<   2012年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

道の駅の防災機能について

 新年度予算の審議がはじまりました。予算決算常任委員会が所管です。

 市長公室より、道の駅に関する予算の説明を受けました。当初予算のなかに、「道の駅」基本計画策定委託業務として、496万5千円が計上されています。人づくり支援事業の一環なのですが、この事業自体にも不明瞭な点がいくつかあります。

 業務は、道の駅の妥当性について、調査を委託するのがこの予算ですが、1.資料収集整理、2.道の駅周辺の実態調査、3.設置の検証、4.レアウトの検討の4つの柱があります。内容としては理解できますが、あれだけ声を大にして言っている”道の駅の防災機能”については、言葉として触れられておりません。説明を求めると、項目1のなかに含まれているそうですが、言葉にでない程度のことで驚きました。

 道の駅の防災機能については、中越地震から再認識され始めました。東日本大震災においては、多くの道の駅が、物資や人材の中継地点や拠点にもなりました。いまさらそういった説明が欲しいのではなく、尾鷲の道の駅の防災機能について、明確明瞭な目指すところが知りたいのです。渡された資料にも、防災機能の熱い記述があるのに、業務内容にないのはいかがなものでしょうか?また、尾鷲商工会議所との意見交換会でも、道の駅の防災機能についての熱い思いを聞いています。しかし、委託する業務内容には、その可能性を調査するかどうかの記載がないのです。

 また、市長が繰り返し言ってる「都市マスタープランでは、道の駅の設置がうたわれている。これを認めた議員は、そのときに異論を出さなかったのでは」ですが、この言葉には大きな意図が含まれている気がします。議案をはじめとする予算などを認めると、「あのとき議員は認めたではないか」と揚げ足とりをしてくるのです。その通りでしょうが、実際の都市マスタープランでは、道の駅の設置について記載はあるものの、いまの場所への設置までは言及されてはいません。それを知ってての発言なので、やはり議会に責任を押し付けているようにも感じるのです。

 さらなる疑問点は、”南インター付近が望ましい”と決定されているのに、現時点では決まってはないという霞をかけているところです。この業務の結果が出たあとに、設置場所については是非が問えるという理屈は、いかにもお役所的でなんとも遠回りです。はっきりと、「南インター付近に道の駅を設置するための調査をする」はずなのに、結果次第で是非もしっくりきません。市長の十八番である「議会で決まったではないですか」になりかねない気もします。いまの流れから見ても、この業務を経て、道の駅をあそこに設置するのが基本路線なので、そういったシナリオでよいのかを問いたいのです。

 もうひとつ、これが尾鷲での道の駅をややこしくしている要因の一つですが、現在整備されている高規格道路と道の駅は、関連はあっても同時セットではありません。なので、高速道路からのアクセスは、将来的な希望的観測であって、実現するかどうかさえも不明瞭な話です。道の駅は、国道42号線沿いに設置されるのであって、高速道には設置されないのです。そこまで話を飛躍させれないのに、期待としての話が先行するので、”高速道路のインターの脇に道の駅がないとダメ”みたいな限定的な話にもなるのです。昨日の審議でも、「ストロー現象がどうの」とか、「アクセスはあるのか」みたいなやり取りがはじまるのです。まさに、強い道の駅をこしらえれれば、基本的にはなんの問題もないはずです。現状では、”いまつくらないとつくれない”程度の話です。

 どんな防災機能かの話もないまま、言葉だけが踊る道の駅は、本当に尾鷲に必要なのかと思ってしまいます。ここにきて、別の担当課より”まちの駅”の言葉もでてきたので、「早くも伏線か」と穿ってしまいます。

 どちらにしろ、コミュニティーセンターでもそうなのですが、道の駅は起死回生の手段であって、目的ではありません。そういう手段を講じる市の体制には評価をしていますが、なんだかトップの姿勢が伝わってこないのです。われわれは、オンジャンの井戸端会議をしているのではありません。

■参考
 岩手県下閉伊郡山田町の道の駅です。津波被害から免れた場所にありました。また、町の中心部から離れていたので、火災にもあいませんでした。震災後は、あらゆる拠点になっており、観光協会も入居しています。私が訪れた昨年8月も、ボランティアの立ち寄りや、地元民の憩いとスーパー的機能もしていました。
e0105019_641738.jpg


・道の駅やまだ 公式ホームページ
 http://www.yamada-michinoeki.jp/
by owase874 | 2012-03-13 06:06 |  

