カテゴリ:地域の活動を知る( 14 )

第9回社協ふれあいフェスタ

 娘の絵も展示していると聞いて、佐渡地区の奉仕作業を早引きして行ってきました。

 初めて行ってきましたが、多様な団体さんが参画し、たくさんの人が来ていました。
e0105019_256271.jpg
一場面


 それにしても、この日の暑さは夏以上でした。湿気もあって、誰しも大変だったと思います。センターのなかでも催し物があって、逃げるようになかを見て回りました。
e0105019_2584551.jpg
娘の絵


 次の予定があったので、ここもひと通り見てあとにしましたが、やはりアスファルトの照りつけはは厳しいものがありました。この時期ではめずらしいことですが、小さな子どもも多く、高齢者や障がい者も多数参加しているので、次回は対応を考えてもいいかも知れないと感じました。しかし、社協スタッフ総出で汗をかいて奔走していたので、こういった活動は大事だなと感動しました。

 お疲れさまでした。
by owase874 | 2014-06-30 03:02 | 地域の活動を知る

飛鳥神社の四本杉祭り

 招待を受けて行ってきました。

 このような祭りが飛鳥神社にあったのかと思いましたが、今回で2回目でした。しかも、昨日と秋の2回やるそうですが、秋には通常の例大祭があるので、もう少しスリム化してもいいのではと感じました。
e0105019_0321488.jpg
我楽多の演奏


 ついつい職業柄で、イベント事の企画運営に目がいってしまうからですが、四本杉の壮大さは言うまでもなく素晴らしいとしても、支えるスタッフが大変じゃないかなと感じたからです。また、予算的にも捻出するのは苦労しているのではとも感じました。ビンゴや餅ほり、アルコールやジュースの振る舞いなど、多くが無料だからです。こういったイベントは、お客さんには嬉しい事でも、将来的な展望も考えていかねばなりません。
e0105019_0363999.jpg
四本杉


 この杉自体は、僕が物心つくときからあって(当然ですが)、いつの間にかご神体になっていました。確か、夫婦杉ってのもあったのではと思いますが、確かに四本杉はめずらしいと思います。また、西村宮司さんの説明がわかりやすく、神事の進行を興味深く眺めていました。また、人型に病気平癒を願って奉納するイベントも、いままでにやったことがなかったのでよかったです。ただ、来ているお客さんのほとんどは知らなかったはずなので、もっと宣伝していいのになとは感じました。
e0105019_0425829.jpg
式部の踊り


e0105019_045542.jpg
餅ほり


 神事のあともイベントが続きましたが、ビンゴのあとの餅ほりは、45分ほど前倒しで行われました。人出もあり、にぎわっていましたが、なんだかあと1歩、いま1歩感がありました。やはり、振る舞いが多すぎる気がします。綿々と受け継いでいくには、やはり神事をベースにして、費用負担が多いイベントを極力減らすことでしょう。四本杉祭りと銘打っているだけに、メインは四本杉であるべきでしょう。

 しかしながら、田舎のまちがこうしてにぎわうことは、いっときであったとしても嬉しい事です。実行委員会の皆さまには、本当にご苦労様ですとの思いです。また、今後も協力できることがあればとの考えです。
by owase874 | 2014-06-02 00:51 | 地域の活動を知る

黒潮海童まつりに顔を出す

 来賓で紹介もしていただいたのに、報告していませんでした。

 5月の連休中でしたが、稀にみる雨となりました。田植えする時期でしたが、それまで降っていなかっただけに、まさに恵みの雨でしたが、この日に限って降らなくてもいいのに…
e0105019_3504256.jpg
人は多かった


 黒潮海堂まつりは、確か、最初は磯崎町内で開催されていて、当初は磯崎まつりと言われていたような記憶があります。20年近く前ですが、磯崎に見に行った記憶があるのです。また、井内浦農村公園のソレント広場に会場が移ってからは、当日が雨になった記憶が無いと聞きましたが、今年で20回となるアニバーサリーでもありました。
e0105019_3573347.jpg
イコライジャー


 ご当地戦隊の紹介と、テーマソングが初披露されましたが、熊野市非公認なのか、調べてみると三重県庁内の東紀州地域振興公社が詳細を紹介していました(ここ)。とは言え、テーマソングがやけに上手で、しかも耳に残りやすいメロディーでしたが、歌っている本人を見て納得しました。熊野では知らない人がいないであろう音響のスペシャリストで、長らくバンド活動もしている方でした。子供ウケするので、保育所などにも慰問してほしいものです。

