<   2011年 08月 ( 20 )   > この月の画像一覧

議会を愚弄しているのではないか?

 26日の生活文教常任委員会及び全員協議会についてです。

 議題は、尾鷲小学校・尾鷲幼稚園耐震整備事業に伴う改築及び工事についてでした。

 まず最初に、生活文教常任委員会では、私の発言が元になったのか、休憩後の再開で、市長をはじめとする執行部全員が、起立をしての謝罪をしました。その後の全員協議会でも、関係者全員が冒頭に謝罪をしました。しかし、雁首並べたトップ陣が、最初からそのつもりではないのは明らかでした。一方、職員においては、恐縮しながら誠心誠意の気持ちで説明しているのを感じていたので、そのギャップの大きさも問題だと感じました。岩田市長においては、私を含めた一部議員への対応が大柄なのは承知の沙汰ですが、先だっての真井議員の発言に関しては、かなり踏み込んだ発言で激高していただけに、議会が15名の議員で構成されていることをお忘れなのかも知れません。

 そもそも謝罪となった経緯は、この日の議題について、非常に議会を愚弄していると言いかねない失態を繰り返していたにも関わらず、9月定例会で補正予算として計上する可能性が大きい公算であるのに、岩田市長も横田副市長も畑中教育長も、一切を議長に報告あるいは謝罪しなかったことへ、私が苦言を呈したからだと予測できます。しかしその通りで、担当職員が説明に来る前に、議会へ足を運ぶだけの内容であることは明らかです。それなのに、私に対する市長の最初の回答には、はっきりと、横柄な態度を感じました。

 この議題についての補正予算が、この日の説明のまま上程されても、かなりのハードルがあると認識するべきです。一方では、議員個人しか見てないようですが、私たちには負託を受けている責任があります。後ろには、多くの市民が説明責任を求めています。それに耐えうる説明がなければ、議会には議決権があるということです。

 では、愚弄と感じた一つですが、資料提供された”設計業務委託の検査~工事着工までの流れ”で気づきます。

■流れ
 3月29日 設計事務所から設計一式(成果品)が届く
  ↓
 3月29日 担当課が、成果品の受理と検収を行う
  ↓
 3月31日 担当課が、完了検査する
  ↓
 4月08日 入札の事前公示
  ↓
 4月18日 入札の本公示
  ↓
 5月02日 入札内容の質疑の受け付け開始
  ↓
 日時不明 設計図書の不備を確認、数量調書を優先
  ↓
 5月11日 受け付け終了
  ↓
 5月16日 質疑書への回答通知
  ↓
 5月25日 入札方法変更の通知(数量契約方式への変更)
  ↓
 5月27日 入札執行
  ↓
 6月03日 工事請負契約の採択 
  ↓
 6月04日? 契約・工事着工
  ↓
 6月半ば~7月末 数量調書の不備を確認
  ↓
 8月25日 正副議長に電話報告
  ↓
 8月26日 生活文教常任委員会、全員協議会

 どこかというと、5月2日に入札内容の質疑の受け付け開始した際に、通常の予想をはるかに超える226件の質疑があったようです。それだけ、設計図書に対する不明瞭な部分があったと判断するのですが、結果としては、市も設計側も不備を認めるところとなり、入札方式の変更をしていました。まず、この点の説明が、議会には一切ありませんでした。多額の予算を執行するのに、議会に報告なしですり抜けて、6月定例会初日の6月3日に採決してしまいました。

 次に、6月半ばから7月末にかけて、要であった数量調書の不備を確認したことも、議会への報告は、直前まで伏せられていました。設計図書の不備だけならまだしも、入札の基本となった数量調書までもが不備とあったのでは、議会に一報を入れるべき事件であったはずです。これは、入札自体の信頼性や、ほかの入札業者への示しもつかない事態です。それらをすべて蔑ろにして、補正予算で不足分を計上する可能性を説明されても、「都合良すぎるのでは」と議会に反論くらって当然でしょう。

 大きな問題点は、数量調書の不備まで見抜けなかった責任の所在です。設計会社も口頭謝罪しているそうですが、設計ミスによる現時点での増額分は、判明しているだけでも1600万円を超えています。しかも、設計図には記載があって、数量調書には記載がなったというのですから、入札方式を変更することなかったのにと感じてしまいます。これには、市としてミスを見抜けなかった責任を認めています。