コミュニティーセンター関連の条例改正に反対する

議案第4号 尾鷲市地区コミニュティー・センターの設置及び管理に関する条例の全部改正について

 上記の条例について、生活文教常任委員会の採決で反対しました。説明内容には理解をしていますが、納得できない部分があるからです。

 これは、現在の各公民館を、コミュニティーセンターに名称変更するだけではありません。条例を全部改正するので、基本的には根本(仕組み)を全て変更するのです。まず、このことについて、地区住民は理解や納得をしているのでしょうか?担当より都合のよい説明を受けただけで、マイナス面についても説明を受けているのでしょうか?それだけの情報提示と理解について、疑問点が残りました。

 また、この条例の条文には、”センターは指定管理者制度を適用する”旨の記述があります。指定管理ということは、公募によりセンター管理者が決まると言うことです。公募ということは、地区外からの応募にも対応しなくてはならない可能性を秘めています。それぞれの集落支援を目指したセンターの設置が、ちょっとおかしな方向にいく気がしたのです。この件については、「私が市長在任中は、指定管理をしない」と発言されていましたが、条例に盛り込んだものを、時の市長が認めないという居心地の悪さを感じたのです。ここに、マイナス面があると感じたのです。

 さらに、反対した最大の要因は、「そもそもこのセンターの長には、再任用された退職職員を想定していた」ことでした。再任用自体を取り下げたので、実際には違った長が決まるそうですが、別の職員の派遣になるとの説明も、このとき初めて知りました。私が副議長の立場で聞いていたのは、”公募”という言葉もあったからでした。それは別によいのですが、想定していたシナリオが崩れた時点で、この条例改正の稚拙さを感じたのです。また、行政からの職員派遣はもとより、尾鷲市役所の職員として雇用されるセンターが、指定管理者制度の適用を受ける矛盾を感じるからです。

 コミュニティーセンターで、地域がガラリと変わるのは、本当は期待する部分もあるのですが、住民が追いついていなければ、それは絵に描いた餅のようなものです。
by owase874 | 2012-03-13 05:17 | 定例会の報告

尾鷲小学校の誠の池のこと

 定例会中、生活文教常任委員会のその他報告です。

 尾鷲小学校は、期限までに工事が完了するとのことです。運動場の整備が残っていますが、建屋は完成するようです。新校舎の全容も見えてきましたが、輪内中学校の設計を見てしまったあとの感想としては、「津波に耐えうる想定が入ってもよかった」と、あらためて感じてしまいます。確かに、外見上はオサレな校舎で、それはそれで子どもたちの自慢にも、教育的にも響きはあるでしょう。しかし、東日本大震災を目の当たりにし、10m級の津波が押し寄せる”結果”を知ってからは、とくにそう感じてしまいます。あくまで想定とはいえ、M9クラスの西日本大震災が起これば、尾鷲市街にも10mを越える津波が襲来するのです。

 いまとなっては、負け犬の遠吠えですが、私は「東日本大震災を教訓に」と言ってきました。尾鷲小学校の耐震工事は、ちょうど1年前のいまごろには、全体的な設計も決まっていたので、そこまでの想定をしての見直しも、変更もありませんでした。卒業生にとっては思い入れのあるあの階段も、設計したシーラカンスが念を押すように言っていた、尾鷲小学校のシンボルとして残ります。あのときの私は、取り払えとは言っていなくて、「運動場からの相互のアクセスに他の手段があっていい」との意見でした。運動場から駆け上がる、または駆け下りる、そういった避難を想定する上で、生徒目線で考えた場合の手段が必要だと感じたのです。「生徒も(階段の登り下りには)慣れている」と学校関係者に言われましたけどね。そのかわり、輪内中学校の設計を見ると、校舎と運動場はスロープになっていました。また、残るというのは、本当に残るだけであって、実際に見るとガタガタしています。この整備も(お金がかかるので)行わないそうです。

 さて、そのシーラカンスが念を押していた”尾鷲小学校が、尾鷲小学校であるためのシンボル”のもう一つが、”誠の池”でした。運動場の片隅に、いまは土で埋もれている元池です。当初の説明では、この池に雨水を循環させ、ビオトープとして再生させるとのことでした。記憶をたどれば、校舎から誠の池までは、運動場の地下を通る雨水のパイプがあって、誠の池から尾鷲小学校を写したスライドまで見せていただいて、この池の再生の必要性を訴えられました。そこまで説明された誠の池でしたが、この日に説明を求めると、「予算もかかるので、今期の整備はしないし、そもそも設計にも入っていない」でした。いつかは整備するけど、お金もかかるし、学校独自で整備するとのことです。もちろん、校舎からの雨水利用とかは幻ということです。あの距離を、学校独自の予算では整備しきれない可能性が大きいです。

