ブログへのコメントについて

 私のブログは、コメントが自由に書けるようになっています。

 コメントを書いてくださることに対して、とくに制限もないので、ネットワーク・エチケット(ネチケット)を守っていただければ、コメントの削除はいたしません。それは、私に対しての批判や批評も含めてです。今まで、特に私から記載をしない限り、コメントは削除したことがありません。しかし、削除に該当するもの、たとえば、アダルトサイト関係や、私のブログに対して全く脈絡の無いものなど(勧誘など)は、こっそりと削除し、IP拒否やURL拒否の設定をしています。

 このことは、最初に議員としてのブログ始めるときや、途中のコメントが、私に対して誹謗中傷に近い表現が増えてきたときにも告知しましたが、これらも含めて削除などしておりません。また、全てのコメントに対して、私の都合で、返答をしたりしなかったりしています。ときには、コメントの代わりに、ブログ記事として投稿するときもあります。

 しかし、私がルールをつくっても、コメントする側のモラルとか信条などがあるので、これを法的に規制するとかできないし、あくまで私はお願いするだけです。しかし、最近のニュースでも知られるように、ブログへのコメントが社会問題になっています。その証拠に、コメントが法律的にNGな表現ですと、投稿者の身柄拘束までの時間が短くなってきています。これは、プロバイダーやインターネットサイト運営側の協力の賜物ですが、それだけ問題化しているとも考えられます。

 私へのコメントは、そのような事態にまで発展していませんが、ちょっとした気がかりはあります。たとえば、ほぼ間違いなく同じ投稿者なのに、名前(投稿名)をいくつも変えてコメントを書き、あたかも複数が批判や批評をしているように装ったり、ほぼ同じ投稿者が、自作自演をやって、激賞と批評をしたりすることです。男性と取れるコメントと、女性と取れるコメントを使い分けるほぼ同じであろう投稿者もおり、画面を見て失笑することもしばしばです。

 これらは、インターネットの匿名性を過信していることもあるかも知れませんが、管理者側からは、だいたいがネタバレしています。黙っておくほうが、なんらかのときに、投稿者の不利益にもなろうかと考えますが、あまりにも稚拙に感じます。できれば、正々堂々と批判や批評をしていただけると、私にとって肝が冷えることもありますので、次に繋がりつなげることができます。

 といっても、バレていることがわかってやっている場合もあるかも知れないので、今後も特に規制する意識はありません(ときには、こうして書きますが…)。しかし、もしも例に挙げたような投稿者が、尾鷲に住んでいる方だとすれば、自分の考えや尾鷲の将来像を、自身のブログなどを立ち上げて主張していくほうが、尾鷲のためになるかと考えます。私の考えと相反していたとしても、それが尾鷲の将来を繋いでいく考えであれば、どこかでコミットする時や機会もあるでしょう。

 今の尾鷲には、目的地までの道順でゴタゴタするのではなく、これを目的地に向かう複数の手段として考えて、ともに今の尾鷲には何が必要で、何を改善するべきかを、目的地へと向かう原動力として切磋琢磨する力が必要です。そのなかで、最短距離がはっきりするのであれば、その道にまい進するだけではないでしょうか?

 尾鷲の先人たちが、私たちの世代のときに感じていた尾鷲は、今や過去の栄光です。景気が回復せず、日本全体が沈んだような暗い雰囲気は、戦後からの留まることを知らなかった成長に、たくさんの試練を一度にぶつけてきたようでもあります。尾鷲も例外ではなく、たとえば尾鷲から企業がなくなることで、約2500万円もの交付金が打ち切りとなります(石油貯蔵施設立地対策交付金のこと)。

 私たちが、次の世代に繋いでいくには、先人たちが築いてきた尾鷲での苦労を共有するとともに、日本だけでなく、世界情勢を視野に入れながら、地球規模の中の尾鷲の在り方を論議していくことです。いまや、隣の家や身近な店舗と比較して論じるだけでは、尾鷲は世界の中で貧しい国(自治体)になってしまいます。いつまでも、日本が先進国であるから、尾鷲も日本だとお座なりにしていると、地方と都市の格差は開いていきます。ここに、政権交代の機運が、地方でも沸き起こっているのかも知れません。