 また、その後の追加分としても、約3千万円が計上されていました。工事にとりかかって判明したことや、学校からの強い要望も含まれていましたが、「お粗末」としか言いようがないものも含まれています。入札差金が1億円近く出たので、その分でまかなえるとふんだわけでもないでしょうが、総額約4600万円の増額を、おいそれと認めるようなことはできません。もしも、この説明のまま上程されれば、間違いなく議論は火だるまになるでしょう。

 まずは、ミスの所在を明らかにし、どちらがどれだけ負担するかでしょう。そこの議論を抜きにして、全額認めろとは言えない状況だと悟ったでしょう。また、追加工事の内容については、上程後の審査で決めますが、この点についても疑問は多々あります。しっかりと、定例会後に検討したいと考えています。
by owase874 | 2011-08-28 02:30 | 教育とまちづくり

行財政改革について学ぶ研修会に参加する

 24日、名古屋商工会議所において、日本公認会計士協会東海会主催の、”地方議員のための自治体財政チェック法と行財政改革~財務書類や財政指標で自治体財政をチェックし、行財政改革に結び付ける~”に参加してきました。

 議員の私にとっての財政は、まさに素人ですので、人並み以上に学ばなければ習得できない領域です。議員年数を重ねた分だけ、予算書や決算書を見ることができるようになりましたが、市民に説明する場合などでは、これをさらにわかりやすくしなくてはなりません。今回の研修は、その疑問を解決する糸口となるものでした。

 会場には、60数名の地方議員と、同程度の公認会計士や自治体職員でいっぱいでした。2部構成となっており、第1部は、有限責任監査法人トーマツの公認会計士である小室将雄氏の講演でした。会計士だけに、専門用語などもあって、少々理解に苦労しました。レジュメがなければ、追いつくことはできない内容でもありました。しかし、財政のチェック法などでは、参考となる説明が多く、「議会や行政に会計士がいると、与える影響は大きいだろうな」とも感じました。
e0105019_23125514.jpg
小室氏


 自治体の財政については、企業やNPO法人などとは違った表現をしているので、比較検討するにも、読み解くにはコツと専門性が必要になります。財政のチェック機関としては、監査委員事務局が独立組織として存在していますが、公認会計士の視点ではありません。第3者の外部監査機関として設置するとか、監査委員事務局に公認会計士を配置するなどできれば、より透明性と理解しやすい財政になるのになとも感じました。

■監査委員とは 尾鷲市役所
 http://www.city.owase.lg.jp/contents_detail.php?co=kak&frmId=286

 第2部は、熊本県宇城市 総務部 財政課 財政係長である天川竜治氏の講演でした。天川氏は、行政職員らしからぬユーモアあふれた語り口で、「職場ではどんな係長なんだろうか?」と想像してしまうほど、ユニークな方でした。もう一度、お会いしたとも感じました。この日は、有給休暇をとって講師をかってでたと言うことでした。
e0105019_23132437.jpg
天川氏


 天川氏の講演は、非常にわかりやすく、「議員の皆さんの多くが見落としている…」とか、「ここは議員に指摘されるとイタイ…」とか、暴露的な内容もありました。確かに、行政職員からみる財政と、議員から見る財政には、違った面もあると感じているので、「なるほど」と感じたところです。

 この宇城市ですが、帰ってから調べてみると、非常に行財政にこだわりを持って公開しています。当時の市長であった阿曽田清氏が、合併したばかりの宇城市に監査法人を入れて、当時の財政状況を公開したことにはじまっているようです。しかしながら、阿曽田清氏は、2期目を目指した市長選挙で苦杯しています。これは私の雑感ですが、行政にメスを入れた多くの首長は、2期目に落選していることが多いようにも感じます。

■熊本県 宇城市-市からのお知らせ
 http://www.city.uki.kumamoto.jp/q/list/61.html

 宇城市の財政状況を知る公式サイトですが、公開の程度と見やすさが突出しています。比較しやすいように、尾鷲市の財政状況を以下に紹介します。

■財政・行革係 財政 尾鷲市役所
 http://www.city.owase.lg.jp/soshiki_view.php?so_cd1=1&so_cd2=16&so_cd3=1&so_cd4=0&so_cd5=0

 尾鷲市の財政状況は、一般的な公開であり、議員の私にとっても、見やすくまとめらていると感じます。しかし、市民に説明することを考えたり、市民が見て理解できたりするかといえば、疑問を感じます。ここに、宇城市との違いを感じるのですが、自治体の財政状況や行財政改革を理解してもらう努力は、尾鷲市民にとっては重要な課題でもあります。自分たちが住んでいるまちの懐事情や台所事情を知っていなければ、すべてのツケが自分自身に影響を与えるからです。

