<   2009年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

新人候補の顔ぶれから感じること

 尾鷲市議会議員選挙の顔ぶれで感じることです。

 先週13日(金)に、候補者説明会があり、20陣営ほどの参加者があったようです。私の陣営(担当者)も参加していましたが、新人候補の顔ぶれが、ここにきて増えてきました。そのことで感じるのは、「私の1期目の改選より、多様になってきた。」ことです。2006年11月の改選時、新人候補は5名でした。私以外の新人は、地域の地盤なり応援体制が整っている陣営ばかりでした。私は、なんとかそこをかいくぐって当選したので、誰しもから不思議がられたものでした。

 あれから2年半経って、新人候補をみていると、「近親者が少ない」、「地盤がない」、「選対が確保できていない」など、当時の私とよく似た陣営ばかりになっています。「(立候補することに)長い間、ずっと考えていた」という発言が地元紙に掲載されていることからも、「地盤・看板・鞄」の3点セットを要しなくても、選挙には出られると言う機運は、今回の選挙で証明された形になっています。

 残念ながら、現段階では、私と意を共にできていない新人候補なので、それぞれが暗中模索しながら、選挙戦に突入するのかも知れません。しかし、次回には、そうした新人候補たちとも、熱意と先見性を訴えながら、同じ志でタッグを組める時代がやってくるでしょう。今はまだ、それを支えていけるような環境整備が熟していないので、もう少し必要だろうなとも感じます。

 あと、私が進めてきた「ブログによる議員活動」は、選挙後もやっていただきたいと願っています。議員活動の表現手段は、(法律上許される手法であれば)何をもってしてもかまいません。ただ、尾鷲市のように、ブログでも議員活動を報告する議員が多かった例(尾鷲前市議で16名中5名)は、他の自治体をみても突出しているはずです。全世界が見ていると言えば大げさですが、インターネット上で政治の現場を広報することは、尾鷲出身者に尾鷲のことを知る機会を与えたことを考えても、今後も必要な活動のひとつだと感じます。

 また、議員ブログについて言えば、議会のTV放送がないことも影響しています。知る機会が狭くなっているからこそ、せめてそれまでのつなぎとしての必要性を感じるのです。幸いにして、インターネット放送など、必ずしもTVというメディアに頼らなくとも、他の手段でも放送できる環境整備はできつつあります。リアルタイムでなくとも、見たいときに、見たい場面をみられるようなデジタル放送は、今以上に多くの知る機会を与えることになります。ブログにも貼り付けることが可能なので、より活動を広報できます。

 前回の市議選から、県議選、そして先の市長選と、尾鷲の選挙も形態が変化しつつあります。その流れは緩やかですが、確実に根付いていっている現実を感じます。選挙には、互助の力も必要ですが、公助や共助も考えられる人が必要不可欠となってきています。そういった意味では、市民活動の延長線上に、政治活動があってしかりですが、このあたりがまだ未熟なところかも知れません。しかし、あきらめることでもありません。

 今は産みの苦しみかなとも感じつつ、地方自治体からかわる政治が、今の日本には求められている気がします。それを先導したり、率先することは、市民として重要な活動ではないでしょうか?
by owase874 | 2009-05-19 14:08 | コラム「温故知新」

隔靴掻痒と麻姑掻痒

 なんとももどかしい日々を送っています。

 この「もどかしい」は、「隔靴掻痒(かっかそうよう)」という四字熟語であらわすこともできるようです。そして、その対義語が、「麻姑掻痒(まこそうよう)」だそうです。

 隔靴掻痒しているのは、私ばかりでは無いでしょうが、尾鷲市議会議員と言う公職を失ってからの日々は、なんとも晴れない気分が正直なところです。そればかりか、「賀田の新規の採石問題は、市議会抜きでは進められないよな。でも、大丈夫だろうか?」と考えたり、「学校耐震化のその後はどうなっているんだろうか?公共施設耐震問題特別委員会が開催されていれば…」と考えてみたり、「この空白はいつまで続くのだろうか。」とため息をついたりと、まさに隔靴掻痒の気分です。

 かといって、議会を解散させた奥田市長にとっても、麻姑掻痒とはいかない気がしています。議員時代からの議員定数の削減を口にしながら、今度の市議会改選では16議席に戻ってしまうし、出直し後の任期も4年と長くなってしまいます(市長辞職または失職でも、その後に市議会議員の補欠選挙になるはずでしたが)。これは、奥田市長の誤算かどうかはわかりませんが、尾鷲市議会の議会改革が、他の自治体と比較しても進んでいる方なのに、矢面に立たされている状況と矛盾しています。議員定数の削減は、今後の課題になっていることだとしても、「それだけではたしていいのでしょうか?」と、尾鷲市民が問うてみることも大切ではないでしょうか?

