【丹波山には熊(レス)がおってさ作戦】最終募集

 8月20日より、テクニカルボランティアとして活動している熊野レストレーションです。丹波では、行政やボラセンとも協働しながら、チェンソー作業や軽重機の作業にあたってきました。その周辺でのボラセンニーズにも対応しており、ときには、ボラセンからのボランティアさんの現場コーディネートもしています。現在までに、300人以上を現場コーディネートしています。

 ボラセンの閉所を控え、できうることをこの期間内でと考えていますので、多くの県外者にも興味関心を持っていただき、熊レスとの活動も検討してくださるように募集告知をさせていただきます。また、県内での継続支援が今後の丹波の鍵を握ることになるので、初心者の方の参加も歓迎します。必ず、皆さんにはそれぞれの役割があり、持てる技量や器量が現場で活かされるはずです。また、そういった現場コーディネートを心がけています。

 ともに、丹波のために汗を流しましょう。
 よろしくお願いします。
e0105019_3315351.jpg


■概要
・テクニカルボランティアが必要です
・チェンソー使用は、ヘルメット、長袖、チャップスもしくはソーパンツ着用、技量審査あり
・ロープ、チルホールなどもあれば重宝します
・小型ユンボがあれば、側溝の土砂出しができます
・最大4トンダンプまで入ります
・重機使用、チェンソー使用は自己責任です

・床下対応できるボラも必要です
・一部の泥出し、拭き上げが必要です
・側溝の土砂出しがあります
・通常のボラも歓迎します
・資機材はひと通りあります
・災害ボランティア保険の適用可能

・自己管理できる健康な方
・未成年者は、基本保護者同伴で

 谷上のお寺に入ります。何度かボランティアが入っていますが、本格的な伐木は初めてです。スキルが必要ですので、チェンソー初心者は出番がないかも知れません。それでも、現場を体感したい方は、手間取りにて見学参加は可能です。災害時の伐木は、通常の伐木とは異なるので、現場コーディネートも重要です。

 また、お寺の床上げ、土砂出しもしています。残りの泥出しが、一部でまだです。床板を抜いているので、作業はしやすいです。泥出しの床面は、コンクリートになっています。

 さらに、お寺までの道の側溝が、土石や土砂で満杯です。水が道路を流れています。手作業では大変ですが、参加者が多ければ対応したいです。こういった非日常に対応すると、地域の安心感を絶対にうみます。

 檀家さん、自治会長さんも被災し、途方に暮れている話を聞きました。生活を少しでも取り戻すため、地域のシンボルに活気を取り戻すため、疲れているであろう地元の方にも配慮しながら活動します。

■9月13日から15日、日帰り、連日参加も可能
■仮眠場所の提供できます。要連絡
■高速道路の無料パスが県外でも発行可能です。要連絡
■集合は、8時45分に市島ボラセン、または9時15分に市島ジャパン、送迎は参加者がまとまれば可能、それ以外は後に調整
■個人、団体を問いません。ボラセンに登録など代行します
■現場コディネートが数名います
■12時から13時までは、完全作業停止します
■昼ごはんは、ひなたぼっこカフェに移動予定です(各自用意、食事の提供なし)
■災害ボランティア保険の未加入は要連絡
■活動報告は熊レスからします
■熊レスが不適当と認めた場合は、作業中でも帰っていただくことがあります

 参加申込は、ここでのコメントかメッセージでお願いします。飛び込み参加も場合によって受付ますが、お断わりする場合もあります。5名以上の団体は、事前に申込をお願いします。なお、全体で100名を定員とします。

◆主催団体
一般社団法人熊野レストレーション
 代表理事 端無徹也
e0105019_3322313.jpg


 丹波水害をサポートしている、一般社団法人熊野レストレーションへの活動支援金をよろしくお願いします。この支援金は、現地での活動資金として利用させていただきます。活動が終息した際には、会計報告などもさせていただきます。また、領収書が必要な方は、メッセージにて送付先を教えていただければ、こちらから発送します。なお、丹波市への義捐金とは異なります。

■振り込み先
・ゆうちょ銀行 二二八(228)支店 普通 2036625
 イッパンシャダンホウジンクマノレストレーション
・ゆうちょからゆうちょの場合
 記号 12210
 番号 20366251
 イッパンシャダンホウジンクマノレストレーション
※イッパンシャダンホウジンは、シャ)でも対応可能です
by owase874 | 2014-09-10 03:33 | 防災とまちづくり


市民活動の延長線上に、市民目線の政治があると考えています。


by kumano874

プロフィールを見る

ご挨拶とブログの概要

当ブログに来ていただきありがとうございます。私が政治に関心をもったのは、災害現場でボランティアとして活動しているときに、どうしても市民活動・NPO活動だけでは届かない声があると感じてからです。1995年の、阪神淡路大震災のときです。それ以降、政策提言できる市民活動を合言葉に、さまざまなことを実践しています(市民派向けのブログもあります。こちらCafe_CReAM モノ語り)。


これまでの思いが実現したのが、2006年11月から、2期6年半在職した尾鷲市議会議員でした。3期目の挑戦には苦杯しましたが、貴重な実体験をさせていただき、条例の制定を中心にした議会改革や、市民活動で培った政策提言を直接できる立場として、負託の重さを実感することができました。

また、尾鷲市議として負託をいただいてからは、この地域ではいち早く、議員活動をお知らせする手段の一つとして、このブログを活用しました。当時のことも含め、日々私が何を感じ、何を考えているかを綴る活動報告にもなっています。なお、2014年5月1日からは、三重県熊野市議会議員として、あらたな1歩を踏み出します。

ときには辛口の意見もありますが、東紀州における公益や市民益を考える一人の意見として読んでいただければ幸いです。

質問や批評など、ご意見がございましたら、下記宛にお願いします。何かしらの方法で、きちんと対応させていただきます。ただし、ブログのコメントには、できる限り返答をいたしますが、端無自身の裁量になることをお許し下さい。

◆ブログ管理者
 未来874事務室
 熊野市飛鳥町佐渡462番地
 0597-84-1033
 kurage874@cream.plala.or.jp 

なお、たくさんの意見や考えをお聞かせ願いたいので、直接にお会いすることも可能です。日程調整などしますので、その旨をお伝え下さい。

facebookやtwitterにも登録しています。よろしくお願いします!

カテゴリ

プロフィール
議会活動の予定
コラム「温故知新」
端無の一般質問
定例会の報告
臨時会の報告
委員会等報告
議会改革報告
防災とまちづくり
教育とまちづくり
福祉とまちづくり
観光とまちづくり
住民自治を考える
産業振興を考える
公益行事への出席
地域の活動を知る
東紀州はひとつに
 
 
 
 
 
 
 
 

twitter

最新の記事

一般社団法人熊野レストレーシ..
at 2017-09-23 09:10
三重県熊野市議会議員【はなし..
at 2017-09-23 09:00
1年前を振り返る日、新たな決..
at 2015-04-20 14:58
熊野市の地方創生(移住交流編..
at 2015-03-14 17:29
議会が一枚岩になるということ
at 2015-03-03 00:41
【12月定例会の一般質問】熊..
at 2014-12-11 16:18
【丹レス主催】大杉の伐木と霊..
at 2014-11-10 13:17
これからの地方自治体
at 2014-10-30 14:14
【丹波水害復興支援_霊山寺と..
at 2014-10-30 09:52
【丹波水害支援_床下対応メイ..
at 2014-10-21 10:29

以前の記事

2017年 09月
2015年 04月
2015年 03月
more...

検索

その他のジャンル