 この日は、先約やらイベントが目白押しでしたので、来賓紹介で中座しましたが、こういった地域を盛り上げる活動をやっている磯崎町は素晴らしいと感じました。もちろん、市内にはこのような町単位のイベントがいくつかありますが、主催するスタッフの仕事量や作業量がわかるだけに、当日を迎えるにあたり、本当に大変だと感じます。また、後片付けと次回への組織体制など、20回を数えるだけの苦労と感動があるはずです。また、イベント自体、人や物やお金が動くので、これがまさに地域活性に繋がります。


 それにしても、ソレント広場って馴染みがないなと思いましたが、熊野市がイタリアのソレント市と姉妹都市提携していることにちなんでいるそうです。しかも、井内浦農村公園のソレント広場なんですよね。私的には、いつ来ても農村公園ぽくないし、ソレント広場というだけのイタリア感もないように感じるのですが…
by owase874 | 2014-05-14 04:14 | 地域の活動を知る

長茂会の合同夏祭りに参加する

 あいにくの雨模様でしたが、なんとか乗りきりました。

 私は、18時に向かいましたが、向井地区がジャジャ降りだったのに、大曽根の聖光園は曇り空でした。祭りということで、娘も連れて行きましたが、職員の踊りに合わせて踊っていました。地域の子どもたちも参加されていたので、大いに賑わっていました。

 地域の行事やイベントには、お誘いがあると参加するようにしています。しかし、地域には実にさまざまなイベントがあって、開催後に知ることもしばしばです。できれば、来賓とかではなく参加者、来場者で気軽に顔を出したいと考えていますので、声をかけていただければ嬉しいです。

 そういった点で、長茂会のイベントは、告知がしっかりとしています。ときには、尾鷲市の予算に関係する審査もするので、一定の距離感というか、立場をわきまえている面もあります。しかし、地域活動として捉えたとき、難しく考えるよりも、百聞は一見に如かずだと考えています。実際に活動をみることで、新たな発見や納得が見つかることもしばしばです。

 そういった点で、長茂会を見習ってほしいなあ、と思う活動もあります。また、自分自身も、積極的に情報収集しないとならないなと感じています。
by owase874 | 2011-08-24 00:13 | 地域の活動を知る

長茂会合同夏祭りへの出席

 12日、一度は台風で延期になった夏祭りに出席しました。

 今年は、紀北町にて初の開催となり、海山区の多目的広場に向かいました。この場所は、04年の三重県豪雨災害において、海山町災害ボランティアセンターが設置されたところです。久しぶりに、敷地内や建屋をのぞきましたが、当時の活動が蘇りました。さまざまなことがありましたが、ここから、いまの私の活動のすべてが始まっています。

 クレーコートのような水はけの良い床面で、これは非常に当時も復旧させやすかったです。ボラセンにするため、急ぎ土砂を取り除いたのですが、水洗いしても乾きが早く、その後の活動でも足場が悪いなどの弱点はありませんでした。市内の中心部に、このような広場があるのは、ボラセンを想定してなのかと思ってしまうほどです。

 さて、夏祭りですが、いつも感心することは、職員の手際の良さと連携です。裏方もすべて職員でやっていますが、場当たり的でなく、ノウハウを持っています。「ほかのイベントにも、参加してほしいなあ」と思うほどで、きっとその実力が生かされると感じています。年間さまざまなイベントを主宰している賜物ですが、通常業務をこなしながらなので、素晴らしいアフタージョブです。

 私は、夜の予定が重なっていたので、イベント途中で中座させていただきましたが、初の紀北町開催は、大盛況だったと感じました。やっぱり、夏は祭りですし、子どもたちの歓声が場を盛り上げます。また、長茂会職員による踊りパフォーマンスは、いつもながらに上手です。よく練習する時間があるなあと感じます。

 次回は、20日に尾鷲市の聖光園で開催されます。
by owase874 | 2011-08-15 10:07 | 地域の活動を知る

津村衛三重県議会議員の県政報告会などに出席する

 7日の夜に開催され、初めて参加しました。

■当日の内容
 1.県政報告(津村衛三重県議会議員)
 2.国政報告(藤田大助衆議院議員)
 3.特別講演1(玉置公良衆議院議員)
 4.特別講演2(花尻薫NPO理事長)
 5.質疑応答

■主だった内容
1.県政報告
 東日本大震災について、世界遺産について、生活文化環境森林常任委員長就任や内容について、県内における若い首長や議員の増加について

2.国政報告
 東日本大震災について、世界遺産について、中小企業の支援について

3.特別講演1
 演題「世界遺産議員連盟の目的と今後の取り組み」、世界遺産登録について、これまでの活動について、追加登録について、東日本大震災について、被災ペットについて

