カテゴリ:産業振興を考える( 33 )

第2回 地域振興対策特別委員会

 21日の10時から、第二・三委員会室で開催されました。

 副委員長を務めていますので、議員の発言や執行部の説明や答弁に耳を傾けることが多いのですが、2回の委員会で、海洋深層水活用型温浴施設の概要が決まってしまうので、施設の規模、予算と財政など、多くの意見が出ました。

 開催が少ない委員会で、議論が出尽くしたとは言いがたいのが事実でしょうが、交付金も合わせて2億1千万円もの施設に投資するわけですから、市民の利益に繋がり、投資分の元が取れるような運営に期待するばかりです。それには、施設内の浴槽の広さやレイアウトの議論だでなく、予算と財政の議論が、もう少し活発に出てもよかったのかなと感じました。

 その中で、村田議員や三鬼和昭議員の発言は、予算と財政についてだったのですが、執行部の答弁は、満足いくものではなかった気がしました。2億1千万円の議論をしながら、当初予算で、1億7千万円を計上し、6月の補正予算で残りを計上する手法が、市民に対してどう説明していいものかと考えました。また、紀伊長島区の古里地区にある古里温泉を目標にしているという、年間入場者数65,000人についても、この算定で、収支報告で赤字にならないのかも、疑問に残るところではなかったのではないでしょうか?

 今日の審査を持って、この予算については、3月定例会で上程されます。
by owase874 | 2007-02-23 16:01 | 産業振興を考える

海洋深層水活用型温浴施設基本計画について

 特別委員会は、全員が委員なので、10時には全員が揃いました。

 三重県立熊野古道センターの地域振興ゾーンに位置し、夢古道おわせと名づけられた、地域の物産館やレストランとなる地場特産品情報交流センター(旧平山邸)との間に建設が予定されている、海洋深層水活用型温浴施設について議論が交わされました。

 この計画自体は、私が議員になる前から、以前の特別委員会で構想が議論されていたこともあり、基本計画や大まかな設計案などが出来上がっている状態です。指定管理者である、商工会会員で組織された企業(熊野古道おわせ)との話し合いも、数回重ねている段階での議論でした。

 この審査は、私も委員である、総務産業常任委員会において付託されていたこともあり(現在は、特別委員会での審議となり、常任委員会では取り扱わなくなりました)、12月の常任委員会では、施設の模型と共に示された基本計画の事業費は、1億5千万円でしたが、今回A案とB案で示された設計図の事業費は、それぞれ1億7千万円と2億1千万円でした。指定管理者との意見交換や、常任委員会での要望なども踏まえて考えた結果が、事業費の引き上げに繋がったようです。

 施設の利用環境や、構造的な改善や景観保護なども必要な審議内容ですが、事業費の引き上げは、それだけ財源の確保に負担を強いられる結果にもなります。また、機能的で拡張性が高いB案で進めたいとの意向もあるので、2億1千万円の財源確保を想定しなくてはなりません。

 B案で考えた場合、執行部の想定では、この事業費のうちの1億円は、電源立地地域対策交付金を適用し、残りを起債と尾鷲市活性化対策基金で賄うとしています。しかし、起債は借入金のことですので、尾鷲市が借金するということだし、基金は市費のことですので、事業費の負担は、市民の負担に繋がっていきます。それでも、市民にとって利用価値のある良いものになるのであれば、また、良いもの(市民益に繋がるもの)であるとの認識で進めているので、今後の展開を見守り、必要なことは議論しなくてはなりません。

 各議員からも、多くの意見や提言が出されましたが、B案ありきで進めて行く審議であれば、しかるべき立場の市長の声で、「B案で進めることが、市民にとって最良の選択です。観光元年と銘打った尾鷲市の将来のためにも、この事業は成功させる必要があります。周辺地域では尾鷲市にしかない、海洋深層水を利用したオンリーワンの温浴施設を、財政を考えた上限めいいっぱいで提案しておりますので、議会としても協力いただいて、審議していただきたい」とか言って欲しい気がします。大事な財源のこともあるので、説明員の言葉だけでなく、市長としての声が、議会を動かす原動力になる、少なくとも私はそうありたいです。もちろん、市民益を考えて、その審議を慎重にしていくのが、議員の責務だと考えています。

 次回の委員会は、2月後半に予定され、3月定例会で上程されていくことになりました。副委員長の職ですが、執行部との打ち合わせを蜜にできることもあり、より一層に客観的にも審議をみているので、今後の展開に期待しております。

