<   2011年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

このままでは持ちこたえられない

 道の駅についての全員協議会が、はじまってまもなく流会になりました。おそらく、前代未聞かも知れませんし、私が議員になってはじめての出来事でした。

 冒頭から、進行役となる議長の熱い思いが先行し、議員からも、先の地元紙の報道内容を正す意見が相次ぎました(20日に開催された、尾鷲市道の駅設置検討会議で、議長が発言した内容が掲載されています)。これに、議長が興奮気味に回答をしたことにより、議員より会議続行の判断を議論するための、議会運営委員会の開催が提案されました。この間、副議長の私ができたことは、議長に対して、暫時休憩の宣言を出していただくことと、正副議長および議会運営委員会の正副委員長との協議を促すことだけでした。

 これら議員からの発言内容は、議長にとっては意に反するものだとは感じますが、声を大きくして挑戦的に回答していては、議長の資質を問われることになります。しかも、こういったことが、最近はとくに多くなり、補佐役としての私は、神経を尖らせることになっています。しかし、そこまでやる必要があるのか?との葛藤もあるので、「こんな議会では市民に顔向けできない」と考えるばかりです。また、この状況においても、「議長が決めれば会議は続行できる。議運は開催しなくてもいい」と進言する議会運営委員会の委員長にも、周りの空気が読めているのかとの憤りを感じました。結局、外部の議員の助言もあり、議会運営委員会が開催されることになりました。

 ここでの焦点は、「市長不在の全協はいかがなものか?」と、「議長の資質に欠けているのでは?」の2つでした。市長不在については、私自身は会議冒頭に知ったのですが、議長自身は事前に知っていたようです。しかし、今回の全協については、もともと意見交換会の形を取ることを前提にしていたので、副市長との日程調整は私がやりましたが、市長への出席を促すことはありませんでした。また、市長自身が、道の駅についての最終判断をやっていない状態なので、この時点で市長が出席するものでもないと判断しています。もちろん、道の駅の認証が差し迫っているなかで、市長の行動も悠長だとは感じますが、「財政や担当課での最終調整をやっている段階」との市長公室長の意見もありました。

 私が腑に落ちないのは、前回の全員協議会でも同じ状況でしたが、意見交換会を希望する副市長に応える形で、一問一答方式となる全員協議会ではなく、執行部と議員、議員と議員の議論がしやすくするための懇談会形式の意見交換会を、いつも議長が押し通せていない”迷い”があることです。「全員協議会への格上げ」を議員から進言されると、「みなさんの意見に従う」と、正副議長で話しあったことも棚上げされてしまいます。市長の最終判断が出ていない段階では、検討会議の意見も尊重しつつ、議員や議会としての意見交換は、やっていいはずだと考えていました。最終的には、常任委員会の開催と、全員協議会での報告になるという段取りもあったはずなので、調整する副議長の私としては、無駄と言える時間を割いてきたことになります。

 また、これは出すぎた意見になりますが、道の駅に対しては、非常に熱い思いを議長は持っておられるので、自分の意見を全面に出したい衝動を抑えることができません。議長の資質として、それもどうかなとは感じるのですが、全員協議会で進行役をするよりは、まずは、発言する(議論する)側になれる意見交換会にしておいた方が”無難”とも考えていました。私が意見を交換した議員からも、「いまの議長に進行役は難しい」と聞くので、なおさらそのように感じているのであれば、こうなることを予測できる前に回避するのも一考だと感じるのです。もちろん、これは議長の資質に関わることなので、いつまでもこの状態ではいけません。しかし、議長の肩を叩くのであれば、執行部にも、傍聴者にも、メディアにも恥ずかしい場面を露呈させるよりかは、粛々とやればいいと考えてしまいます。「議会はどうなっとる」と、より一層、市民から乖離していくきっかけを、自ら議会側がつくっていることになりかねません。

 多くの意見がでましたが、最後は議長の資質に問題があり、全員協議会の流会が決まりました。この判断が出た時点で、議長には大きな決断をして欲しいとは感じました。これ以上、世間に議長の資質を問われることは、議員の資質を問われることになりかねません。また、副議長として補佐役をしている身にとっては、これ以上、先輩議員ではありますけれど、議会が市民から乖離していくような状況をつくりたくはありません。議長に1票を投じた議員としても、あまりにも他の議員に声を荒げる場面や、議会運営上の不手際が多いと感じます。当初は、はじめての議長ということで、議員の多くが理解を示して協力をしてくれていましたが、最近はその協力さえもないと感じます。その潮時を察知することも、いまの議長には大事だと考えています。実際にも、他の議員からも、肩を叩かれているはずですし、それが1票を入れた者の責任としてあることを、議長にも理解してほしいところです。

