最近の事件と、こんにちは赤ちゃん訪問事業について

これが何だかわかりますか?
 岡山県倉敷市 生後間もない女児 女子大生(18) 自宅マンション
 千葉県千葉市 えい児 無職少女(18) 実家
 宮城県石巻市 乳児 高校1年生(15) 自宅
 新潟県長岡市 男児 高校3年生(18) 学校

 東京都世田谷区 生後3~4ヶ月女児 
 東京都豊島区 生後間もない女児
 兵庫県伊丹市 生後間もない女児
 熊本県熊本市 乳児(慈恵病院・赤ちゃんポスト)
 熊本県熊本市 乳児(慈恵病院・赤ちゃんポスト)

最近、インターネットや、メディアでも取り上げられることが多いニュースです。赤ちゃんを遺棄したり、殺したり…なんだか多い気がしませんか?とくに、未成年によるこれらの事件が目立ちます。(上記は、事件場所・逮捕者・出産場所など、2段目は未解決の遺棄事件など)

しかし、警察庁の犯罪統計書や関連サイトを見ると、1歳未満の赤ちゃんを殺害する”えい児殺”は、平成に入ってからを見ても、平成元年の85人、平成5年の66人、平成10年の38人、平成15年の27人と、年々減少傾向であることが分かりました。私の生まれた年である昭和47年の174人を見ても、かなりの減少です。

私が気になったことは、未成年が立て続けに赤ちゃんを出産していて、それに家族が気づいていない状況が多いことに驚ろいています。高校のトイレで出産した事件も、女子大生が自宅マンションで出産した事件も、家族が気づいていませんでした。”妊娠”は、分かりそうなものかと思ってましたが、案外気づかれないものだと知りました。この尾鷲でも、家族が気づかずに出産したケースはあるのでしょうか?

では、本人は分かっているのか?とも考えるのですが、一人で初産する心境には、計り知れないものがあると同時に、そうなった環境にも憤りを感じてしまいます。相手の男性はどうなっているのか?性教育はどうなっているのか?家庭環境はどうなっているのか?人間関係はどうなっているのか?女性の心理状態はどうなっているのか?などなど…

これらの事件の直接の犠牲者である赤ちゃんは、産みのお母さんの手に戻ることなく育てられるか、最悪は短い命で終わっています。死ぬよりは、生きている方がいいに決まっていますが、その赤ちゃんの将来も気になります。幸せに、希望を持って育って欲しいものです。しかし、現実を考えると、育ての親や周囲の環境に左右されるので、その赤ちゃんにとっても多難であることには違いないです。やはり、正常な状態ではありません。

まずは、女性だけが取りざたされていますが、出産には男性が必ず関わっているので、その男性の責任も問われるべきです。それは、犯罪者探しではなく、親としての責任としてです。そして、やむなく妊娠・出産した未成年のケアができる環境づくりです。慈恵病院の赤ちゃんポストは、社会問題として一石を投じていますが、命に関わる問題として、私は賛成です。

また、厚生労働省の交付金事業である、「こんにちは赤ちゃん訪問事業」にも関心があります。この事業が、お役所的でなく、生命を歓迎する環境下で行われることを、自分のまちでも期待しています。

そのために私ができることは、いまの市民活動を通じて、繋いでいくことができそうです。それは、助産師・看護師・ベビーマッサージ・初産の母親・育児サークルなど、専門的な知識と活動をしているグループとの情報共有から始まるネットワークづくりです。

子どもは、地域で育てられることも大切だと、自分の経験からも考えています。
by owase874 | 2007-07-03 01:37 | コラム「温故知新」


市民活動の延長線上に、市民目線の政治があると考えています。


by kumano874

プロフィールを見る

ご挨拶とブログの概要

当ブログに来ていただきありがとうございます。私が政治に関心をもったのは、災害現場でボランティアとして活動しているときに、どうしても市民活動・NPO活動だけでは届かない声があると感じてからです。1995年の、阪神淡路大震災のときです。それ以降、政策提言できる市民活動を合言葉に、さまざまなことを実践しています(市民派向けのブログもあります。こちらCafe_CReAM モノ語り)。


これまでの思いが実現したのが、2006年11月から、2期6年半在職した尾鷲市議会議員でした。3期目の挑戦には苦杯しましたが、貴重な実体験をさせていただき、条例の制定を中心にした議会改革や、市民活動で培った政策提言を直接できる立場として、負託の重さを実感することができました。

また、尾鷲市議として負託をいただいてからは、この地域ではいち早く、議員活動をお知らせする手段の一つとして、このブログを活用しました。当時のことも含め、日々私が何を感じ、何を考えているかを綴る活動報告にもなっています。なお、2014年5月1日からは、三重県熊野市議会議員として、あらたな1歩を踏み出します。

ときには辛口の意見もありますが、東紀州における公益や市民益を考える一人の意見として読んでいただければ幸いです。

質問や批評など、ご意見がございましたら、下記宛にお願いします。何かしらの方法で、きちんと対応させていただきます。ただし、ブログのコメントには、できる限り返答をいたしますが、端無自身の裁量になることをお許し下さい。

◆ブログ管理者
 未来874事務室
 熊野市飛鳥町佐渡462番地
 0597-84-1033
 kurage874@cream.plala.or.jp 

なお、たくさんの意見や考えをお聞かせ願いたいので、直接にお会いすることも可能です。日程調整などしますので、その旨をお伝え下さい。

facebookやtwitterにも登録しています。よろしくお願いします!

カテゴリ

プロフィール
議会活動の予定
コラム「温故知新」
端無の一般質問
定例会の報告
臨時会の報告
委員会等報告
議会改革報告
防災とまちづくり
教育とまちづくり
福祉とまちづくり
観光とまちづくり
住民自治を考える
産業振興を考える
公益行事への出席
地域の活動を知る
東紀州はひとつに
 
 
 
 
 
 
 
 

twitter

最新の記事

一般社団法人熊野レストレーシ..
at 2017-09-23 09:10
三重県熊野市議会議員【はなし..
at 2017-09-23 09:00
1年前を振り返る日、新たな決..
at 2015-04-20 14:58
熊野市の地方創生(移住交流編..
at 2015-03-14 17:29
議会が一枚岩になるということ
at 2015-03-03 00:41
【12月定例会の一般質問】熊..
at 2014-12-11 16:18
【丹レス主催】大杉の伐木と霊..
at 2014-11-10 13:17
これからの地方自治体
at 2014-10-30 14:14
【丹波水害復興支援_霊山寺と..
at 2014-10-30 09:52
【丹波水害支援_床下対応メイ..
at 2014-10-21 10:29

以前の記事

2017年 09月
2015年 04月
2015年 03月
more...

検索

その他のジャンル