■地方公共団体の平成21年度版財務書類の作成状況等
 http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01zaisei07_01000017.html

 上記のサイトは、行財政改革には欠かせない、財務書類の作成状況を調査した結果です。尾鷲市においても、進めていく方向だと聞いておりますので、期待しているところです。
by owase874 | 2011-08-26 01:28 | コラム「温故知新」

陳情の受け付け

 尾鷲保育園保護者会連絡協議会より、陳情の受け付けをしました。正副議長と、生活文教常任委員会の正副委員長が立ち会いました。

 この協議会は、尾鷲第一~第四・矢浜・尾鷲乳児・南輪内の各保育園保護者会で構成されています。それぞれの保育園を合わせた園児(児童)数は、8月1日現在で495名となっています。ちなみに、8月25日現在では、16名の待機児童を抱えています(0歳児が9名、1歳児と2歳児が3名、3歳児が1名)。この尾鷲市でも、待機児童がいることは、あまり知られていない事実です。

 今回の陳情は、保護者を中心とした3,859名の署名とともに、尾鷲第三、尾鷲第四、矢浜の各保育園の老朽化に伴う改善と、障がい児を受け入れている尾鷲第四保育園の施設環境の整備を要求するものでした。陳情書には、”保育園施設の耐震整備及び防火対策について”とありました。

 詳しくは、議会運営委員会で取り上げられ、本会議での審議となったときに書きます。こうした陳情や請願は、市政に対して直接意見が言える機会ですので、ぜひ活用していただきたいと考えています。また、私に出来ることがあれば、説明や紹介もさせていただきます。

■請願・陳情について(尾鷲市議会)
 http://www.city.owase.lg.jp/contents_detail.php?co=cat&frmId=797&frmCd=20-0-0-0-0
by owase874 | 2011-08-26 01:27 | コラム「温故知新」

議会改革特別委員会を設置する方向です

 尾鷲市議会における議会改革を、集中的に調査・審査する特別委員会が設置される方向になりました。

 議会中継や、議会基本条例の制定、議員定数など、尾鷲市議会においても、議会改革を本気で進めなければならない時節です。とくに、議会基本条例の制定は、多くの議会改革の柱となる条例ですので、これを調査する特別委員会の設置は、残り任期が2年を切ったいましかできないと感じています。

 正式には、9月定例会で議員提案として発議してからですが、議長を除く全員が参加する方向で調整をしています。それぞれに温度差や関心度もあるでしょうが、尾鷲市議会にとって相応しい条例にしなくては意味がありません。そのために、多くの先進事例や、同じように模索している地方議会の同行を調査しています。地方議会によっては、選挙への出馬にも制限をかけているところあるし、議員の品格に1歩も2歩も踏み込んだところも見受けられます。

 三重県においては、県議会をはじめ、伊賀市、亀山市、四日市市、鳥羽市において制定がされています。とくに、伊賀市や鳥羽市には、政務調査視察したこともあるので、それぞれの特徴を学んでいるところです。また、兵庫県の洲本市や加西市にも、同じように政務調査してきたので、興味深い内容にも着目しています。

 また、この日の議会運営委員会では、地方自治法の一部改正に伴う議決事項についても審議されました。この改正は、地方自治法の一部を改正する法律(平成23年法律第35号)により、地方自治法による議会の議決すべき事件から、総合計画の基本構想が除かれることとになりました。施行日が8月1日となったために、第6次総合計画を策定している尾鷲市においては、基本構想を議決しなくてよいことになってしまいます。

 このため、総合計画の基本構想は、法律ではなく条例を制定することにより、議決事項とすることが話し合われました。ただし、議会基本条例を制定している地方議会では、この条例のなかに組み入れられていますが、尾鷲市議会では、この条例も検討している最中なので、とりあえずはこの議決事項を盛り込んだ条例を制定することになりました。

■「じょうれいくん」例規影響解説 - クレステック 地方自治法の一部を改正する法律(平成23年法律第35号)の例規への影響
 http://crs-hosei-faq.blogspot.com/2011/05/2335.html
by owase874 | 2011-08-26 01:26 | 議会改革報告