※一口メモ
 A案(事業費1億7千万円)…配管は埋め込み式、内風呂はB案よりも少しだけ広いが、露天風呂の浴槽は1つ

 B案(事業費2億1千万円)…配管は、拡張性やメンテナンスもしやすいピット方式、サウナ室が設けられ、酸性またはアルカリ性などに電気分解した浴槽が可能となる、露天風呂の浴槽も大小2つ

※私の選択
 配管がピット方式なのは、初期投資が大きい課題はあるが、今後のメンテナンスを考えても採用したい(埋め込み式だと、温浴施設のように配管が縦横無尽に走る施設はメンテナンスが大変!)。サウナ室はなくてもよいが、露天風呂の大小2つの浴槽は、遊び心があってぜひ欲しい。その一つは、この地域の石材を利用した浴槽とかならないものかな。限りなくB案であるが、起債の発行率を抑えたい。基金は、市民益に直接結びつくなら、使えばいい。そういう意味での基金であるし。
by owase874 | 2007-02-08 09:47 | 産業振興を考える

地域振興対策特別委員会の選任について

 発議第2号で上程された、地域振興対策特別委員会の選任が議決され、臨時議会後の委員会で、正副委員長の互選がありました。

 投票による互選の結果、南靖久議員が委員長に互選されました。副委員長は、委員長の推薦により、私が任命されました。

 三重県立熊野古道センターの地域振興ソーンに建設予定の、海洋深層水活用型温浴施設基本計画等の精査をしていくことになります。
 
by owase874 | 2007-01-26 23:36 | 産業振興を考える


市民活動の延長線上に、市民目線の政治があると考えています。


by kumano874

プロフィールを見る

ご挨拶とブログの概要

当ブログに来ていただきありがとうございます。私が政治に関心をもったのは、災害現場でボランティアとして活動しているときに、どうしても市民活動・NPO活動だけでは届かない声があると感じてからです。1995年の、阪神淡路大震災のときです。それ以降、政策提言できる市民活動を合言葉に、さまざまなことを実践しています(市民派向けのブログもあります。こちらCafe_CReAM モノ語り)。


これまでの思いが実現したのが、2006年11月から、2期6年半在職した尾鷲市議会議員でした。3期目の挑戦には苦杯しましたが、貴重な実体験をさせていただき、条例の制定を中心にした議会改革や、市民活動で培った政策提言を直接できる立場として、負託の重さを実感することができました。

また、尾鷲市議として負託をいただいてからは、この地域ではいち早く、議員活動をお知らせする手段の一つとして、このブログを活用しました。当時のことも含め、日々私が何を感じ、何を考えているかを綴る活動報告にもなっています。なお、2014年5月1日からは、三重県熊野市議会議員として、あらたな1歩を踏み出します。

ときには辛口の意見もありますが、東紀州における公益や市民益を考える一人の意見として読んでいただければ幸いです。

質問や批評など、ご意見がございましたら、下記宛にお願いします。何かしらの方法で、きちんと対応させていただきます。ただし、ブログのコメントには、できる限り返答をいたしますが、端無自身の裁量になることをお許し下さい。

◆ブログ管理者
 未来874事務室
 熊野市飛鳥町佐渡462番地
 0597-84-1033
 kurage874@cream.plala.or.jp 

なお、たくさんの意見や考えをお聞かせ願いたいので、直接にお会いすることも可能です。日程調整などしますので、その旨をお伝え下さい。

facebookやtwitterにも登録しています。よろしくお願いします!

カテゴリ

プロフィール
議会活動の予定
コラム「温故知新」
端無の一般質問
定例会の報告
臨時会の報告
委員会等報告
議会改革報告
防災とまちづくり
教育とまちづくり
福祉とまちづくり
観光とまちづくり
住民自治を考える
産業振興を考える
公益行事への出席
地域の活動を知る
東紀州はひとつに
 
 
 
 
 
 
 
 

twitter

最新の記事

1年前を振り返る日、新たな決..
at 2015-04-20 14:58
熊野市の地方創生(移住交流編..
at 2015-03-14 17:29
議会が一枚岩になるということ
at 2015-03-03 00:41
【12月定例会の一般質問】熊..
at 2014-12-11 16:18
【丹レス主催】大杉の伐木と霊..
at 2014-11-10 13:17
これからの地方自治体
at 2014-10-30 14:14
【丹波水害復興支援_霊山寺と..
at 2014-10-30 09:52
【丹波水害支援_床下対応メイ..
at 2014-10-21 10:29
【東皐寺復興支援&クールダウ..
at 2014-10-09 11:23
【丹波水害復興支援】東皐寺、..
at 2014-09-26 12:31

以前の記事

2015年 04月
2015年 03月
2014年 12月
more...

検索

その他のジャンル