4.特別講演2
 演題「世界遺産・文化的景観の保護における地域住民の役割」、世界遺産登録について、これまでの活動について、県内の取り組みについて

5.質疑応答
 世界遺産登録について、参詣道の整備について、追加登録について、国政について

■私の考察
 県立熊野古道センターで開催され、映像ホールは満席に近い状態でした。県政報告では、津村議員より、生活文化環境森林常任委員会に所属していると聞きました。この委員会では、県内のNPO活動についても対象となっているので、私の市民活動も関係してくると思います。また、県内において、若い首長や議員が輩出されているとの話は、津村議員が交流している首長や議員が多いので、そのネットワークはすごいなあと感じています。

 ミスター世界遺産と言っていい玉置代議士が招かれていたので、世界遺産に関する話題が多かったです。花尻薫さんにいたっても、この地域で率先する世界遺産の代表者であるので、両者の内容の濃い話になりました。紀伊山地の霊場と参詣道が世界遺産登録されて7年が経過し、多くの課題と今後に注目が集まっています。これまで、それぞれの地域の参詣道を保全してきた代表者たちが、高齢化している現状もあり、行政支援の必要性の議論は、世界遺産の保全と継承にもかかってきます。

 かといって、行政支援有りきの要求では、これまでの精神性に変化を与えてしまわないかとの懸念もあります。参詣道が世界遺産登録されたのは、この精神性に係る部分が大きかったはずなので、地元の民が守るという気概は、うまく引き継がれていけばと感じています。玉置代議士や花尻薫さんにとっても、行政をうまく利用しながら、地元との共生で参詣道を保全してきたので、これに続く人材が必要ではないでしょうか?

 限られた時間でしたので、聞くだけしかできませんでしたが、立場が違えどこの地域(紀伊半島)の議員であるので、ざっくばらんに意見交換できる場があってもいいなと感じました。
by owase874 | 2011-08-08 01:55 | 地域の活動を知る

まちなか清掃にちょこっと参加(駅前の暗きょの話題も)

 昨夕、市役所周辺の清掃活動がありました。

 尾鷲市役所が主催ですが、市議会も参加しました。報道では、100名ほどの参加があったようです。何名かの議員の姿もありましたが、私は市役所から尾鷲駅前、野地町児童公園のコースに同行しました。行政職員によるまちなか清掃といえば、県尾鷲庁舎の職員も、庁舎周辺の清掃活動をやっているので、「本格的に、定期的に、まち全体をきれいにしよう」というよりは、パフォーマンス的な清掃活動です。それでも、住民に与えるインパクトはあるし、これがきっかけになることもありえます。
e0105019_15253784.jpg


私たちが歩いたコースは、わりときれいでしたが、それでもところどころに、さまざまなごみが落ちていました。駅前まで来たところで、大正時代からの建築物が更地なっていることに気づきました。
e0105019_15281043.jpg


もともと紀伊自動車株式会社の営業所があったところですが、最近までは宅急便の会社が入っていました。それが更地になったことに驚きましたが、その建屋の下が暗きょになっているのにも驚きました。
e0105019_15321144.jpg


国道42号あたりから、小さな川が流れていることは知っていましたが、これがその面影かも知れません。漏斗状に石垣が積まれており、たまり水のような流れもありました。しかし、奥に光って見えるのは、すべて空き缶などのごみになります。木々などの障害物もあるので、これは、面倒でも取り除くほうがいいと感じました(清掃するなら協力します!)。

この暗きょがどのように流れているのかは、ちょっと調べてみることにします。間違っていなければ、野地町児童公園の方面に流れて、野地新町の水神さん辺りから北川に接続していると思われます。

尾鷲は、まちなかに暗きょがあると聞いていますが、建物の下にも流れがあることに驚きました。しかし余談ですが、この石垣の積み方は、この地方独特の工法です。とてもきれいにデザインされているので、当時の技術水準の高さを知るところです。これも、立派な財産(地域資源)だと思います。
by owase874 | 2010-04-29 15:43 | 地域の活動を知る

古江地区懇談会に参加しました

 自由クラブのお誘いを受けて、19時からの懇談会に参加しました。

 自由クラブは、尾鷲市議会内の会派のことで、個人会派を除く、当市議会では唯一の会派です。代表の三鬼和昭議員をはじめ、南靖久議員、高村泰徳議員、浜中佳芳子議員の4名で結成されています。古江公民館には、自由クラブの三鬼、浜中両氏と、内山議員、中垣議員、北村議員、そして私の6名が集まっていました。

