カテゴリ:公益行事への出席( 58 )

尾鷲人権トップセミナーから政策を創造する

 今日の午後、県民センターで開催された尾鷲人権トップセミナーに参加しました。
e0105019_192355.jpg


 講師をしていただいた、近畿大学の北口末広教授は、私が近畿大学在学中に、人権関係の講義を受けた記憶があります。今日の参加者は、自治体関係者や教育関係、議会議員が主だったので、どのようなセミナーになるのかが楽しみでした。

 時間になって始まると、短い時間で、要点を的確に話され、出席者を巻き込んでの講義は、まさに学生を飽きさせない手法といっていた通りの話術でした。この点だけでも、大いに参考になるセミナーでした。

 人権講和については、意識や差別・被差別の関係性を変えると言う話に共感しました。関係性を変えることは、凝り固まった思考を持っていると苦労しますが、常に柔和な思考でいることで、どちらの関係でも考えられ、対応できることを再確認しました。また、関係性を変える政策創造については、財政・人材・情報と言う政策三要素を自分で見出していくことにも発見がありました。

 内容的には難しい話題でしたが、例など挙げて説明していくので、自分に置き換えて考えたり、他人の気持ちになったりして考えることで、理解できることが多かったです。このような話は、ただ単に人権にとどまる内容では無いので、応用の利くセミナーだと感じました。
by owase874 | 2009-02-10 19:25 | 公益行事への出席

第51回尾鷲市成人式

 暦の上では、今日が成人式ですが、尾鷲市の成人式は昨日でした。
e0105019_8162845.jpg


 開始間際より、一部の成人たちによるちょっとした騒がしさがありましたが、アルコール臭もしていたので、来賓席の隣となる前列に座っていたために、「騒動までになると行動してしまうので、滞りなく終わってい。」との気持ちが加わった式となりました。結果としては、中学校の元担任でもあった先生が付きっ切りで対応していたこともあり、頭の下がる思いで終わりました。

 しかし、来賓挨拶においても、奥田市長や津村県議の言葉には、騒がしい彼らに向けたメッセージを感じる内容だったので、彼らの同級生でもある実行委員会がつくりあげた成人式を成功させるためにも、また、彼ら自身に「二十歳という社会的責任」を伝えたい気持ちを感じました。私の思い過ごしかも知れませんが、対照的だった2人の挨拶は、どちらも感じのよいものでした。

 全体的な感想には、特筆すべきことはありませんが、参加者に配られた記念品などの手提げ袋には、「尾鷲ヤーヤ便」や「ふるさと納税」関係のパンフやチラシが見当たらなかったので、「ほとんどが尾鷲市以外で生活している年代なので、義務的な資料ばかりでなく、尾鷲市を伝えていくようなチラシもあればよかったのでは?」と感じました。
by owase874 | 2009-01-12 08:47 | 公益行事への出席

最近、来賓として出席したイベント

 10月から11月にかけて、この地域はイベントが続きます。

 来賓として出席したイベントは以下の通りです。
e0105019_21472739.jpg
聖光園の運動会


 先だっては、長寿園の運動会にも出席してきました。
 聖光園も、長寿園も、若いスタッフが多いです。
 また、スタッフ全員参加の熱気がありました。

 今日は、交通安全と吹奏楽の集いに出席しました。
 各校の吹奏楽が素晴しく、溢れる若い力を体感しました。何かに打ち込むと言うのは、素晴しい力を生み出し、見ている私たちにも分け与えてくれます。
e0105019_156389.jpg
尾鷲高校


e0105019_21504277.jpg
尾鷲高校・尾鷲中学校合同


e0105019_215073.jpg
尾鷲高校・尾鷲中学校合同


e0105019_21511175.jpg
木本高校


e0105019_21513649.jpg
三校合同


 久々に、心躍るような体験をさせていただきました。
by owase874 | 2008-11-02 21:59 | 公益行事への出席

長茂会の合同夏祭り

※写真はカメラを忘れたためにありません…残念

 今年も、長茂会の合同夏祭りにお邪魔しました。

 長茂会には、130名を越える職員がいるそうで、お揃いの浴衣を着た職員たちが、尾鷲節や東京音頭の踊りを披露してくれました。「練習しているんですよ」という話を以前に聞いていただけに、多くの人が踊る姿は見ごたえがあります。また、職員の気遣いや対応の丁寧さも、毎回のごとく感心させられます。

 心配されていた雨も降ることなく、夏祭りらしいアットホームな時間を過ごしました。やっぱり夏祭りは、縁日と踊りがセットだと雰囲気がでます。
by owase874 | 2008-08-08 10:18 | 公益行事への出席