急な委員会の開催

 教育委員会より、委員会開催の要請がありました。

■生活文教常任委員会
■日時:8月26日(金) 13時
■場所:第二・三委員会室
■議題:尾鷲小学校・尾鷲幼稚園耐震整備事業に伴う改築及び工事について

■全員協議会
■日時:8月26日(金) 生文終了後
■場所:第二・三委員会室
■議題:尾鷲小学校・尾鷲幼稚園耐震整備事業に伴う改築及び工事について

 まちのなかでの噂話が、現実となったような気がします。ため息が出ます。
by owase874 | 2011-08-26 01:25 | 議会活動の予定

議会改革と9月定例会の打ち合わせなど

 議会改革についての打ち合わせがあります。特別委員会の設置と、地方自治法の条例改正に伴う、条例の制定などについて打ち合わせをします。

■議会運営委員会
■日時:8月25日(木) 10時
■場所:第一委員会室
■議題:
 1.議会改革特別委員会の設置について
 2.地方自治法の一部改正に伴う議決事項について

■全員協議会
■日時:8月25日(木) 11時
■場所:第二・三委員会室
■議題:
 1.議会改革特別委員会の設置について
 2.地方自治法の一部改正に伴う議決事項について

 この日に、副議長としての仕事もあります。

■陳情の受付
■日時:8月25日(木) 13時半
■場所:議長室
■議題:陳情の受付について

 月末には、9月定例会の打ち合わせと告知があります。これに先立って、29日には、正副議長と議運の正副委員長による打ち合わせがあります。

■議会運営委員会
■日時:8月30日(火) 10時
■場所:第一委員会室
■議題:
 1.平成23年度第3回定例会について
  ①提出議案について
  ②会期および議事日程(案)について

■全員協議会
■日時:8月30日(火) 11時
■場所:第二・三委員会室
■議題:
 1.平成23年度第3回定例会について
  ①提出議案について
  ②会期および議事日程について
 2.その他
by owase874 | 2011-08-24 00:25 | 議会活動の予定

学校問題に関する教育委員会の今後の取り組みについて

■公立学校職員の懲戒処分について
 http://www.pref.mie.lg.jp/TOPICS/2011080319.htm

 上記の件に関する報告がありました。

 まず最初に、これまでにも報告や説明を聞いていましたが、”飲食店などで一緒に喫煙した”という事実は聞かされておりませんでした。聞いていないことに疑問を感じるのではなく、「飲食店のような、第三者がいる場面でも喫煙をさせていたのか(していたのか)」という影響の大きさです。私は、紀北地区薬物乱用防止指導者協議会の指導者でもあります。未成年の喫煙に関しても、興味関心から喫煙がはじまり、やがては依存してしまう傾向や、家庭ぐるみでの喫煙の黙認なども承知しています。それだけに、今回の報告では、その点についての背景や今後取り組みについても、後回しのようでした。また、これが報告に入っていなかったことに対しては、教育委員会の隠蔽体質だと言わざるえません。

 冒頭から、教育委員長は、4つの改善策を提案されていました。これ自体にも、大きな疑問があるのですが、これは教育委員会での承認事項でないことをあとで知りました。それでは、教育委員会では何が話し合われ、何を決定したのかは、結局はわからずじまいとなりました。多くの議員からも、苦言が呈されていただけに、信頼回復をまず最初にするのは、教育委員会だと感じています。しかしながら、教育長も教育委員長も、責任を取るという形で、自分の席を明け渡さないことだけは明言したので、今後の活躍には、相当の責任を負ってやっていただきたいとも感じました。

 その4つの提言とは、学校経営品質の向上、学校敷地内での喫煙の全面禁止、講師の研修・指導の強化、加配の要求・講師の解消でした。これが、教育委員会の承認事項でないとわかっていれば、議論があそこまでこれに集中することもなかったでしょう。いまさら取り上げることもないと思いますが、このうち2つは講師に対する偏見とも受けて取れるし、教諭についての言及では一切ありません。また、残りの2つについては、今回の事件にどれだけの影響を与えたかが不明です。

 尾鷲市長においても、「尾鷲スタイルの教育を実践してもらっている」とありましたが、教育委員長と教育長は、考えも理念も違っていると感じるのは、私だけではない気がしますし、そのことについて、議員間でも話題となっています。また、「徹底した議論を」と、市長は言っておりましたが、場当たり的な発言にも感じました。それぞれのトップがこれでは、尾鷲市の学校教育は、本当に充実しているかも不明ではないでしょうか?