 議運後の全員協議会の再開で、流会が報告されました。できれば、意見交換会に切り替えてでも、執行部の説明と、議員間の懇談に期待してはいましたが、この状況では無理だったのでしょう。無駄な時間を割くほど、いまの尾鷲市に余裕があるはずありません。もちろん、市議会においても、このようなことを繰り返してはなりません。大きな責任を感じながら、途方に暮れるしか無いのかと、自問自答したところです。そして、議員は孤独だなあと、あらためて感じました。
by owase874 | 2011-12-27 00:15 | コラム「温故知新」

尾鷲南インターと尾鷲北インター間の5.4kmが事業採択される

 三重県が、24日に発表しました。

 もとになっているのは、24日に発表された政府案です。

■ 平成24年度予算政府案
 http://www.mof.go.jp/budget/budger_workflow/budget/fy2012/seifuan24/index.htm

国土交通省・公共事業関係予算より抜粋
e0105019_1332784.jpg
全国ミッシングリンクの整備



 この政府案の全国ミッシングリンクの整備により、熊野尾鷲道路の尾鷲北インターから、大泊インターまでの約24キロ区間が、自動車専用道路で繋がることになります。これまで、尾鷲北インターから尾鷲南インターまでは、当面は国道42号線を共用することだったので、尾鷲市にとっても施策に大きな変化が起きることになります。当然ですが、道の駅についても、議論する根拠が増えたことになります。

 また、政府として、主要国道が津波の被害を受けたり、豪雨災害で頻繁に通行止めになることへの懸念を実行に移した形になります。東日本大震災や、台風12号の豪雨災害が大きく影響したのは言うまでもありません。実際にも、国道42号線は、いつしか雨に弱い道路になってしまっています。

 さて、われわれ議会の率先力にも期待されることですが、尾鷲市にとっても、想定だった施策が具現化することになります。
by owase874 | 2011-12-26 01:42 |  

尾鷲市は、東日本大震災で何を学ぼうとしているのか?

 東日本大震災で学べない自治体って、どうすればいいのだろう?

 まさか、尾鷲市がそうであるとは思いたくはありませんが、「県(国)の想定が出ていないので」などと言っているとしたら、次に来るであろう熊野灘沖での巨大津波は、尾鷲市をどう変えてしまうのかと不安になります。

 尾鷲市では、津波防災教育の顧問に、群馬大学の片田敏孝教授を迎えています。教授には、東日本大震災以前より、市の地域防災を助言する活動をしていただいておりましたが、釜石市内の防災教育の成果で、多くの児童・生徒、それにつられた住民をも巻き込んで、たくさんの命を救ったことが、大きくクローズアップされての採用でした。こういった担当部局の即応は、市が防災について率先した自治体であることの証明です。

 しかし、実際の警報発令による住民の避難行動については、各メディアに報道されるほど、市では対策が浸透しているとは言えません。「避難所に逃げた住民は数%」などと、不名誉な数値でもって全国に報道されています。もちろん、これも毎回のように対策を講じていますが、最後は住民が決めることだと感じています。災害時に命を守るのは、行政や議会ではなく、自分自身が基本です。ただし、その方法や方策など、より命を守る手段を講じるのが、行政や議会に求められるのは言うまでもありません。

 また、住民ではカバーしきれない防災や減災もあります。これは台風12号で大きな被害を受けた、紀伊半島南部でも明らかになっていますが(東日本大震災でも同じですが)、地域防災を考えるうえで、本当は重要視されないとならないことです。言葉で言うと、官民協働の地域防災や、災害ボランティアセンター、防災ボランティアコーディネーターなどです。東日本大震災や紀伊半島南部の豪雨災害においても、一過性で終わっているのが懸案事項です。また、私もわりかしこの分野で活動していますが、尾鷲市からは蚊帳の外的存在です。唯一、今回の豪雨災害で、名古屋などからのボランティアが市内に仮眠したときに、そのコーディネートができたくらいです。

 とくに感じることは、津波への理解度と言うか、市役所内でも、担当課によって見解の違いが出ていることです。例えば、市防災センターの防災力は、自治体でもトップクラスです。防災教育の面でも、片田教授などを採用しています。しかし、いざ学校施設の建物となると、尾鷲幼・尾鷲小学校の耐震化事業では、東日本大震災を受けての見直しは、一切ないまま事業が進められました。私も委員会の場で、この件について質しましたが、「していません」とアッケラカンでした。尾鷲小学校の校庭は、海抜7.5mほどなのにです。反対に、輪内中学校の耐震化事業では、新校舎は津波対策が施されており、「デザインよりも、津波に対応した校舎を想定している」と言い切った設計業者が頼もしく感じました。