木と魚で原点に返る日~母親大会に参加して~

 三木里での海開きのあと、紀北町海山区で開催された母親大会に行ってきました。

 講演会には、速水林業の速水亨さんが出るとあって、友人と参加しました。
e0105019_0225737.jpg
オープニングイベント


e0105019_023372.jpg
速水亨氏の講演会


 速水亨さんとは、2004年の旧海山町での豪雨災害後のボランティア活動でお世話になったことがあり、そのときに、「高い上空からこの地域を見ている人がいるんだな。」って圧倒された記憶が残っています。

 今日の講演会も、この地域が見過ごしている、この地域でしかできないような切り口を話されており、本当にこの地域とのコミットができれば、埋もれていることがドドドって動くんじゃないかなと感じました。まあ、ここが、地域性や多様性などで難しいところなんですが…

 しかし、市有林を広大に抱える尾鷲市を考えたとき、「無計画に売却や管理委託するよりも、これを生きた財産として活用する手立てがあるはず。」って考えています。少し前に、若い林業技師と会話する機会があって、彼自身も、「木で食っていける可能性は十分にあります。」って言葉への自信が、今でも頭に残っています。

 森を育てていくことが、海を育てることにつながり、食を支えることも可能だと本気で考えているので、その両方を手にしている尾鷲市の可能性は、切り口さえしっかりとすれば、有益な財産として活用できる気がしてなりません。

 講演後の速水亨さんとの会話でも、そのきっかけとなりそうな言葉を聞くことができました。私ができることは、この言葉の延長線上を、どうこの地域とコミットしていけるカウンターパートになるかだと感じています。

 木と魚で生計を立ててきたこの地域にとって、原点に立ち返る時が来ているのではないでしょうか?
by owase874 | 2008-07-07 00:43 | 公益行事への出席

三木里の海開きと、まちが抱えている問題について

 三木里の海開きへ行ってきました。
e0105019_11592593.jpg
歓迎のヘリコプター


e0105019_11595299.jpg
神事が始まる


e0105019_1203389.jpg
熊野鬼城太鼓


 滞りなく神事も終わり、アトラクションなどのイベントにうつりました。今日のような蒸し暑い日は、泳ぐには最適ですが、日焼けや熱中症には要注意です。
e0105019_1222157.jpg
今年の入り客は…


 奥田市長の挨拶では、「高速道路のおかげで、今年は海水浴客の増加が見込まれる。大変に感謝している。一方では、高速によって自然が破壊される現実もある。しかし、最小限にとどめておくことが大事で、それを越えるようなことがあってはならない。」と、八十川の搬入土砂問題を間接的に取り上げていました。

 それまで、地元紙や関係者などから、かなり高揚した市長の様子が取りざたされていたので、今日の式典の動向に注目していましたが、めでたい席ということもあってか冷静でした。この問題では、議員団として、私もインター線の視察などに行ってますが、解決の道に向かっているのか、ただ単に協議や会議ばかりをしているのかなど、市議会で直接議論される案件でないこともあって、不明確な部分が多い気がします。
e0105019_115821100.jpg
問題とされている立て看板と、搬入土砂にかけられたブルーシート(本日撮影)


 この八十川問題を客観的にみている私としては、

 「三者協議会の内容や決定事項は尊重する。」
 「これに先立って、監督責任の県には、三木里住民の理解と納得を得られるよう努力と反省を求める。」
 「市長には、尾鷲市民としての利益を考えて、三木里住民だけでなく、尾鷲市民の総意の元で冷静な行動に務めていただく。」
 「現在、三木里で問題となっている経緯や今後のスケジュールを広報(公開)する。」

以上のことを考えています。

 宣言どおり、国道311号線に面した立て看板は、一箇所が完全撤去されていましたが、町内全てとはなっておらず、国道の北側1箇所2枚と、三木里駅から海岸に出る道路沿いには、立て看板が6枚ほど残っていました(一部は別の会ですが)。これを見た感想としては、「苦しんでいる住民がいる。」との気持ちもありますが、「観光客にはマイナスイメージだろう。」です。

 奥田市長が血相を変えてまで主張していることは一理あります。しかし、個人の主観だけでは、自治体の長としては独善的にも見えてしまいます。行政がしなければならないことは、正確な情報提供と公開・広報です。現状や今後の様子をつぶさに伝えてくれるだけで、住民には大きな判断材料になります。

 このままでは、「市長が嫌いだから…、市長を応援しているから…」との判断になってしまい、本末転倒な結果を招きません。同じようなことが、親戚や身内を含めた三木里町内でも起こっているとの話も耳にしました。