 委員会での説明を聞いていて、途中から腹立たしくなりました。これが正直な感想です。確かに、すべてを垣間見たわけではないので、私の腹立たしさ、苛立ちは、一方的な見解です。その点も踏まえて、発言をさせていただきました。やるべきことは、再発防止や、そうなるまでに至った背景など、尾鷲中学校として、尾鷲市教育委員会として、迅速に対応しないとならないはずです。

 その点の説明が曖昧で、講師という立場の危うさを、一方的な責任を押し付ける形で終息しようとしていると感じました。また、学校敷地内の禁煙の徹底は、学校経営品質云々ではなく、人としてのモラルです。それが、経営品質に繋がることはわかりますが、今回の事件とは別の次元と捉えるべきです。もし仮に、禁煙の徹底がされていなかったことが、この事件の引き金となったと判断するのであれば、これまで敷地内で禁煙していた教師全員を処分すべきではないでしょうか?できるわけないし、そこまでの議論にもなってないわけでしょ?だから、背景の検証をしていないのでは?と感じるのです。

 もっとも、敷地内禁煙を言うのであれば、尾鷲市役所においても、敷地内禁煙はしておりませんし、確固たる分煙でもありません。なにも学校だけに禁煙を強いるのではなく、こういったすべての背景を検証し直すべきでしょう。これが、未成年の喫煙を考える上で、教育委員会が先導する仕事だと考えます。地域との連携に対しても、足元から揺るぎかねない大事な部分ではないでしょうか?私は喫煙をしませんし、どちらかと言えば嫌煙家です。しかし、喫煙する人の権利はあります。大人の都合を差し置いて、未成年の喫煙がなくなるはずがありません。

 大阪府では、橋下知事のもとで、教育委員会の大改革が打ち出されています。対岸から見ていると、「ちょっとやりすぎでは」、「教育に、そこまで政治を持ち込むの」と感じますが、”わかる”部分も大いにあります。教育委員会の重要なところは、極論すれば、国家を担う人材育成を指南する場でもあります。そこに政治がなければ、とも考えたくなりますが、そうなってしまった背景には、学校や教師の側にも課題はあるはずです。この時代、教師は聖職という人もいなくなり、世知辛い立場にいることもわかります。モンスターや教育ネグレクトの保護者に対し、本来の希望や夢をぶち壊しにされるから、精神疾患で休職などする教師が増加するのもわかります。

 もはや、学校で発生するさまざまな問題や課題は、学校だけでは解決できない時代になっています。それをすべて、学校や教師の責任にすることがないように、教育委員会があり、任命権者の市長がおり、それを議会が承認しているのです。今回の事件を踏まえ、教育委員の選任は、これまでの慣例で本会議採決するのではなく、常任委員会の付託をするべきだと痛感しました。それは、いまいる教育委員がどうのではなく、大きな責任を負託するに耐える、人材を選任する責任を感じたからです。大阪府の改革までいかなくとも、何かしらの手立てをしなければ、尾鷲市の教育には一抹の不安を感じずにはいられません。

 また、この日の議論で感じたのは、この場面こそ、議会中継として放送すべきです。インターネット中継であれば、生放送はもちろん、その日のうちに録画放送が見えます。そこ居合わせた市長をはじめとする執行部の発言や態度、議員の発言や態度など、さまざまな情報を公開すべきです。それを市民に公開し、見ていただいた上で、私たちの仕事が評価されたり、教育問題を一緒になって考えたりする土俵ができるのです。これも、地域との連携に繋がる手段のひとつではないでしょうか?
by owase874 | 2011-08-24 00:14 | 教育とまちづくり

長茂会の合同夏祭りに参加する

 あいにくの雨模様でしたが、なんとか乗りきりました。

 私は、18時に向かいましたが、向井地区がジャジャ降りだったのに、大曽根の聖光園は曇り空でした。祭りということで、娘も連れて行きましたが、職員の踊りに合わせて踊っていました。地域の子どもたちも参加されていたので、大いに賑わっていました。

 地域の行事やイベントには、お誘いがあると参加するようにしています。しかし、地域には実にさまざまなイベントがあって、開催後に知ることもしばしばです。できれば、来賓とかではなく参加者、来場者で気軽に顔を出したいと考えていますので、声をかけていただければ嬉しいです。

