<   2009年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧

本日、一般質問をしました

 今日の午前中、10時50分に登壇しました。
 以下が、登壇時に読み上げた質問内容です。

1.防災・減災について
 発災後に効果を発揮するネットワークの構築と、ネットワーク化による防災・減災の取り組みについて

・尾鷲市における防災・減災のネットワークの構築は、すでに行政主導で行われており、先の防災訓練なども、その効果を高めることに重きを置いた訓練と見受けました。そのことを尊重しつつ、「もっと拡がりあるネットワークの必要性」を問いかけるのが私の論点であり、「防災や減災を得意とする県内外のNPOやNGOとの連携」を提案します。

・市内のNPOとの連携については、いくつかの組織や団体と防災協定などを結んでいますが、尾鷲市を越えた県内外との連携までには至っておりません。昨今の災害を受けた被災地を調査すると、発災後3日目頃から立ち上がる災害救援のボランティアセンター(以下、DVC)などは、地元社協はもちろんですが、全国のNPOやNGOとの連携によって設置されています。これは、5年前の旧海山町での豪雨災害後のDVCをみても、当時の海山町を越えた県内外のNPOの連携によって設置され、その後の運営もされています。

・私が提案することは、「非日常の世界」で初めて連携するのではなく、「日常の世界」つまりは、災害の発生の如何に関わらず、県内外のNPO・NGOと連携をとることができれば、防災訓練への参加だけでなく、防災・減災の教育または学習や研修会といった場面でも、尾鷲市にとって有益だと考えています。そのためには、ただ単に防災協定を締結するだけでなく、市民生活に防災や減災の意識を持たせる相互の活動を提案いたします。

2.教育環境について
 少子化に伴う、児童・生徒の減少が著しいが、尾鷲市の文化・伝統を守り、将来や未来の尾鷲市を担っていくための教育環境について

・まず、この質問に対しては、突き詰めていけば、「教育委員の人事」にまで言及することになりますが、このあとに登壇する南議員の質問事項にもありましたので、私の質問では遠慮させていただきます。しかし、市長自らが私の質問に対して言及していただくことを制限するものではありません。

・尾鷲市における少子高齢化の波は、他の地方自体と同じように、暗い影を落としております。これに対応する施策といいましても、全国的な自治体の悩みであり、まさに国の根幹に関わる課題となっております。この対策については、先に政権交代した民主党をはじめとする現政権に期待するところですが、教育における環境改善も、現政権の公約で知るところです。

・そこで、尾鷲市の教育環境で、特に岩田市長が望む教育環境とはいかがなものでしょうか?たとえば、尾鷲市には、旧町内のヤーヤ祭りや梶賀のハラソ祭り、九鬼のニラクラ祭りといった、地域に特化した伝統的な祭りがいまなお保存されています。その継承には、次世代に担い手である子どもたちに大きく期待するところですが、少子化の中で、祭り自体の規模が縮小されている現実も見受けられます。教育現場にも、地域の祭りを授業に取り入れていますが、将来や未来につないでいくという観点で、カリキュラムに組み込んでいくなどできないものでしょうか?

・また、尾鷲市を支えてきた魚業や林業などの1次産業の実態や展望、必ず発生するといわれている地震や津波などの防災・減災の学習など、尾鷲市ならではの地元教材を用いたカリキュラムの編成など、基礎基本学習などの画一的な授業も必要ですが、このまちに特化した教育環境の充実にも期待したいところです。

・一方では、学校再編成や学校耐震化など、少子化や財政難に合わせた施策も必要になりますが、特色ある尾鷲市にするためには、このまちの将来や未来をつなぐ子どものうちからの教育環境が大きな影響を与えるのは必至です。そのためにも、この尾鷲市について深い考察や理解ができる教育環境の構築が必要ではないでしょうか?