 ちなみに私の答えは、「それだけでは、財政健全まで追いつかないでしょう。」です。

 今月末の選挙は、尾鷲市が出なおせるかどうかの、健全な道のスタートラインを切れるかの市議会選挙にするべきです。しかしながら、「必然とそうなることに期待するばかり」としか書けません。また、その後におとずれるやも知れない尾鷲市長選挙についても同様です。間違いなく、わたしたち尾鷲市民の1票が、新たな市議会議員と市長を誕生させるのです(市長選挙の行方はまだわかりませんが)。

 奥田市長にとっても、市議会が空席の今、麻姑掻痒と市政運営ができるはずもなく、私にとっても、漫然と時だけが流れていくことに焦りや気負いを感じています。しかしながら、進むこと以外に道はなく、切り開くこと以外に答えがみつからないものだと考えています。尾鷲市に住んでいる以上、このまちの将来や未来は、私たちに責任があるのです。

 だからこそ、「自分たちの住んでいるまちは、自分たちで切り開くしかない!」のです。

 私にも、8月には第1子が誕生する予定です。それは、それは、待ちに待ったわが子です。そのときには、せめて尾鷲市が正常化のスタートラインを切っていることを願っています。もちろん、そのスタートによって、全ての尾鷲市民が走り出すのです。

 私も全速力で駆け抜けます。
by owase874 | 2009-05-11 02:27 | コラム「温故知新」

尾鷲市議会議員選挙の日程

 表題の選挙が、今月24日よりはじまります。

 詳しくは、24日が告示日で、31日が投票日、のちに即日開票となります。なお、15日が説明会の予定とのことです(時間は未定)。

 今日の記者会見で、奥田市長は続投を表明されたので、不信任の再議決によって失職か否かが決まることになります。しかし、「失職が予期されている」ような発言を自らがしていたので、その動機がわかりません。単純に、「それなら自らが辞職をして、市民に真意を問えばよかったのに。」とも感じます。奥田市長には、それなりの考えがあるのでしょうが、それもこれも含めて、市議選後に結論が出ます。
by owase874 | 2009-05-01 20:23 | 議会活動の予定


市民活動の延長線上に、市民目線の政治があると考えています。


by kumano874

プロフィールを見る

ご挨拶とブログの概要

当ブログに来ていただきありがとうございます。私が政治に関心をもったのは、災害現場でボランティアとして活動しているときに、どうしても市民活動・NPO活動だけでは届かない声があると感じてからです。1995年の、阪神淡路大震災のときです。それ以降、政策提言できる市民活動を合言葉に、さまざまなことを実践しています(市民派向けのブログもあります。こちらCafe_CReAM モノ語り)。


これまでの思いが実現したのが、2006年11月から、2期6年半在職した尾鷲市議会議員でした。3期目の挑戦には苦杯しましたが、貴重な実体験をさせていただき、条例の制定を中心にした議会改革や、市民活動で培った政策提言を直接できる立場として、負託の重さを実感することができました。

また、尾鷲市議として負託をいただいてからは、この地域ではいち早く、議員活動をお知らせする手段の一つとして、このブログを活用しました。当時のことも含め、日々私が何を感じ、何を考えているかを綴る活動報告にもなっています。なお、2014年5月1日からは、三重県熊野市議会議員として、あらたな1歩を踏み出します。

ときには辛口の意見もありますが、東紀州における公益や市民益を考える一人の意見として読んでいただければ幸いです。

質問や批評など、ご意見がございましたら、下記宛にお願いします。何かしらの方法で、きちんと対応させていただきます。ただし、ブログのコメントには、できる限り返答をいたしますが、端無自身の裁量になることをお許し下さい。

◆ブログ管理者
 未来874事務室
 熊野市飛鳥町佐渡462番地
 0597-84-1033
 kurage874@cream.plala.or.jp 

なお、たくさんの意見や考えをお聞かせ願いたいので、直接にお会いすることも可能です。日程調整などしますので、その旨をお伝え下さい。

facebookやtwitterにも登録しています。よろしくお願いします!

カテゴリ

プロフィール
議会活動の予定
コラム「温故知新」
端無の一般質問
定例会の報告
臨時会の報告
委員会等報告
議会改革報告
防災とまちづくり
教育とまちづくり
福祉とまちづくり
観光とまちづくり
住民自治を考える
産業振興を考える
公益行事への出席
地域の活動を知る
東紀州はひとつに
 
 
 
 
 
 
 
 

twitter

最新の記事

一般社団法人熊野レストレーシ..
at 2017-09-23 09:10
三重県熊野市議会議員【はなし..
at 2017-09-23 09:00
1年前を振り返る日、新たな決..
at 2015-04-20 14:58
熊野市の地方創生(移住交流編..
at 2015-03-14 17:29
議会が一枚岩になるということ
at 2015-03-03 00:41
【12月定例会の一般質問】熊..
at 2014-12-11 16:18
【丹レス主催】大杉の伐木と霊..
at 2014-11-10 13:17
これからの地方自治体
at 2014-10-30 14:14
【丹波水害復興支援_霊山寺と..
at 2014-10-30 09:52
【丹波水害支援_床下対応メイ..
at 2014-10-21 10:29

以前の記事

2017年 09月
2015年 04月
2015年 03月
more...

検索

その他のジャンル