 解決の糸口は、自ずと見えているはずです。それに向かって、それぞれがしなければいけないことを優先させるのが、何よりも大切ではないでしょうか?
by owase874 | 2008-07-06 12:43 | 公益行事への出席

尾鷲市戦没者追悼式に参列する

 第13回目となる、尾鷲市戦没者追悼式に参列しました。
e0105019_11552072.jpg


 第二次世界大戦より63年が経過し、戦前・戦中を体験した人たちが超高齢化していく中で、「もはや戦後ではない」とも言われた1950年代半ばからみても、かなりの時間が経過しています。それは、今日のような追悼式でも顕著に表れており、「いつまで参列できるだろうか…」との声も漏れ聞こえてきました。

 私のような戦後に生まれた、それこそ戦争とは無縁な世代にとって、戦争番組や学校現場周辺で見聞きすることだけが戦争でした。しかし、今日のような追悼式で、「私の兄弟はビルマで戦死したんさ。」との生の声を聞くと、学んできた戦争と強烈に結びつきます。その無念さや苦しみを考えると、かける言葉に詰まりました。

 「戦後レジームからの脱却」とは、安部前首相の「美しい国論」でした。戦後からの脱却は、政治体制としてはできるかもしれませんが、「日本が大きな戦争し、大きな犠牲を伴った事実」は、いつまでも消えることはなく、「命に対する清算と反省」は、現在の私たちにも与えられた戦後の課題かもしれません。

■尾鷲湾での襲撃
 第二次世界大戦末期の1945(昭和20)年7月28日午前5時45分、本土決戦に向けて尾鷲湾に停泊していた艦艇が、アメリカ空軍のグラマンによって襲撃されました。午後4時ごろまでの間に、海防艦「駒橋」などが次々と沈没し147名の戦死者を出しました。当時の話を聞くと、現在の尾鷲小学校に死傷者が運ばれ、30数名しか生き残れなかったということです。
e0105019_12391811.jpg
駒橋


 この地域の小学校などでは、戦争を体験する学習で学んでいるそうですが、当時を知る人たちも高齢化しています。生の声を聞くことが難しくなってきているだけに、身近に感じられる教材としても、資料や体験談の保存が望まれます。
by owase874 | 2008-06-22 12:48 | 公益行事への出席

長茂会地域交流運動会に来賓出席しました

 第4回目となる、長茂会主催の地域交流運動会がありました。
e0105019_14521581.jpg


 65歳以上の年配者に参加資格があり、競技には多くの参加者が出場していました。

 私は、11時より所要があったので中座しましたが、高齢者にとってこのような体を動かす機会があることは、張り切っている姿を見ると大事だなあと感じました。
by owase874 | 2008-06-02 14:56 | 公益行事への出席

さらりと誇れるような『夢古道の湯』を応援します

 夢古道の湯竣工式に参加してきました。
e0105019_12304611.jpg
議長の挨拶


 乾杯では、「ご紹介に挙がりました、地域振興対策特別委員長の端無徹也です。ようやく、ようやくに、今日のこの日を迎えることができました。尾鷲市議会においても、議論に、議論を重ねた施設になります。今後は、いち利用客としても、この施設を支えていきます。皆さまのご協力もよろしくお願いします。それでは、乾杯いたします。乾杯。」と、挨拶させていただきました。
e0105019_12225540.jpg
三鬼和昭議員より提供


 乾杯の挨拶は、以前から聞いていましたが、来賓祝辞などを聞いてから即興で考えました。乾杯の音頭なので短くするのと、市議会でも議論を重ねた結果は強調したかったので、その気持ちが伝われば目的達成です。今回はたまたま委員長としてでしたが、この施設にかかる議論の中心は、前委員長の南議員のときに熱い議論が交わされした。当時の私は副委員長としてでしたが、執行部と議会(委員会)を仲立ちする意味でも、貴重な体験をさせていただきました。
e0105019_12312420.jpg
眺望も抜群!


 その後、施設内部を見て周り、たまたま居合わせたサカグチ設計企画の坂口さんに案内をしていただきました。屋根の高さを抑えた外観や、尾鷲湾とつながっているように錯覚する湯船、渋いデザインのトイレなど、こだわって設計している点を説明していただきました。
e0105019_12321895.jpg
取材陣も多数!


 浴室も予想以上に広く、天狗倉山を望む距離感と相まって開放感があります。また、露天風呂には、信楽焼のカメ風呂が大小2つあります。ラウンジ内で、ソフトクリームが食べられるのも大きなポイントになるでしょう。やがて、しお学舎の塩ソフトなどが発売されれば、特産品の紹介にもなります。
e0105019_1234412.jpg
十分な広さ!