3.美し国おこし・三重について
 三重県が策定した6ヵ年計画の事業であるが、尾鷲市における利点と、期待する効果について

・当初より、県議会でも話題になっていましたが、美し国おこし・三重が6ヵ年の計画で始まりました。美し国おこし・三重については、県からの情報発信で知るところですが、私が知る限りでは、「(目標が大きすぎて)何をやっていこうとしているのか?」、「市町との連携はあるのか?そもそも(市町も県も)必要としているのか?」、などと感じていました。

・それでも、すでに連携が始まっている事例などみていると、「コミュニティビジネスに特化した事業を支援している」とも考えられます。しかし、コミュニティビジネスの支援であれば、市町の担当課による支援はもとより、県としても違う部局で似たような取り組みをされています。そもそも、この尾鷲市をはじめとする東紀州には、県庁での「東紀州対策局」はもとより、尾鷲庁舎には「東紀州観光まちづくり公社」が設置されています。これらとの整合性や連携も(そもそもいるのかどうかはわかりませんが)定かではありません。

・行政によるさまざまな民間支援は、ないよりもあったほうがいいのですが、美し国おこし・三重の取り組みは、東紀州やとりわけ尾鷲市にとっては、「どのような利点と効果」を期待するものなのでしょうか?私が知る限りでは、「支援の仕方によって、一番影響を受けるのは市民」との思いもあることから、「さまざまな取り組みが集約されるか、それぞれの情報が、相互連絡で共有される仕組みづくり」が必要なのではと考えています。

 考察については、のちほど掲載します。
by owase874 | 2009-09-18 15:20 | 端無の一般質問

明日より一般質問が始まります

 本定例会における一般質問の登壇者は7名です。

 各議員の「質問事項及び要旨」は以下の通りです。

◆18日(金)の午前中
・端無徹也議員
 1.防災・減災について
  (1)発災後に効果を発揮するネットワークの構築とネットワーク化による防災・減災の取り組みについて
 2.教育環境について
  (1)将来の尾鷲市の教育環境について
 3.美し国おこし・三重について
  (1)尾鷲市における利点と期待する効果について

◆24日(木)の午前中
・大川真清議員
 1.新型インフルエンザ対策について
  (1)総合病院の診療体制について
  (2)医師会との連携について
 2.集客交流と観光政策について
  (1)観光政策のビジョンについて
  (2)夢古道おわせの今後の方針について
  (3)熊野古道センターや紀北町との観光についての連携状況について

・三林輝匡議員
 1.財政について
  (1)今後の財政について

◆24日(木)の午後
・與谷公孝議員
 1.国の平成21年度予算及び同年度第1次補正予算に関し、市に対する影響について
 2.尾鷲市公共交通体系について
 3.尾鷲市鳥獣被害防止計画について

・北村道生議員
 1.「後期高齢者医療」・「国民健康保険」について
  (1)政権交代により「後期高齢者医療制度」の廃止が予想される中で、 新しい制度が発足するまでの尾鷲市の対応について
  (2)国民健康保険の短期保険証緊急交付について

◆25日(金)の午前中
・南靖久議員
 1.市長の政治公約と所信表明等について
 2.副市長と教育委員人事について

・神保美也議員
 1.水産振興について
 2.集客交流・情報発信の強化について
 3.尾鷲港の水産観光の改善について
 4.港湾計画と都市マスタープランについて

 私も登壇しますが、初日の1番目でした。持ち時間が今までの80分から60分になったので、様子をみながらの質問になる予定です。おそらく、11時ごろからの登壇になる予定です。
by owase874 | 2009-09-17 20:06 | 議会活動の予定

突然の全員協議会

 午前中、議会事務局より連絡がありました。

■日時:9月16日(水) 13時半
■場所:第二・三委員会室
■内容:教職員の服務規律違反について

 昨日の夕方、南海日日で大きく報道されていた件だと感じました。今日の中日新聞でも報道されていました。

 「新聞報道で事実を知る」、あってはならないことですが、尾鷲ではよくあることです。
 スクープを記事にすることは、メディアの仕事ですが、かなり詳しく報道されていたので、近い筋からの情報漏れとも感じます。だとすれば、責任ある立場からかも知れません。
 確かに言えるのは、教育委員会事務局の対応が後手後手です。

