
 
 
 
 
 

twitter

最新の記事

1年前を振り返る日、新たな決..
at 2015-04-20 14:58
熊野市の地方創生(移住交流編..
at 2015-03-14 17:29
議会が一枚岩になるということ
at 2015-03-03 00:41
【12月定例会の一般質問】熊..
at 2014-12-11 16:18
【丹レス主催】大杉の伐木と霊..
at 2014-11-10 13:17
これからの地方自治体
at 2014-10-30 14:14
【丹波水害復興支援_霊山寺と..
at 2014-10-30 09:52
【丹波水害支援_床下対応メイ..
at 2014-10-21 10:29
【東皐寺復興支援&クールダウ..
at 2014-10-09 11:23
【丹波水害復興支援】東皐寺、..
at 2014-09-26 12:31

以前の記事

2015年 04月
2015年 03月
2014年 12月
more...

検索

その他のジャンル