今の僕ができそうなこと。

 今の僕にできることは、この4つを目標におきながら、それぞれの得意分野の人たちや団体との連携を図り、今までの経験を生かすことはもちろんですが、自分自身も勉強しながら理解を深めていくことです。

 ①地域にひらかれた教育の実践
 ②地域に見守られる医療の確立
 ③地域にとって最良なインフラの整備
 ④地域で協力し合う減災の活動

 ①に対しては、中学校と高専での教員生活を経験しており、生徒や同僚や家庭から、教師としての資質を学ばせていただきました。さらに、地域との密接な繋がりが、教師には不可欠であることを感じ、自分が持ちえていない知識は、地域の人たちで補っていただけることも学びました。また、高専教員の際は、学生ボランティアの立ち上げを支援し、学生が地域と連携していく仕組みづくりにも力を注ぎました。この組織は、地域の祭りに参加したり、月ごとの物産展の運営に協力したり、福祉ボランティアとしても活動しています。

 ②に対しては、命を守るという医療における大きな課題は、過疎化や少子化、高齢化といったこの地域には欠かせない問題であると共に、尾鷲総合病院の産婦人科問題のような、議会と行政と地域住民が、相互に協力して取り組まなければならない国家的な問題も抱えております。僕の仲間でもある、医療機関に従事する女性たちや、出産・育児に奔走しているお母さんとの繋がりを大切にし、教員とボランティアの経験を生かした支援を、既存のお母さんコミュニティと連携しながら行いたいと考えております。

 ③に対しては、僕がオーナーをしている喫茶店は、2年前まで空き店舗だった日本家屋を、古道客と地域住民との交流を念頭におき、三重県熊野古道協働プロジェクト事業で、リノベーションして営業を始めたお店です。金銭的な支援が終了した昨年4月からも、シャッター街と揶揄される商店街通りで、営業を続けているだけでなく、プロジェクトCReAMという市民活動団体の拠点としても提供しています。また、同じように起業したいと集まってきた仲間を支援し、2つのショップを新たに開店させました。さらに、中央町にある元医院のリノベーションも始めており、月に一度蚤の市を開いております。この経験を生かして、空き家や空き店舗を、少ない資金や改装費で起業できるノウハウを伝授し、持ち主との橋渡しにも協力したいと考えております。

 ④に対しては、1995年1月の阪神大震災でのボランティア活動、といっても当時は、自主的な水汲みやトイレの掃除くらいしかできませんでしたが、2000年の東海豪雨での活動など、災害救援ボランティアに関心を持って活動してきました。その経験と知識が、2年前の海山町災害救援ボランティアセンターの立ち上げ協力と、副センター長として運営に携わったことに繋がりました。これらの経験は、予想されている熊野灘沖の津波地震への減災活動として、幼い子どもうちから、受け継いでいかなければと考えております。それを踏まえて、当時の海山での経験を、仲間たちと冊子にまとめております。

 全てに精通することが理想ですが、精通している人たちの声をバックボーンに、しかるべき場所でフィードバックすることが可能であると考えています。
by owase874 | 2006-10-30 16:37 | コラム「温故知新」


市民活動の延長線上に、市民目線の政治があると考えています。


by kumano874

プロフィールを見る

ご挨拶とブログの概要

当ブログに来ていただきありがとうございます。私が政治に関心をもったのは、災害現場でボランティアとして活動しているときに、どうしても市民活動・NPO活動だけでは届かない声があると感じてからです。1995年の、阪神淡路大震災のときです。それ以降、政策提言できる市民活動を合言葉に、さまざまなことを実践しています(市民派向けのブログもあります。こちらCafe_CReAM モノ語り)。


これまでの思いが実現したのが、2006年11月から、2期6年半在職した尾鷲市議会議員でした。3期目の挑戦には苦杯しましたが、貴重な実体験をさせていただき、条例の制定を中心にした議会改革や、市民活動で培った政策提言を直接できる立場として、負託の重さを実感することができました。

また、尾鷲市議として負託をいただいてからは、この地域ではいち早く、議員活動をお知らせする手段の一つとして、このブログを活用しました。当時のことも含め、日々私が何を感じ、何を考えているかを綴る活動報告にもなっています。なお、2014年5月1日からは、三重県熊野市議会議員として、あらたな1歩を踏み出します。

ときには辛口の意見もありますが、東紀州における公益や市民益を考える一人の意見として読んでいただければ幸いです。

質問や批評など、ご意見がございましたら、下記宛にお願いします。何かしらの方法で、きちんと対応させていただきます。ただし、ブログのコメントには、できる限り返答をいたしますが、端無自身の裁量になることをお許し下さい。

◆ブログ管理者
 未来874事務室
 熊野市飛鳥町佐渡462番地
 0597-84-1033
 kurage874@cream.plala.or.jp 

なお、たくさんの意見や考えをお聞かせ願いたいので、直接にお会いすることも可能です。日程調整などしますので、その旨をお伝え下さい。

facebookやtwitterにも登録しています。よろしくお願いします!

カテゴリ

プロフィール
議会活動の予定
コラム「温故知新」
端無の一般質問
定例会の報告
臨時会の報告
委員会等報告
議会改革報告
防災とまちづくり
教育とまちづくり
福祉とまちづくり
観光とまちづくり
住民自治を考える
産業振興を考える
公益行事への出席
地域の活動を知る
東紀州はひとつに
 
 
 
 
 
 
 
 

twitter

最新の記事

1年前を振り返る日、新たな決..
at 2015-04-20 14:58
熊野市の地方創生(移住交流編..
at 2015-03-14 17:29
議会が一枚岩になるということ
at 2015-03-03 00:41
【12月定例会の一般質問】熊..
at 2014-12-11 16:18
【丹レス主催】大杉の伐木と霊..
at 2014-11-10 13:17
これからの地方自治体
at 2014-10-30 14:14
【丹波水害復興支援_霊山寺と..
at 2014-10-30 09:52
【丹波水害支援_床下対応メイ..
at 2014-10-21 10:29
【東皐寺復興支援&クールダウ..
at 2014-10-09 11:23
【丹波水害復興支援】東皐寺、..
at 2014-09-26 12:31

以前の記事

2015年 04月
2015年 03月
2014年 12月
more...

検索

その他のジャンル