 違反については、県教委の対応になりますが、間接的とは言え、対象となる生徒がいるだけに、配慮が足りないと感じます。

 いい加減に、このような後手後手の報告は、市民の信頼を損ねます。
by owase874 | 2009-09-16 12:50 | 議会活動の予定

政権が替わって、東紀州はどう変わるのか

 衆議院総選挙から2週間が経ちました。

 民主党の躍進は、予想をはるかに超える結果だと報道されていますが、市民にはそんな気がしていた選挙でした。「まあ、いっぺん替わってもよいで。」という雰囲気が、選挙期間より前からハッキリとしていました。当然のように、自民党VS民主党という構造がつくり出され、他の党の話題がなくなってしまった(薄くなってしまった)選挙でもありました。

 間違いなく、メディアによる報道の影響に、日本国民は左右されるとも感じました。

 結果としては、三重5区からは、自民党と民主党の2人が当選を果たしました。自民党で中堅の三ツ矢議員と、民主党で新人の藤田議員です。また、藤田議員の父親と祖父は、ともに自民党系の県議だったことからも、保守系の強い地域だと再認識しました。三重5区のように、自民党が議席を守った地域が少ないだけに、特異な選挙区でもありました。

 それでも、この地域から2人の国会議員が出たことは喜ぶべきことです。
 このあとの期待は、「東紀州にとって、どう変わるのか?」になります。

 民主党のマニュフェストで気になったことは、地域の最低賃金を時給1,000円にすることと、高速道路の無料化です。これは、自民党からは慎重論が出ていましたが、東紀州に影響を与える施策になると考えられます。

 民主党が提出している最低賃金法改正案をみると、最低賃金を上げる対策として、2千億円規模で、中小企業に対して国の財政上及び金融上の措置を附則で義務付けています。しかし、その財源や、それで生活基準が向上するかが課題です。地方自治体の現状は、公務員が自治体の生活を支えています。それは、公務員の給与が、自営業者よりも比較的高く設定されているからです。
 公務員の給与を大幅に削減すれば、自治体での消費が減少する予測ができますが、時給を1,000円にしたところで、自治体の消費が向上する因果関係がみえてきません。公務員並みの給与にするか、自営業者の実情に合わせた給与にするかになりますが、地球規模で考えると、「日本の給与体系の見直し」は必須課題です。

 また、高速道路が無料化すれば、ETCもいらなくなるし、インターチェンジなどでの人員削減もできます。利用者も増えるでしょうから、消費が加速される可能性もあります。しかし、「無料(ただ)」ほど怖いものがないとも言います。一度、無料にしてしまえば、それを有料化することはできにくくなります。1,000円を無料にすることはできても、0円を1,000円にすることのほうが困難なはずです。
 自家用車の保有率が高いわが国だけに、高速道路は車で溢れ、自然渋滞が起きやすくなるかも知れません。南三重のように、勢和多気インターチェンジまで単車線の高速道路は、高速道路の意味をなすかも疑問です。普段は利用しなかった層の利用による事故も考えられます。後退的な考え方ですが、「無料」に違和感を感じます。せてめ、今のように土日1,000円の拡大で十分な気がします。

 こういった疑問は、民主党に政権を託した市民も気にしています。子育て手当ての支給もそうですが、自民党が「バラマキだ!」と叫んでいた財源確保の課題は、今後の民主党の手腕にかかっています。市民にも、一定量の覚悟はあるはずですが、生活上の楽園はないものです。何事にも、苦労し、努力し、その行為が実を結ぶような施策でなければなりません。苦労しても、努力をしても、実を結ばなかった結果が多いから、自民党には期待しなくなったのです。それを、「楽して生活できる」にしてしまうことがあってはなりません。

 民主党の施策には、地方自治体の補正予算凍結もあります。

 これは、この尾鷲市にも影響を与えます。執行が認められた予算の中に、該当する凍結項目が出てくる可能性もあります。東京都知事も言っているように、国家予算の凍結によって、それまで負担金や分担金を支払ってきた地方自治体からの返還請求も、当然の権利として主張されます。