 コメントの話題から飛躍してしまいましたが、ブログを見てコメントをいただけるのは、それが批判や批評であっても嬉しいものです。何も無いというのが、何も感触を得ないと言うことなので、皆さまのコメントが、私の考えを左右するひとつの手段にもなり得ます。しかし、今の尾鷲の情勢の中で…と言う気持ちがあったので、今回はコメントについて記事にしました。

 尾鷲市議会議員として、今の私は必死です。日々考えることの多くが、いち市民としての端無が、他の市民とともに尾鷲でつつましくも将来像をもって生活していくには、市議会議員の端無は何をすべしかです。市民生活と議員生活が表裏一体でなければ、私が市議会議員として存在する意義がなくなります。

 私の市民性が失われていないかも含めて、コメントは全て保存し、読み返すときもあります。そのいくつかのなかで、議会や委員会の場で発言するまでに至った内容もあります。今後の私のブログも、表裏一体で更新していきますので、私からのルールを頭の片隅においてもらいながら、切磋琢磨できるコメントをよろしくお願いします。

 何も考えていない安直なコメントは、私のブログでは無いように感じています。日々何かを考え、それが私と相反するから、批判や批評に繋がっていると信じています。
 
 それもちゃんと、私の原動力になっています。

 ありがとうございます。
by owase874 | 2009-02-06 11:43 | コラム「温故知新」


市民活動の延長線上に、市民目線の政治があると考えています。


by kumano874

プロフィールを見る

ご挨拶とブログの概要

当ブログに来ていただきありがとうございます。私が政治に関心をもったのは、災害現場でボランティアとして活動しているときに、どうしても市民活動・NPO活動だけでは届かない声があると感じてからです。1995年の、阪神淡路大震災のときです。それ以降、政策提言できる市民活動を合言葉に、さまざまなことを実践しています(市民派向けのブログもあります。こちらCafe_CReAM モノ語り)。


これまでの思いが実現したのが、2006年11月から、2期6年半在職した尾鷲市議会議員でした。3期目の挑戦には苦杯しましたが、貴重な実体験をさせていただき、条例の制定を中心にした議会改革や、市民活動で培った政策提言を直接できる立場として、負託の重さを実感することができました。

また、尾鷲市議として負託をいただいてからは、この地域ではいち早く、議員活動をお知らせする手段の一つとして、このブログを活用しました。当時のことも含め、日々私が何を感じ、何を考えているかを綴る活動報告にもなっています。なお、2014年5月1日からは、三重県熊野市議会議員として、あらたな1歩を踏み出します。

ときには辛口の意見もありますが、東紀州における公益や市民益を考える一人の意見として読んでいただければ幸いです。

質問や批評など、ご意見がございましたら、下記宛にお願いします。何かしらの方法で、きちんと対応させていただきます。ただし、ブログのコメントには、できる限り返答をいたしますが、端無自身の裁量になることをお許し下さい。

◆ブログ管理者
 未来874事務室
 熊野市飛鳥町佐渡462番地
 0597-84-1033
 kurage874@cream.plala.or.jp 

なお、たくさんの意見や考えをお聞かせ願いたいので、直接にお会いすることも可能です。日程調整などしますので、その旨をお伝え下さい。

facebookやtwitterにも登録しています。よろしくお願いします!

カテゴリ

プロフィール
議会活動の予定
コラム「温故知新」
端無の一般質問
定例会の報告
臨時会の報告
委員会等報告
議会改革報告
防災とまちづくり
教育とまちづくり
福祉とまちづくり
観光とまちづくり
住民自治を考える
産業振興を考える
公益行事への出席
地域の活動を知る
東紀州はひとつに
 
 
 
 
 
 
 
 

twitter

最新の記事

一般社団法人熊野レストレーシ..
at 2017-09-23 09:10
三重県熊野市議会議員【はなし..
at 2017-09-23 09:00
1年前を振り返る日、新たな決..
at 2015-04-20 14:58
熊野市の地方創生(移住交流編..
at 2015-03-14 17:29
議会が一枚岩になるということ
at 2015-03-03 00:41
【12月定例会の一般質問】熊..
at 2014-12-11 16:18
【丹レス主催】大杉の伐木と霊..
at 2014-11-10 13:17
これからの地方自治体
at 2014-10-30 14:14
【丹波水害復興支援_霊山寺と..
at 2014-10-30 09:52
【丹波水害支援_床下対応メイ..
at 2014-10-21 10:29

以前の記事

2017年 09月
2015年 04月
2015年 03月
more...

検索

その他のジャンル