 対する古江地区は、区長をはじめとする各団体などの住民代表が18名ほど集まっており、三鬼議員の司会進行で意見交換が始まりました。内容的には、市議会または行政に対する要望や要求が主でしたが、輪内地区全体とも言える、過疎化や少子化、高齢化の波は、旧町内よりも加速した問題となっていることに、切実さを感じました。

 ただし、懇談会の性格上、陳情のような場ではないので、そのあたりの整合性の難しさも感じました。三鬼議員の、「私たちには執行権がないので」という言葉印象的でした。確かにその通りで、この場ですべての陳情が叶えられるものではないので、私自身は積極的に発言することより、古江地区から出た多くの意見として受け止めることしかできませんでした。また、市議会全体の代表としてや、個人の市議会議員として来ているわけでなく、あくまで自由クラブの懇談会に同席させていただいただけなので、一部議員の発言には、多少の不快感も感じました。

 今回の懇談会により、執行部や議長に伝えるべき内容は、自由クラブを通じて進言されるので、きちんと説明するべきことは住民に伝えて、納得していただけるかを、確認していきたいと考えています。また、このような機会をつくっていただくことは、さまざまな意見を聞くことで得ることもあるので、会派を超えて活動するよさも感じました。
by owase874 | 2008-05-28 00:42 | 地域の活動を知る

10年後の尾鷲・紀北地域を創造する

 昨日の尾鷲市青年会議所主催の座談会には、私が声をかけた4名と、同じく招待者の津村県議、紀北町商工会議所青年部の2名、そして主催側の3名の合計11名が三重県立熊野古道センターに集まりました。
e0105019_1024116.jpg
理事長の松場氏


 テーマが「10年後の尾鷲・紀北地域を創造する」と大きかったので、私なりに資料を用意して参加させていただきましたが、人数的にも小ぢんまりとしていて、参加者全員の意見を聞くことができました。

 司会者が、全員の意見を述べてもらう手法は、大人数では時間的制約が大きく、議論になれば、さらに時間がかかってしまうので、昨日の時間設定では、あのようなやり方がベターだったでしょう。確かに、議論の場がないのは物足りなさを感じますが、それぞれが何を考えてこの地域で生活しているのかが垣間見えただけでも、私にとっては成果がありました。そのあと、参加者数名で遅い夕食をともにしたときも、同じような意見になりました。

 さらに、「若者に定住してもらうには?」との投げかけでは、私の用意した資料が幾分かは補助材料となりました。
e0105019_10113612.jpg
クリックすると大きくなります


 私が言ったことは、「若者の定住以前の問題になるのが地震の影響で、減少し続ける人口に巨大地震が追い討ちをかけた場合、数千人規模で死傷者がでると、それこそ定住どころではなくなるのでは?それは、今回の四川大地震をみても顕著であり、この地域は地震と隣りあわせで生活し、かつそれを考慮する必要があるのでは?」でした。

 もう一つは、「私の喫茶店がある商店街通りを例に挙げると、現在44店舗が営業しているが、10年後には①跡継ぎがいない、②高齢で営業を継続できないなどの理由で、さらに減少する可能性が高い。商店街がまちの中心であることは、近年の『中心市街地活性化支援事業』など公的機関が力点をおいていることからも、尾鷲市においても課題の一つであることに違いなく、ここをどうしていくかのビジョンがないと、廃れきったものを再興するのには非常に努力と資金がいってしまう。まだ、44店舗もあるのだという考え方の中で、今後の歯止めや新しい施策を考えていくことが大事なのでは?」でした。

 もっとも「若者の定住に力点を置くのではなく、すでに住んでいる人たちの生活がいかに満足できるものであるかでないと、外部からの受け入れも定住者の流失も進展しない」と言うことです。さらに言えば、「若者の流失は歓迎するべきで、大海を見たいと言う気持ちを抑えるのではなく、その後どう戻ってくる魅力をつくっておくか。または、この地域出身である外部からの支援者にしていくか。」ではないでしょうか?

