市民サービス課の予算審査

 市民サービス課は、市役所1階に窓口がある、市民にもっとも近い課のひとつです。

 最初の審査は、議案第1号、平成21年度尾鷲市一般会計予算の議決についてです。

 第2款総務費、第1項総務管理費の中の第1目のうち、住基カードの発行もしている住民基本台帳ネットワーク機器借上料として、249万3千円が計上されています。このネットワークは、国と地方自治体との温度差が激しいであろう施策のひとつですが、総務省が発行している一般向けのPRチラシをみても、「これでメリットはわからないでしょう。」との気持ちです。
e0105019_17241253.jpg


 私は、e-Taxの関係で、写真無しの住基カードを発行していただいていますが、平成15年8月の12枚を皮切りに、現在までに562枚を発行しています。この数に見合うだけの住民サービスが得られているかが疑問ですが、このような国の施策も、地方自治体は予算化しなくてはならない現状があります。

 また、第10目生活相談費は、市民向けの無料法律相談に充てられる予算(67万2千円)ですが、月1回、2名の弁護士が隔月で6回担当しており、年間108件ほどの処理をしているそうです。無料だけに、限られた時間ですが、このような市民サービスの必要性は、本当に困っている人にとっては藁にもすがる思いもあるはずなので、もっと国としての施策に期待したいところもあります。

 第4款衛生費、第3項環境衛生費、第2目環境調査対策費のうち、浄化槽普及促進事業費3465万7千円ですが、平成17年度からの5ヵ年計画の最終年度は、整備する浄化槽の数も20%アップとのことでした。また、この事業費は、国、県、市の3分の1づつの負担で、5人槽78基、7人槽7基、10人槽3基が想定されています。頂いた資料を見る限りでは、平成19年度末における、尾鷲市の生活排水処理施設の整備率は17.7%と、県下29市町のなかでは28番目でした。なんとも低い数値に驚きますが、未整備な下水道など、海の魚を売りにしながらも、家庭排水や下水は海にたれ流しの状態を危惧するところです。
 私の住んでいる借家は、トイレは自然浄化槽ですが、生活排水は海まで一直線です。ことあるごとに気にしながらも、取り組む環境の難しさも痛感しています。しかし、自然環境を考え、海業を継続していく上でも、施策として「やる」必要性を強く感じます。

 また、第6目の廃棄物政策費のうち、環境保全対策事業の猫避妊等手術費補助金15万円ですが、まず愛猫家や動物愛護の観点からみれば、猫が廃棄物政策費とは哀れなことです(私も実家で猫を飼っています)。この内訳は、メス猫4千円、オス猫2千円の避妊・去勢手術費の補助金です。実際には、メス猫2万円、オス猫1万円くらいの手術費がかかるので、補助は気休め程度です。
e0105019_18341673.jpg
このネコは飼い猫です


 それ以上に問題なのが、尾鷲市における猫の引き取り頭数の多さです。尾鷲保健所管内の資料をみれば、平成17年度の726頭を筆頭に、今年度は1月の時点で407頭です。また、平成19年度の実績559頭は、人口比処分率で72人に1頭と、県下で最も猫の処分がされていることになります(尾鷲管内なので、尾鷲市と紀北町の合算になります)。
 猫は犬と並ぶペットだけに、ワースト記録をつくり続けていることは、自治体としていかがなものかと感じます。何よりも、この現状を、市として把握し、対策していないのは問題であると訴えました。これも、自治体によっては、住民による野良猫の地域猫化や、施策として対策しているところもあります。最近では、三重大学内で猫との共生を目指すねこサーが話題になりました。

 このほか、議案第2号、第3号、第4号の特別会計予算の議決では、国民健康保険事業の29億3441万円、老人保健医療事業の454万2千円、後期高齢者医療事業の5億3474万6千円と、額面の大きな予算を審査しました。
 また、議案第8号、平成20年度の尾鷲市一般会計補正予算の議決のうち、追加議案となった定額給付金事業についても審査し、5月下旬の振り込みを想定しているとのことでした。しかし、地域振興券など、何らかの付加価値をつけることなどは、想定していないとのことでした。これを施策と捉えて、行政がテコ入れしている自治体もあるだけに、残念な気がします。
by owase874 | 2009-03-19 18:30 | 定例会の報告


市民活動の延長線上に、市民目線の政治があると考えています。


by kumano874

プロフィールを見る

ご挨拶とブログの概要

当ブログに来ていただきありがとうございます。私が政治に関心をもったのは、災害現場でボランティアとして活動しているときに、どうしても市民活動・NPO活動だけでは届かない声があると感じてからです。1995年の、阪神淡路大震災のときです。それ以降、政策提言できる市民活動を合言葉に、さまざまなことを実践しています(市民派向けのブログもあります。こちらCafe_CReAM モノ語り)。


これまでの思いが実現したのが、2006年11月から、2期6年半在職した尾鷲市議会議員でした。3期目の挑戦には苦杯しましたが、貴重な実体験をさせていただき、条例の制定を中心にした議会改革や、市民活動で培った政策提言を直接できる立場として、負託の重さを実感することができました。

また、尾鷲市議として負託をいただいてからは、この地域ではいち早く、議員活動をお知らせする手段の一つとして、このブログを活用しました。当時のことも含め、日々私が何を感じ、何を考えているかを綴る活動報告にもなっています。なお、2014年5月1日からは、三重県熊野市議会議員として、あらたな1歩を踏み出します。

ときには辛口の意見もありますが、東紀州における公益や市民益を考える一人の意見として読んでいただければ幸いです。

質問や批評など、ご意見がございましたら、下記宛にお願いします。何かしらの方法で、きちんと対応させていただきます。ただし、ブログのコメントには、できる限り返答をいたしますが、端無自身の裁量になることをお許し下さい。

◆ブログ管理者
 未来874事務室
 熊野市飛鳥町佐渡462番地
 0597-84-1033
 kurage874@cream.plala.or.jp 

なお、たくさんの意見や考えをお聞かせ願いたいので、直接にお会いすることも可能です。日程調整などしますので、その旨をお伝え下さい。

facebookやtwitterにも登録しています。よろしくお願いします!

カテゴリ

プロフィール
議会活動の予定
コラム「温故知新」
端無の一般質問
定例会の報告
臨時会の報告
委員会等報告
議会改革報告
防災とまちづくり
教育とまちづくり
福祉とまちづくり
観光とまちづくり
住民自治を考える
産業振興を考える
公益行事への出席
地域の活動を知る
東紀州はひとつに
 
 
 
 
 
 
 
 

twitter

最新の記事

1年前を振り返る日、新たな決..
at 2015-04-20 14:58
熊野市の地方創生(移住交流編..
at 2015-03-14 17:29
議会が一枚岩になるということ
at 2015-03-03 00:41
【12月定例会の一般質問】熊..
at 2014-12-11 16:18
【丹レス主催】大杉の伐木と霊..
at 2014-11-10 13:17
これからの地方自治体
at 2014-10-30 14:14
【丹波水害復興支援_霊山寺と..
at 2014-10-30 09:52
【丹波水害支援_床下対応メイ..
at 2014-10-21 10:29
【東皐寺復興支援&クールダウ..
at 2014-10-09 11:23
【丹波水害復興支援】東皐寺、..
at 2014-09-26 12:31

以前の記事

2015年 04月
2015年 03月
2014年 12月
more...

検索

その他のジャンル