<   2013年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

道の駅と防災機能について、尾鷲市の場合を考える

 道の駅の話題の中に、防災機能が必ず出てきます。

 根拠としては、東日本大震災の際に、道の駅が救援活動の拠点になったり、被災した住民の避難場所になったりしたからですが、これまでにも、災害時に道の駅が果たした役割が大きかったからです。いまでは、防災機能を持たせることが、道の駅設置の必須条件にもなっています。

 これ自体に私も異論はなく、広い場所と24時間トイレ、休憩所や物販施設などが集約されている場所である以上、災害時、緊急時の想定はあって然りです。ただし、尾鷲市が構想している現状での道の駅では、防災機能を全面に出すほどの理由が見つからないのが私の考えです。

 まず第一に、市街地から遠すぎるです。

 道の駅自体は、遠くにあっても構わないのですが、尾鷲市の災害と被災を考えた場合、現状の尾鷲南IC付近では、効率的な防災拠点にはなりえません。市長からも、防災拠点とよく説明を受けますが、尾鷲市における防災拠点は、市街地になければ話になりません。理由としては、南海トラフの地震と津波を想定したとき、尾鷲市街地が受ける被害は、人的なことを考慮しないとしても、多くの建物が津波で破壊され、尾鷲市役所自体も、老朽化から倒壊する恐れがあります。その救援と復興を考えても、市街地に防災拠点があるべきです。また、人的な被害も免れないので、尾鷲総合病院や尾鷲消防署が近い位置にあることが、必須条件とも言えるでしょう。

 先の12月定例会の一般質問で、私が市長に問うた小原野一帯の防災拠点化は、なにも私が最初の言い出しっぺではなく、尾鷲市自体も想定しているシナリオです。私は、いまはくろしお学園が入っている旧尾鷲工業高校が、仮りの尾鷲市役所庁舎になりうる可能性もあると考えるし、広大なグランドそばには、3機が駐機できるヘリポートもあります。ここから、小原野に橋を渡せば、広大な高台である小原野の価値も見直されるはずです。しかも、この小原野には、尾鷲北ICと、尾鷲南ICをつなぐ高速道路が通るとも言われています。

 事前復興のことも、市長は口にするようになっていますが、整備された耐震岸壁から小原野までの命のラインを、事前復興の手がかりとして整備していくことこそが、いまやるべき施策だとも考えています。この命のラインとは、救援支援の櫛の歯となるこの動線上場に、耐震岸壁、尾鷲市役所、尾鷲総合病院、おととやコメリなどがる商業施設、尾鷲高校、旧尾鷲工業高校、ヘリポート、小原野があるからです。このことからも、尾鷲北ICと、尾鷲南ICをつなぐ高速道路の早期着工は、尾鷲市の防災を考える上でも、重要施策になりえるのではないでしょうか?

 次に、現在の道の駅では、輪内方面の利用には無理がある。です。

 尾鷲南IC付近に道の駅があれば、例えば三木里側からトンネルを越えて、災害時には利用者が集まるとも言われています。しかし、5-6kmもある道のりを目指すよりかは、三木里IC付近の高台に、周辺地域の防災拠点をつくるべきではないでしょうか?同様に、賀田にもICができるので、ここにも防災拠点は必要です。このような構想を立て、新鹿ICにも防災拠点が構築されれば、新鹿町から飛鳥町に抜ける八丁坂峠の整備を実現させたとして、支援のラインは、関西方面からも伸びる可能性があるのです。支援のラインは、なにも三重県北部からだけではないので、関西からの支援も考える必要があるはずです。そのために、尾鷲から下北山村に抜ける国道425号の整備も言われているところです。

 なにも、防災拠点は一つでなくていいはずですし、尾鷲市で考える場合は、尾鷲市街地に防災拠点の本部を置き、各ICにサテライトのような支援の拠点を構築することが効率的だとも言えます。それをつなぐのが、現在整備されている高速道路となるわけです。そう考えていくと、現状の道の駅には、防災拠点を声高にする必要性がなくなってしまいます。仮に、道の駅を尾鷲南IC付近に設置したとしても、防災拠点を根拠に、物販があの規模でいるとはならないでしょう。国道42号線を通過する自動車とその同乗者のために、防災機能を持った道の駅が必要とは言っても、なにも現状の場所でなくても事足りような気がします。

 道の駅に防災機能があるのはいいことです。しかし、現状の尾鷲南IC付近を想定し、これを根拠に整備するには疑問があります。尾鷲市のように、市街地と市街地南部との立地を考えると、それぞれに防災拠点は必要でしょうし、性急にことを進めて大金を投入するよりは、整備が偏り遅れている各地のコミュニティセンターを、耐震があり、津波後にも機能する立地と構想で、1日も早くに整備するべきです。私が、東日本大震災後の山田町を視察させていただいたとき、ある地域の集会所に避難した全員が、建物ごと津波に押し流された現場を見せられました。その場所ですら、高台と認識され、そのために集まってきた住民が、拠り所となる公共施設で亡くなったことを想像すれば、尾鷲市が同じ轍を踏むことは許されません。