 待ち遠しいオープンは、まもなくの11日(金)です。しばらくは、利用客でごった返すかもしれませんが、私自身も息の長い支援をしつつ、「人が来ない」と言われないような経営努力にも注目していきます。もちろん、その延長線上には、尾鷲市民の協力も不可欠です。

※竣工式を書いている、津村県議、南議員、三鬼和昭議員、北村議員のブログにトラックバックしています。
by owase874 | 2008-04-09 12:38 | 公益行事への出席

矢ノ浜浄水場の竣工式

 冷たい風の吹く中、矢ノ浜浄水場の竣工式に参加しました。
e0105019_16291796.jpg


e0105019_16292942.jpg


e0105019_16294698.jpg


 平成15年からの5ヵ年事業として、総工費20億4500万円が投じられました。日常業務だけでなく、災害時にも強い浄水場として、市民の期待に応えられるような堅牢な造りとなっていました。

 来賓として挨拶した、津村県議の言葉にも、「まちづくりには、まずは地元住民の生活環境が重要」とあったように、また、乾杯の挨拶をした村田総務産業常任委員長の「災害・津波に強い浄水場は、ライフラインの要として必要不可欠」の言葉にも、この浄水場の意義は高く評価されていると感じました。

 ただ、現状の水道利用の減少に対して、これだけの投資に対する水道料金の値上げなどが懸念されるので、今後の推移を見守らなければと考えています。
by owase874 | 2008-02-14 16:47 | 公益行事への出席


市民活動の延長線上に、市民目線の政治があると考えています。


by kumano874

プロフィールを見る

ご挨拶とブログの概要

当ブログに来ていただきありがとうございます。私が政治に関心をもったのは、災害現場でボランティアとして活動しているときに、どうしても市民活動・NPO活動だけでは届かない声があると感じてからです。1995年の、阪神淡路大震災のときです。それ以降、政策提言できる市民活動を合言葉に、さまざまなことを実践しています(市民派向けのブログもあります。こちらCafe_CReAM モノ語り)。


これまでの思いが実現したのが、2006年11月から、2期6年半在職した尾鷲市議会議員でした。3期目の挑戦には苦杯しましたが、貴重な実体験をさせていただき、条例の制定を中心にした議会改革や、市民活動で培った政策提言を直接できる立場として、負託の重さを実感することができました。

また、尾鷲市議として負託をいただいてからは、この地域ではいち早く、議員活動をお知らせする手段の一つとして、このブログを活用しました。当時のことも含め、日々私が何を感じ、何を考えているかを綴る活動報告にもなっています。なお、2014年5月1日からは、三重県熊野市議会議員として、あらたな1歩を踏み出します。

ときには辛口の意見もありますが、東紀州における公益や市民益を考える一人の意見として読んでいただければ幸いです。

質問や批評など、ご意見がございましたら、下記宛にお願いします。何かしらの方法で、きちんと対応させていただきます。ただし、ブログのコメントには、できる限り返答をいたしますが、端無自身の裁量になることをお許し下さい。

◆ブログ管理者
 未来874事務室
 熊野市飛鳥町佐渡462番地
 0597-84-1033
 kurage874@cream.plala.or.jp 

なお、たくさんの意見や考えをお聞かせ願いたいので、直接にお会いすることも可能です。日程調整などしますので、その旨をお伝え下さい。

facebookやtwitterにも登録しています。よろしくお願いします!

カテゴリ

プロフィール
議会活動の予定
コラム「温故知新」
端無の一般質問
定例会の報告
臨時会の報告
委員会等報告
議会改革報告
防災とまちづくり
教育とまちづくり
福祉とまちづくり
観光とまちづくり
住民自治を考える
産業振興を考える
公益行事への出席
地域の活動を知る
東紀州はひとつに
 
 
 
 
 
 
 
 

twitter

最新の記事

1年前を振り返る日、新たな決..
at 2015-04-20 14:58
熊野市の地方創生(移住交流編..
at 2015-03-14 17:29
議会が一枚岩になるということ
at 2015-03-03 00:41
【12月定例会の一般質問】熊..
at 2014-12-11 16:18
【丹レス主催】大杉の伐木と霊..
at 2014-11-10 13:17
これからの地方自治体
at 2014-10-30 14:14
【丹波水害復興支援_霊山寺と..
at 2014-10-30 09:52
【丹波水害支援_床下対応メイ..
at 2014-10-21 10:29
【東皐寺復興支援&クールダウ..
at 2014-10-09 11:23
【丹波水害復興支援】東皐寺、..
at 2014-09-26 12:31

以前の記事

2015年 04月
2015年 03月
2014年 12月
more...

検索

その他のジャンル