 そういった点で、長茂会のイベントは、告知がしっかりとしています。ときには、尾鷲市の予算に関係する審査もするので、一定の距離感というか、立場をわきまえている面もあります。しかし、地域活動として捉えたとき、難しく考えるよりも、百聞は一見に如かずだと考えています。実際に活動をみることで、新たな発見や納得が見つかることもしばしばです。

 そういった点で、長茂会を見習ってほしいなあ、と思う活動もあります。また、自分自身も、積極的に情報収集しないとならないなと感じています。
by owase874 | 2011-08-24 00:13 | 地域の活動を知る

第6次尾鷲市総合計画について

レポート作成中
by owase874 | 2011-08-24 00:12 | 委員会等報告

議会改革や地域活動など

 8月も忙しく活動しています。

■全員協議会
■日時:8月16日(火) 10時
■場所:第二・三委員会室
■議題:第6次尾鷲市総合計画について

 8月後半にも、議運と全協を予定しています。

■長茂会合同夏祭り
■日時:8月20日(土) 17時半~19時20分
■場所:養護老人ホーム聖光園 運動場

 生活文教常任委員会も入ってきました。

■生活文教常任委員会
■日時:8月22日(月) 13時半
■場所:第二・三委員会室
■議題:学校問題に関する教育委員会の今後の取り組みについて
by owase874 | 2011-08-15 10:21 | 議会活動の予定


市民活動の延長線上に、市民目線の政治があると考えています。


by kumano874

プロフィールを見る

ご挨拶とブログの概要

当ブログに来ていただきありがとうございます。私が政治に関心をもったのは、災害現場でボランティアとして活動しているときに、どうしても市民活動・NPO活動だけでは届かない声があると感じてからです。1995年の、阪神淡路大震災のときです。それ以降、政策提言できる市民活動を合言葉に、さまざまなことを実践しています(市民派向けのブログもあります。こちらCafe_CReAM モノ語り)。


これまでの思いが実現したのが、2006年11月から、2期6年半在職した尾鷲市議会議員でした。3期目の挑戦には苦杯しましたが、貴重な実体験をさせていただき、条例の制定を中心にした議会改革や、市民活動で培った政策提言を直接できる立場として、負託の重さを実感することができました。

また、尾鷲市議として負託をいただいてからは、この地域ではいち早く、議員活動をお知らせする手段の一つとして、このブログを活用しました。当時のことも含め、日々私が何を感じ、何を考えているかを綴る活動報告にもなっています。なお、2014年5月1日からは、三重県熊野市議会議員として、あらたな1歩を踏み出します。

ときには辛口の意見もありますが、東紀州における公益や市民益を考える一人の意見として読んでいただければ幸いです。

質問や批評など、ご意見がございましたら、下記宛にお願いします。何かしらの方法で、きちんと対応させていただきます。ただし、ブログのコメントには、できる限り返答をいたしますが、端無自身の裁量になることをお許し下さい。

◆ブログ管理者
 未来874事務室
 熊野市飛鳥町佐渡462番地
 0597-84-1033
 kurage874@cream.plala.or.jp 

なお、たくさんの意見や考えをお聞かせ願いたいので、直接にお会いすることも可能です。日程調整などしますので、その旨をお伝え下さい。

facebookやtwitterにも登録しています。よろしくお願いします!

カテゴリ

プロフィール
議会活動の予定
コラム「温故知新」
端無の一般質問
定例会の報告
臨時会の報告
委員会等報告
議会改革報告
防災とまちづくり
教育とまちづくり
福祉とまちづくり
観光とまちづくり
住民自治を考える
産業振興を考える
公益行事への出席
地域の活動を知る
東紀州はひとつに
 
 
 
 
 
 
 
 

twitter

最新の記事

一般社団法人熊野レストレーシ..
at 2017-09-23 09:10
三重県熊野市議会議員【はなし..
at 2017-09-23 09:00
1年前を振り返る日、新たな決..
at 2015-04-20 14:58
熊野市の地方創生(移住交流編..
at 2015-03-14 17:29
議会が一枚岩になるということ
at 2015-03-03 00:41
【12月定例会の一般質問】熊..
at 2014-12-11 16:18
【丹レス主催】大杉の伐木と霊..
at 2014-11-10 13:17
これからの地方自治体
at 2014-10-30 14:14
【丹波水害復興支援_霊山寺と..
at 2014-10-30 09:52
【丹波水害支援_床下対応メイ..
at 2014-10-21 10:29

以前の記事

2017年 09月
2015年 04月
2015年 03月
more...

検索

その他のジャンル