 また、早田地区のコミュニティセンターの新築事業については、早田住民を巻き込んで、「津波の想定は、昭和19年の東南海地震で設計する」、「あのとき(昭和19年)よりも、防波堤などあるから」、「津波では山に逃げるから大丈夫」、「高台の候補地は適地ではない」、「早田地区の総意であるから」などと、「公共施設を津波想定場所につくる」ことを了承してしまっています。多くの自治体では、「津波を受ける場所には公共施設をつくらない」と行動しているのに、12月定例会の委員会においても、「早田地区の津波の新想定が発表されていない」と答えた岩田市長には、それ以上呆れてものが言えませんでした(実際には、速報版が出ていたんですけどね…)。

 一方で、喧々諤々の道の駅については、「津波に対応できるのは、南インターしか無い」と、なかば断言しています。先の商議所との意見交換会においても、商議所の委員からは、「公共施設は津波の想定場所につくらない」と、市長以上の決断でもって発言されたのが印象的でした。まさに、早田のコミュニティセンターとは見解の違う意見なので、こういった矛盾を、議会はどう対応するのかが注目されているはずです。尾鷲幼・尾鷲小学校は津波の新想定はなしで、輪内中学校は新想定を想定、道の駅はなんとしても高台で、早田のコミュニティセンターは昔の想定で十分…これだけでも、大きな矛盾があるように感じるのは、はたして私だけなのでしょうか?

 最後に、三重県の防災危機管理部が最近発表した”東北地方太平洋沖地震と同等規模の地震が発生した場合に、沿岸各地に50cmの津波が到達するまでの想定時間等一覧表”から、尾鷲市に関する部分を抜粋しておきます。また、リンクも貼っておきます。

津波浸水予測図(平成23年10月速報版)e0105019_19191735.jpg
防潮堤等の施設を考慮した場合の尾鷲市


 早田地区は沿岸部で8mを越えています。しかも10月の速報値を、市は知らなかったのでしょうか?

津波到達時間等一覧表(平成23年版)
e0105019_19472247.jpg
尾鷲市の新想定を抜粋


 「50cm津波到達時間(分)」は、地震発生に伴う地殻変動後の水位を初期水位として、そこから水位が50cm上昇するまでに要する時間を示しています。

 私はこの夏に、岩手県下閉伊郡山田町に行って来ました。また、山田町と同様に、紀伊半島南部の豪雨災害においても、後方支援や実支援を継続的に行なっています。一方、東紀州地域の議員で、ここまで率先的にやっている方を聞いたことがありません。もちろん、適材適所、議員にも得手不得手があるので、私にも不得意な分野もあります。しかし、これまでの防災・減災活動を考慮しても、今回の大きな2つの災害は、東紀州地域や尾鷲市において、いままでの思考をひっくり返さないとならいほどの衝撃があったはずです。

 せめて、公共施設は、耐震化の道筋を明確にし、津波被害を受ける場所にはつくらない決断が必要です。また、どうしても津波被害を受ける場所にある場合は、明確明瞭な避難手段と広報が必要です。さらに、想定場所に新規に建築する場合でも、津波に対応した強固で頑丈な建屋にするべきです。

 あと、津波被害を受けたあとのまちづくりについて、いまから議論するべきです。これは、東日本大震災の教訓がいかされるはずですし、三連動の地震と津波後のあるべき自治体の姿を、そのときに考えるのではなく、いまこのときから考えていくのです。自治体が壊滅的になる恐れが免れない地域なので、それでも自治体として機能するまちづくりが求められるはずです。

 やるべきことは、ちゃんと見えていないとなりません。
by owase874 | 2011-12-23 19:19 | 防災とまちづくり

議案第60号 工事請負変更契約について

 生活文教常任委員会での採決について、私は反対しました。

 担当課からの説明は理解できましたが、(尾鷲小学校の新校舎の外壁が)ログ工法から羽目板工法へ変更されることは、いくら工期に間にわないからといっても、大きな構造変更に違い有りません。これでは、入札自体の信頼性や公平性が失われかねません。すでに、設計ミスや予想外の追加工事によって、尾鷲小学校(尾鷲幼稚園)の耐震化事業は、どこか地に足が付いていない気がします。

■これまでの変更・追加など
 ・設計ミスによる追加工事
 ・工期遅れによる構造変更
 ・電気配線のやり変え
 ・教室の間仕切り追加
 ・井戸の発見と土壌改良
 ・水道管の漏水発見と再敷設
 ・あらゆる備品の追加購入

 小学校(幼稚園)という、子どもにとって重要な学校施設でありますが、将来に遺恨を残すようなことを認めるわけにはいきません。結果として、その子どもたちに不幸を残すことにもなりかねません。もちろん、工事に携わる関係者や、苦労を強いられている関係者もいるでしょうが、”なんでもあり”にしてしまっては、”行政と議会の両輪”は、うわべの言葉で終わってしまいます。