 思いも寄らぬ躍進を、実は民主党自身が察知していなかったのかも知れません。報道の対象は、「受かるはとは思わなかった議員」、「キャバ嬢議員」、「ヌード議員」、「自己破産議員」など、気持ちのよくない枕詞で揶揄されています。それまでは、自民党の不祥事にばかり目が向けられていましたが、これが政権与党の洗礼とは考えたくありません。

 それでも、政権を替えたのは市民です。
 見守るのではなく、声を出して変えていくのです。
 それを、民主党が受けて立つのです。

 「チェンジ!」するのは、市民感覚『も』なのです。
by owase874 | 2009-09-13 17:41 | コラム「温故知新」

最近の活動報告

 ブログのアップが遅れたので報告です。

 9月7日(月)の15時半から、尾鷲市防災センターで、独立行政法人海洋研究開発機構(JAMSTEC)による「地震・津波観測監視システム」の説明会がありました。
e0105019_15273022.jpg
南海トラフの震源域


e0105019_1528551.jpg
今後の課題


 「今後の課題」に興味がわき、「考えていることはどこも同じで、そこに論点があるな。」と感じました。これは、一般質問にも引用できそうです。

 昨日は、尾鷲中学校の体育祭で、ちょっとだけですが顔を出しました。

 少なくなったとはいえ、生徒が大勢いるなかでの体育祭ですので、競技している生徒から、待っている生徒まで、指導する先生方を含めて、バタバタと進んでいました。帰りに、ちょこっと解体する予算が計上されている校舎をみてきましたが、隣り合わせで建っているので、工事には慎重さを必要とされると感じました。
by owase874 | 2009-09-13 15:39 | 防災とまちづくり

八鬼山と真砂線香工場跡の視察

 生活文教常任委員会の視察がありました。

 場所は、八鬼山の抗議文を消したあとと、その通り沿いにある杉の葉線香工場の遺構でした。
e0105019_14173949.jpg


e0105019_1418756.jpg


 立ち木や石への抗議文は消されておりましたが、ペンキで塗りつぶした箇所は、まだまだ違和感があります。しかし、抗議文とはいえ、見栄えのよいものでなかっただけに、毒々しさがなくなってました。
e0105019_14205041.jpg


 八鬼山への上り口近くには、真砂川から水路を引いて、杉の葉線香をつくっていた遺構が残っています。江戸時代に、土井家が製造し、江戸(東京)まで船で運んでいたそうです。
e0105019_14225141.jpg


 石垣積みが美しく残っていましたが、ここを復元し、体験施設にできないかとの構想もあるそうです。

 古道となっている路肩の草が茂っていたので、これから秋の季節、マムシ(ハンビ)が気になりました。支障がない程度に、ササッと刈ったることができればよいのですが…
by owase874 | 2009-09-11 14:26 | 観光とまちづくり

今日から自殺予防週間です

 ちょっと暗い話ですが、日本における自殺者の総数は、10年連続で3万人を越えています。これは、避けることのできない話です。
e0105019_1245580.jpg


 平成19年6月に閣議決定した自殺総合対策大綱の中で、9月10日~16日が、自殺予防週間として設定されました。これらのことが詳述されている、共生社会政策統括官のサイトには、「自殺対策」の項目があります。

 三重県に籍を持つ自殺者は、平成19年の集計では、男性259人、女性109人の計368人となっています。この年の交通事故者の死亡者が159人なので、1日に1人が自殺をしている現状に驚いています。
 また、平成20年の警察庁の自殺統計書を見ると、三重県内で自殺した人は445人で、1月44人、2月23人、3月38人、4月47人、5月42人、6月37人、7月33人、8月34人、9月33人、10月46人、11月40人、12月28人となっています。どちらかといえば、寒い時期の自殺者が多い傾向です。
 さらに、今年に入ってからの集計では、1月38人、2月42人、3月49人、4月45人、5月51人、6月39人、7月28人の計292人となっています。これは、昨年より28人も上回っています。