 さまざまな意見が出る中で、私の意見は与えられたテーマの根本を言及したものでしたが、みなさんの多くの思いや理想の行き着く果ては、「この地域を誰よりも愛している」に集約されている気がしました。

 松場理事長がまとめたように、「このような機会を継続して持つこと」、これが大事であり、机上の議論をどう現実に押し出していくかが、今の私たちの役割の一つであり、期待されている一つであります。

 さて、みなさんの「10年後の尾鷲・紀北地域」はいかがでしょうか?
by owase874 | 2008-05-21 10:50 | 地域の活動を知る

中井わっしょいの会との懇談会

 26日(金)の夜、中井わっしょいの会と、有志議員の懇談会に出席しました。
e0105019_1523369.jpg


e0105019_152588.jpg


 私も、尾鷲市民の一人として、仲間たちと市民活動をしています。尾鷲での私は、今までの市民活動が原点となっています。現在は、ほとんどの活動責任を、仲間たちで分担しています。仕事やプライベートなど、優先順位を考えながら、活動に参加する仲間たちを誇りに感じています。

 中井わっしょいの会のみなさんも、こうして優先順位をやりくりしながら、中井町を盛り上げています。このほかにも、NPO法人天満浦百人会や矢浜語り部だまり部など、自分たちが住んでいるまちを盛り上げるサポーターが活動をしています。

 私の市議会議員としての立場は、プロジェクトCReAMのようなまちをまたいで活動する団体や、上記のような小さい単位でのまちを盛り上げる団体が存在するなかで、これらの活動に統一感や一体感などを出すことです。そのためには、尾鷲市全体を盛り上げていくことに必要不可欠な中間支援組織が必須だと感じているので、一般質問でもその可能性について、執行部に提案しています。

 また、活動資金やその調達方法など、コミュニティビジネスやNPO法人に替わるLLPといった、目まぐるしく発展していく市民活動の実態を把握しながら、尾鷲市に見合った活動のあり方を追求していきます。
by owase874 | 2007-10-27 01:49 | 地域の活動を知る


市民活動の延長線上に、市民目線の政治があると考えています。


by kumano874

プロフィールを見る

ご挨拶とブログの概要

当ブログに来ていただきありがとうございます。私が政治に関心をもったのは、災害現場でボランティアとして活動しているときに、どうしても市民活動・NPO活動だけでは届かない声があると感じてからです。1995年の、阪神淡路大震災のときです。それ以降、政策提言できる市民活動を合言葉に、さまざまなことを実践しています(市民派向けのブログもあります。こちらCafe_CReAM モノ語り)。


これまでの思いが実現したのが、2006年11月から、2期6年半在職した尾鷲市議会議員でした。3期目の挑戦には苦杯しましたが、貴重な実体験をさせていただき、条例の制定を中心にした議会改革や、市民活動で培った政策提言を直接できる立場として、負託の重さを実感することができました。

また、尾鷲市議として負託をいただいてからは、この地域ではいち早く、議員活動をお知らせする手段の一つとして、このブログを活用しました。当時のことも含め、日々私が何を感じ、何を考えているかを綴る活動報告にもなっています。なお、2014年5月1日からは、三重県熊野市議会議員として、あらたな1歩を踏み出します。

ときには辛口の意見もありますが、東紀州における公益や市民益を考える一人の意見として読んでいただければ幸いです。

質問や批評など、ご意見がございましたら、下記宛にお願いします。何かしらの方法で、きちんと対応させていただきます。ただし、ブログのコメントには、できる限り返答をいたしますが、端無自身の裁量になることをお許し下さい。

◆ブログ管理者
 未来874事務室
 熊野市飛鳥町佐渡462番地
 0597-84-1033
 kurage874@cream.plala.or.jp 

なお、たくさんの意見や考えをお聞かせ願いたいので、直接にお会いすることも可能です。日程調整などしますので、その旨をお伝え下さい。

facebookやtwitterにも登録しています。よろしくお願いします!

カテゴリ

プロフィール
議会活動の予定
コラム「温故知新」
端無の一般質問
定例会の報告
臨時会の報告
委員会等報告
議会改革報告
防災とまちづくり
教育とまちづくり
福祉とまちづくり
観光とまちづくり
住民自治を考える
産業振興を考える
公益行事への出席
地域の活動を知る
東紀州はひとつに
 
 
 
 
 
 
 
 

twitter

最新の記事

一般社団法人熊野レストレーシ..
at 2017-09-23 09:10
三重県熊野市議会議員【はなし..
at 2017-09-23 09:00
1年前を振り返る日、新たな決..
at 2015-04-20 14:58
熊野市の地方創生(移住交流編..
at 2015-03-14 17:29
議会が一枚岩になるということ
at 2015-03-03 00:41
【12月定例会の一般質問】熊..
at 2014-12-11 16:18
【丹レス主催】大杉の伐木と霊..
at 2014-11-10 13:17
これからの地方自治体
at 2014-10-30 14:14
【丹波水害復興支援_霊山寺と..
at 2014-10-30 09:52
【丹波水害支援_床下対応メイ..
at 2014-10-21 10:29

以前の記事

2017年 09月
2015年 04月
2015年 03月
more...

検索

その他のジャンル