 あれだけ説明をしておいて、ワークショップで子どもたちからの要望も大きかったと聞いていて、設計にすら入っていなかったのは驚きです。驚きを通り越して、シーラカンスの説明はなんだったのかと感じます。私個人としては、「池の整備なんかまで手が回らないだろな」くらいで終わりですが、さも整備するようなことを言っておいて、実はなんにもしないのは虚偽に近いです。もちろん、学校側でやるようですので、”やる”には違いありませんけどね。でも、これは説明責任を果たしてはいない気がします。こういったことが、なんの説明もなくいままで放置されていたのを知り、「議会も馬鹿にされたものだ」と感じました。

 尾鷲小学校はまもなく完成します。それは喜ばしいことで、何よりも子どもたちにとっては自慢でしょう。一方では、東日本大震災を受けての教訓が生かされず、シンボルも整備もしないままという現実は、きっとどこかで大きな影響を与えるのではと考えてしまいます。

 尾鷲湾から一番離れた場所に整備する駐車場は、「一時避難もできるスペースの確保」とは名ばかりで、職員駐車場として3分の2以上は埋まってしまう話でした。また、新校舎の斬新なデザインは、津波の直撃を受けるようなことがあれば、受け流すような構造ではないために、かなりの衝撃をまともに受けることでしょう。さらに高台に逃げる整備もできていない上に、今回の話だったので、警鐘を意味する上でも、予算や変更に反対し続けてきたのは間違いではないと感じています。ただただ、残念なことが多いです。

「設計には、誠の池の整備は入っていません」

あのときの説明は、一体何だったんでしょうかね?

■参考資料
 4枚目に、誠の池のことが書かれています。書かれているんですよ!
e0105019_448694.jpg


e0105019_4481969.jpg


e0105019_4482947.jpg


e0105019_4483922.jpg


by owase874 | 2012-03-13 04:40 |  


市民活動の延長線上に、市民目線の政治があると考えています。


by kumano874

プロフィールを見る

ご挨拶とブログの概要

当ブログに来ていただきありがとうございます。私が政治に関心をもったのは、災害現場でボランティアとして活動しているときに、どうしても市民活動・NPO活動だけでは届かない声があると感じてからです。1995年の、阪神淡路大震災のときです。それ以降、政策提言できる市民活動を合言葉に、さまざまなことを実践しています(市民派向けのブログもあります。こちらCafe_CReAM モノ語り)。


これまでの思いが実現したのが、2006年11月から、2期6年半在職した尾鷲市議会議員でした。3期目の挑戦には苦杯しましたが、貴重な実体験をさせていただき、条例の制定を中心にした議会改革や、市民活動で培った政策提言を直接できる立場として、負託の重さを実感することができました。

また、尾鷲市議として負託をいただいてからは、この地域ではいち早く、議員活動をお知らせする手段の一つとして、このブログを活用しました。当時のことも含め、日々私が何を感じ、何を考えているかを綴る活動報告にもなっています。なお、2014年5月1日からは、三重県熊野市議会議員として、あらたな1歩を踏み出します。

ときには辛口の意見もありますが、東紀州における公益や市民益を考える一人の意見として読んでいただければ幸いです。

質問や批評など、ご意見がございましたら、下記宛にお願いします。何かしらの方法で、きちんと対応させていただきます。ただし、ブログのコメントには、できる限り返答をいたしますが、端無自身の裁量になることをお許し下さい。

◆ブログ管理者
 未来874事務室
 熊野市飛鳥町佐渡462番地
 0597-84-1033
 kurage874@cream.plala.or.jp 

なお、たくさんの意見や考えをお聞かせ願いたいので、直接にお会いすることも可能です。日程調整などしますので、その旨をお伝え下さい。

facebookやtwitterにも登録しています。よろしくお願いします!

カテゴリ

プロフィール
議会活動の予定
コラム「温故知新」
端無の一般質問
定例会の報告
臨時会の報告
委員会等報告
議会改革報告
防災とまちづくり
教育とまちづくり
福祉とまちづくり
観光とまちづくり
住民自治を考える
産業振興を考える
公益行事への出席
地域の活動を知る
東紀州はひとつに
 
 
 
 
 
 
 
 

twitter

最新の記事

1年前を振り返る日、新たな決..
at 2015-04-20 14:58
熊野市の地方創生(移住交流編..
at 2015-03-14 17:29
議会が一枚岩になるということ
at 2015-03-03 00:41
【12月定例会の一般質問】熊..
at 2014-12-11 16:18
【丹レス主催】大杉の伐木と霊..
at 2014-11-10 13:17
これからの地方自治体
at 2014-10-30 14:14
【丹波水害復興支援_霊山寺と..
at 2014-10-30 09:52
【丹波水害支援_床下対応メイ..
at 2014-10-21 10:29
【東皐寺復興支援&クールダウ..
at 2014-10-09 11:23
【丹波水害復興支援】東皐寺、..
at 2014-09-26 12:31

以前の記事

2015年 04月
2015年 03月
2014年 12月
more...

検索

その他のジャンル