 そして、尾鷲市においては、平成19年の自殺者は8人となっており、過去をさかのぼると、平成18年7人、平成17年8人、平成16年7人、平成15年4人、平成14年8人、平成13年9人、平成12年10人です。全体から比較すると、少なくてホッとしますが、田舎では自殺者を公表しない(別の死因を主因とする)こともあるので、実態との差があるかも知れません。全国的には、中年層や高齢者による自殺が多い傾向ですが、孤独感や慢性的な病気を苦にした自殺願望者は、年齢を問わず、この尾鷲市にも沈黙の叫びをしていると考えられます。

 私たちにできることは、「いかに自殺願望者の声をひろいあげることができるか?」の対策や対応策を考えることです。東紀州の御浜町には、「三重熊野自殺防止センター」があり活動しています。定期的に、熊野市の地元紙にも、広告欄に呼びかけをしています。
 尾鷲市にはないセンターですが、「大丈夫かいなあ…」と心当たりのある人は、この尾鷲市にもいます。たまに会うと普通でも、針の触れ方が変わってしまうと、「大丈夫やろなあ?」になります。それが、リストカットなどの自虐に始まり、睡眠薬などの処方箋の常用に繋がっていきます。全てがイコールではないにしても、可能性がある以上は、対策の必要性がでてきます。

 政権が替わっても、自殺者はすぐには減少しない現状です。自殺に至る要因の傾向がわかっているだけに、その対応策も急務です。死んだらおしまいです。しかし、死ななければ、誰かの支えになり、その支えを求めている人が必ずいます。

 人間に生まれた以上、人は人に頼って生きていく生命体です。
by owase874 | 2009-09-10 13:10 | コラム「温故知新」

第3回定例会が開催されます

 議運と全協で、第3回定例会の開催が決まりました。

■平成21年度第3回定例会

■提出議案
 議案第42号 一般会計補正予算(第7号補正)
 議案第43号 水道事業会計補正予算(第1号補正)
 議案第43号~第50号 平成20年度の決算の認定
 報告第22号、第23号

■会期及び議事日程
 09月14日(月) 議案上程、提案説明、報告、質疑
 09月18日(金) 質疑、委員会負託、一般質問
 09月24日(木) 一般質問
 09月25日(金) 一般質問
 09月28日(月) 決算審査特別委員会
 09月29日(火) 決算審査特別委員会
 09月30日(水) 決算審査特別委員会
 10月01日(木) 決算審査特別委員会
 10月02日(金) 決算審査特別委員会
 10月05日(月) 総務産業常任委員会
 10月06日(火) 生活文教常任委員会
 10月07日(水) 公共施設耐震問題特別委員会
 10月08日(木) 委員長報告、質疑、討論、採決

 決算審査特別委員会については、議長と監査委員を除く全ての議員が参加することになりました。これも議会改革の一環で、従来までは7名の委員を選出していました。

 議会運営委員会では、副市長や教育委員の選任について意見がありました。とくに、教育委員については、2名の選出と、教育長が決まっておりません。これから冬に向けて、新型インフルエンザが学校内で蔓延する可能性も高くなります。また、学校耐震化や学校再編など、教育環境の充実には、1日も早い選出が必要です。

 岩田市長においても、「(この件については)10月に臨時会の開催をお願いする可能性が高い。」と言及しておりました。

 今回の定例会の焦点は、3億2102万4千円の補正予算のうち、1億5330万円を占める清掃工場の2号炉改修工事費です。以前にも、現場を視察しましたが、改修しなければ運転は再開できないし、これまでにも多額の予算を投じて改修や修繕をしているだけに、広域によるごみ処理場の進捗が待たれます。
 また、向井小学校の耐震補強設計委託料247万7千円や、尾鷲中学校の危険校舎解体工事費5918万7千円、中央公民館の耐震診断業務委託料の207万7千円など、公共施設の耐震問題にかかる予算も含まれています。

 岩田市長の施策が前面に出た予算ではないように感じますが、先にあがった人事が決まらないことには、こちらとしてもおさまりが悪いです。慌てる必要はありませんが、キラリと光る人事に期待しています。
by owase874 | 2009-09-09 18:02 | 定例会の報告

