少ない人口だから、少ない地域資源とは限らない

 新宮市熊野川町嶋津を訪ねました。

 人口わずか15人の集落ですが、日本一小さな嶋津観光協会があります。この嶋津は、熊野川を挟んで、紀和町小川口の対岸です。2011年の台風12号では、大きな被災と被害を受けています。
e0105019_1653793.jpg
瀞大橋


 嶋津に行ったのは、ここの観光協会主催の山行に同行するためですが、最近、「死ぬまでに行きたい!世界の絶景日本編」に紀和町木津呂が出ていたからです。撮影場所が嶋津の山中でも、写っている場所が熊野市内だったので、なにか連携できることがあろうかと感じたからです。
e0105019_1731523.jpg
絶景ポイント


 山行ルートとしては、昔の生活道であった山道から尾根道に入りますので、往復4時間くらいです。しかし、急登や尾根の交差点などもあるので、素人での登山はオススメできません。興味関心のある方は、嶋津観光協会のガイドを依頼することになります。興味深いのは、ここに自称とはいえ観光協会があることで、そういったことも含め、率先する地域住民が活動していることです。こういったことは、この地域でもすぐに取り組むことができます。
e0105019_1793663.jpg
嶋津観光協会


e0105019_17264882.jpg
木津呂の集落が見える


 三重県、和歌山県、奈良県にまたがる熊野川を挟んだ集落は、川船で行き来できることからも、古来より川が生活の中心となって交流がさかんでした。川が生活を隔てていなかったからですが、自治体の境ということで連携しきれいていない現状が残念でなりません。この地域の世界遺産登録も、自治体の境で隔たりがあるわけでもなく、連携してこそ意味をなし、意義を発揮できるように感じてなりません。

 嶋津観光協会や、主宰する平野さんを見ていると、人口が少ないからといって、地域資源が少ないわけではありません。探せば、あるいは見渡せば、地域資源は人口よりも多いはずですし、嶋津観光協会を見習って、この地域の絶景を集める作業をしてみることオモシロイかも知れません。私でも、在住する飛鳥町の絶景を10個位はスラスラと言えます。とくに、熊野川を挟む集落は、自治体間の連携なくして存続なしと言えるのではないでしょうか?熊野川を見ていると、日本のどの有名河川にも引けをとらない魅力と資源に溢れています。
e0105019_17272084.jpg
今回の参加者


 世界遺産となった紀伊山地の霊場と参詣道は、和歌山県の山中に霊場が点在しています。三重県側で言えば、そこに至る熊野古道が登録された主なポイントで、関連しているポイントを探せば、もちろん登録にはない史跡や銘跡も数多くあります。私がこの地域で世界遺産登録を新たに進めるとすれば、花の窟や産田神社、大馬神社、丹倉神社、神内神社、神倉神社などの原始的な巨岩信仰や関連施設は、別件で世界遺産登録を申請していいのではと感じるほどです。

 とは言え、嶋津観光協会を訪れ、書籍にも登場する木津呂を眼下に仰ぐと、三重県も和歌山県も奈良県も、自治体の境目というだけで、人の生活は別物だと感じたところです。とりあえずは、熊野市においては、国道311号線に点在する集落や、この熊野川沿線の集落は、地域資源の宝庫であり、一過性で終わってしまうような観光にばかり力を注ぐ以上に、もっと着目していいのではと考えています。

 連携するって、行政単位でなくて、人と人とが近道です。

■【非公認熊レス山岳部】死ぬまでに行きたい!世界の絶景に行く
 http://crepm.exblog.jp/22417204/
by owase874 | 2014-07-30 17:50 | 観光とまちづくり


市民活動の延長線上に、市民目線の政治があると考えています。


by kumano874

プロフィールを見る

ご挨拶とブログの概要

当ブログに来ていただきありがとうございます。私が政治に関心をもったのは、災害現場でボランティアとして活動しているときに、どうしても市民活動・NPO活動だけでは届かない声があると感じてからです。1995年の、阪神淡路大震災のときです。それ以降、政策提言できる市民活動を合言葉に、さまざまなことを実践しています(市民派向けのブログもあります。こちらCafe_CReAM モノ語り)。


これまでの思いが実現したのが、2006年11月から、2期6年半在職した尾鷲市議会議員でした。3期目の挑戦には苦杯しましたが、貴重な実体験をさせていただき、条例の制定を中心にした議会改革や、市民活動で培った政策提言を直接できる立場として、負託の重さを実感することができました。

また、尾鷲市議として負託をいただいてからは、この地域ではいち早く、議員活動をお知らせする手段の一つとして、このブログを活用しました。当時のことも含め、日々私が何を感じ、何を考えているかを綴る活動報告にもなっています。なお、2014年5月1日からは、三重県熊野市議会議員として、あらたな1歩を踏み出します。

ときには辛口の意見もありますが、東紀州における公益や市民益を考える一人の意見として読んでいただければ幸いです。

質問や批評など、ご意見がございましたら、下記宛にお願いします。何かしらの方法で、きちんと対応させていただきます。ただし、ブログのコメントには、できる限り返答をいたしますが、端無自身の裁量になることをお許し下さい。

◆ブログ管理者
 未来874事務室
 熊野市飛鳥町佐渡462番地
 0597-84-1033
 kurage874@cream.plala.or.jp 

なお、たくさんの意見や考えをお聞かせ願いたいので、直接にお会いすることも可能です。日程調整などしますので、その旨をお伝え下さい。

facebookやtwitterにも登録しています。よろしくお願いします!

カテゴリ

プロフィール
議会活動の予定
コラム「温故知新」
端無の一般質問
定例会の報告
臨時会の報告
委員会等報告
議会改革報告
防災とまちづくり
教育とまちづくり
福祉とまちづくり
観光とまちづくり
住民自治を考える
産業振興を考える
公益行事への出席
地域の活動を知る
東紀州はひとつに
 
 
 
 
 
 
 
 

twitter

最新の記事

一般社団法人熊野レストレーシ..
at 2017-09-23 09:10
三重県熊野市議会議員【はなし..
at 2017-09-23 09:00
1年前を振り返る日、新たな決..
at 2015-04-20 14:58
熊野市の地方創生(移住交流編..
at 2015-03-14 17:29
議会が一枚岩になるということ
at 2015-03-03 00:41
【12月定例会の一般質問】熊..
at 2014-12-11 16:18
【丹レス主催】大杉の伐木と霊..
at 2014-11-10 13:17
これからの地方自治体
at 2014-10-30 14:14
【丹波水害復興支援_霊山寺と..
at 2014-10-30 09:52
【丹波水害支援_床下対応メイ..
at 2014-10-21 10:29

以前の記事

2017年 09月
2015年 04月
2015年 03月
more...

検索

その他のジャンル