 今回の焦点である、ログ工法と羽目板工法によって、ログで使用するはずの柱材が大量に余ることが予測されます。大部分が、羽目板に再加工されると聞きましたが、角材に加工した材を板材に引き直すようです。それでも余るであろう材の行く末については、「ほとんど余らないと聞いている」ようです。しかし、その余りの材を他で消費するということ自体、当初の予定にはなかった使い方になるのではないでしょうか?そもそも、尾鷲産材を大量に使うというアイディアは、3.11の東日本大震災で見直されてよい部分であったかも知れません。やはり、津波の影響を受ける可能性がある学校施設は、強固でなければなりません。その再検証をせずに、この事業を進めたこと自体、私には理解しがたいことなのです。

 前回の工事請負変更契約についても(このときは、設計ミスによる追加工事が焦点)、委員会で否決されたにも関わらず、本会議で賛成討論する議員などが出て、結果として採択されました。個々の議員の判断には言及できませんが、採決前に執行部から最後のお願いがされていたのであれば、これは行政と議会の両輪ではありません。そして、今回の工法変更などによる追加工事が出たのですから、「これで最後の変更契約ですね」と念押ししたくなります。

 14日の今日、議場において採決が取られますが、尾鷲市の将来を考えてのこととして、毅然とした判断をしたいと考えています。
by owase874 | 2011-12-14 03:20 |  

道の駅について、商議所と意見交換会を開催

 商議所からは、道の駅の運営についての要望書をいただいております。

■日時:12月14日(水) 19時
■場所:尾鷲商工会議所
■議題:道の駅について

 要望書の件と、尾鷲における道の駅について、意見交換会を調整しました。明日は、私が司会を務めます。議員は任意の参加になります。
by owase874 | 2011-12-14 02:44 | 議会活動の予定


市民活動の延長線上に、市民目線の政治があると考えています。


by kumano874

プロフィールを見る

ご挨拶とブログの概要

当ブログに来ていただきありがとうございます。私が政治に関心をもったのは、災害現場でボランティアとして活動しているときに、どうしても市民活動・NPO活動だけでは届かない声があると感じてからです。1995年の、阪神淡路大震災のときです。それ以降、政策提言できる市民活動を合言葉に、さまざまなことを実践しています(市民派向けのブログもあります。こちらCafe_CReAM モノ語り)。


これまでの思いが実現したのが、2006年11月から、2期6年半在職した尾鷲市議会議員でした。3期目の挑戦には苦杯しましたが、貴重な実体験をさせていただき、条例の制定を中心にした議会改革や、市民活動で培った政策提言を直接できる立場として、負託の重さを実感することができました。

また、尾鷲市議として負託をいただいてからは、この地域ではいち早く、議員活動をお知らせする手段の一つとして、このブログを活用しました。当時のことも含め、日々私が何を感じ、何を考えているかを綴る活動報告にもなっています。なお、2014年5月1日からは、三重県熊野市議会議員として、あらたな1歩を踏み出します。

ときには辛口の意見もありますが、東紀州における公益や市民益を考える一人の意見として読んでいただければ幸いです。

質問や批評など、ご意見がございましたら、下記宛にお願いします。何かしらの方法で、きちんと対応させていただきます。ただし、ブログのコメントには、できる限り返答をいたしますが、端無自身の裁量になることをお許し下さい。

◆ブログ管理者
 未来874事務室
 熊野市飛鳥町佐渡462番地
 0597-84-1033
 kurage874@cream.plala.or.jp 

なお、たくさんの意見や考えをお聞かせ願いたいので、直接にお会いすることも可能です。日程調整などしますので、その旨をお伝え下さい。

facebookやtwitterにも登録しています。よろしくお願いします!

カテゴリ

プロフィール
議会活動の予定
コラム「温故知新」
端無の一般質問
定例会の報告
臨時会の報告
委員会等報告
議会改革報告
防災とまちづくり
教育とまちづくり
福祉とまちづくり
観光とまちづくり
住民自治を考える
産業振興を考える
公益行事への出席
地域の活動を知る
東紀州はひとつに
 
 
 
 
 
 
 
 

twitter

最新の記事

一般社団法人熊野レストレーシ..
at 2017-09-23 09:10
三重県熊野市議会議員【はなし..
at 2017-09-23 09:00
1年前を振り返る日、新たな決..
at 2015-04-20 14:58
熊野市の地方創生(移住交流編..
at 2015-03-14 17:29
議会が一枚岩になるということ
at 2015-03-03 00:41
【12月定例会の一般質問】熊..
at 2014-12-11 16:18
【丹レス主催】大杉の伐木と霊..
at 2014-11-10 13:17
これからの地方自治体
at 2014-10-30 14:14
【丹波水害復興支援_霊山寺と..
at 2014-10-30 09:52
【丹波水害支援_床下対応メイ..
at 2014-10-21 10:29

以前の記事

2017年 09月
2015年 04月
2015年 03月
more...

検索

その他のジャンル