第3回定例会(9月議会)の打ち合わせ

 議運と全協があります。

■題目:議会運営委員会
■日時:9月7日(月) 13時~
■場所:第一委員会室
■内容:
 1.平成21年度第3回定例会について
  1.提出議案について
  2.会期及び議事日程(案)について
  3.発議について
 2.その他

■題目:全員協議会
■日時:9月7日(月) 14時~
■場所:第二・三委員会室
■内容:
 1.平成21年度第3回定例会について
  1.提出議案について
  2.会期及び議事日程について
  3.発議について
 2.その他

 どのような施策を組んでくるのかが、楽しみな定例会となります。
by owase874 | 2009-09-06 23:01 | 議会活動の予定


市民活動の延長線上に、市民目線の政治があると考えています。


by kumano874

プロフィールを見る

ご挨拶とブログの概要

当ブログに来ていただきありがとうございます。私が政治に関心をもったのは、災害現場でボランティアとして活動しているときに、どうしても市民活動・NPO活動だけでは届かない声があると感じてからです。1995年の、阪神淡路大震災のときです。それ以降、政策提言できる市民活動を合言葉に、さまざまなことを実践しています(市民派向けのブログもあります。こちらCafe_CReAM モノ語り)。


これまでの思いが実現したのが、2006年11月から、2期6年半在職した尾鷲市議会議員でした。3期目の挑戦には苦杯しましたが、貴重な実体験をさせていただき、条例の制定を中心にした議会改革や、市民活動で培った政策提言を直接できる立場として、負託の重さを実感することができました。

また、尾鷲市議として負託をいただいてからは、この地域ではいち早く、議員活動をお知らせする手段の一つとして、このブログを活用しました。当時のことも含め、日々私が何を感じ、何を考えているかを綴る活動報告にもなっています。なお、2014年5月1日からは、三重県熊野市議会議員として、あらたな1歩を踏み出します。

ときには辛口の意見もありますが、東紀州における公益や市民益を考える一人の意見として読んでいただければ幸いです。

質問や批評など、ご意見がございましたら、下記宛にお願いします。何かしらの方法で、きちんと対応させていただきます。ただし、ブログのコメントには、できる限り返答をいたしますが、端無自身の裁量になることをお許し下さい。

◆ブログ管理者
 未来874事務室
 熊野市飛鳥町佐渡462番地
 0597-84-1033
 kurage874@cream.plala.or.jp 

なお、たくさんの意見や考えをお聞かせ願いたいので、直接にお会いすることも可能です。日程調整などしますので、その旨をお伝え下さい。

facebookやtwitterにも登録しています。よろしくお願いします!

カテゴリ

プロフィール
議会活動の予定
コラム「温故知新」
端無の一般質問
定例会の報告
臨時会の報告
委員会等報告
議会改革報告
防災とまちづくり
教育とまちづくり
福祉とまちづくり
観光とまちづくり
住民自治を考える
産業振興を考える
公益行事への出席
地域の活動を知る
東紀州はひとつに
 
 
 
 
 
 
 
 

twitter

最新の記事

一般社団法人熊野レストレーシ..
at 2017-09-23 09:10
三重県熊野市議会議員【はなし..
at 2017-09-23 09:00
1年前を振り返る日、新たな決..
at 2015-04-20 14:58
熊野市の地方創生(移住交流編..
at 2015-03-14 17:29
議会が一枚岩になるということ
at 2015-03-03 00:41
【12月定例会の一般質問】熊..
at 2014-12-11 16:18
【丹レス主催】大杉の伐木と霊..
at 2014-11-10 13:17
これからの地方自治体
at 2014-10-30 14:14
【丹波水害復興支援_霊山寺と..
at 2014-10-30 09:52
【丹波水害支援_床下対応メイ..
at 2014-10-21 10:29

以前の記事

2017年 09月
2015年 04月
2015年 03月
more...

検索

その他のジャンル