 軽々しくではないでしょうが、現状の道の駅が、尾鷲市の防災拠点であるかのような発言と根拠だてには、正直に言って怒りすら覚えてしまいます。命というのは、これまでの教訓を元に、さらなる向上と手はずを目指すべきです。 また、教訓とは、そういうことではないでしょうか?
by owase874 | 2013-02-21 12:53 | 防災とまちづくり

尾鷲商工会議所と尾鷲市議会との「道の駅設置」に関する意見交換会

 昨日、表題の意見交換会が開催されました。率直な意見から言うと、意見を交換する場だったので、商議所側の意見は、もっとたくさん聞いておきたかったです。どうしても、議員側が出しゃばって長く語るので、交換とまでいったかどうか定かではありません。また、道の駅設置について、賛成か反対かなどの意見を求められると、執行部から提案もされていないなかで、中身の無い話にもなってしまいます。

 ただし、道の駅について、尾鷲商工会議所側の雰囲気はつかめたので、収穫ある会であったことも確かです。この件について言えば、商議所側に一致した考えや意見はなく、議論は未成熟だと感じました。物販と防災機能についても、商議所側に大きな隔たりを感じましたし、市の執行部がきちんとコンセンサスを取っているのか?と言う疑問も持ちました。個々が好き勝手言うのと、組織として意見するのとは違うとも感じました。

 以上のことから、道の駅を尾鷲に設置する、しかも、現状の尾鷲南インター付近と言う設定は、白紙撤回せざるを得ないと感じたのが正直なところです。商議所ですら一本化されていない状況で、物販や防災機能が一人歩きをしています。とくに、市長や副市長が、市政懇談会で発言している内容は、商議所が承認したものではなく、出処と確証のない話が多いです。とても、執行部側が想定しているシナリオとスケジュールでは、身のある道の駅には、なり得ないと感じたところです。

 私が疑問に感じことは、道の駅の中身について、議会側、議員側の精査と発言がないとの意見でした。そもそも、道の駅の設置については、協議会で議論されたのちに、方向性が議会にも示されたのですが、この時点でも、多くの議員が賛否の意見を発言しています。それを報道するかしないのは、メディア側の裁量ですので、新聞紙上に出ていないことが、イコール無関心ではありません。また、議会の仕組みを理解してもらうしかないのですが、議会側には執行権がないので、できることとできないこともあります。

 また、尾鷲市がコンサルタントに委託した基本計画と、尾鷲商工会議所が同じくコンサルタントに委託した提案資料が手元にあるのですが、基本計画にこれまで意見した内容が反映されているわけでもなく、一方の商議所の提案資料は、「これが最終案ではない」と言いながらも、中身は総花的に大きな夢が描かれています。これらは、市側に500万円、商議所側に200万円の予算で行われたので、お金をかけただけの中身になっていないかどうかは、予算を承認した議会側に責任のすべてがあるわけでなく、発注先にも大きくあると感じたとところです(商議所側の予算は議会採決ではありません)。

 尾鷲市の基本計画では、調査データを元に道の駅の可能性が論じられているのですが、現実的ではない項目も多数あり、これは市側も認めているところです。私としても、「だから言ってあるでしょう」と、絵に描いた餅になっています。しかし、協議会の内容が元になっていることもあり、「これが協議会の総意の内容なのかな?」、「商議所とのコンセンサスはとれているのかな?」と感じたところです。これについて商議所側は、「確認はしているが、まだまだこれから」との意見と、「あんなんはただの計画」との意見もありました。

 結果的には、双方で意見が交換できたどうかとなってしまうのですが、議会と商議所との雰囲気からは、「道の駅は時期尚早」と感じられました。どう考えても、副市長が言ってるような期限には間に合いそうにないし、防災面から言えば、早い設置の効果はゼロではないが、事前復興の言葉を市長も言っている以上は、道の駅が集約先ではないとの認識を得たところです。

 あと、現状の道の駅の構想は、想定されている南インター付近に、新たに街をつくるくらいの勢いで、道の駅が尾鷲の救世主のような位置づけは、今後だけでなく、将来や未来にわたって遺恨とツケを回してしまうだろうとの見方です。手段であっても、道の駅が施策の一番地一丁目ではない気がします。それ以上に、尾鷲市がやるべき重要施策は、防災面だけみても山積みではないでしょうか?

 ただし、商議所側からの意見として、「今後も尾鷲市の将来に向けて、商議所と議会が意見を交わしていく」ことの重要性は、私も強く感じているところです。商議所と言えば、事業所のトップの集まりです。それぞれ、考え方も行動する手段も違うでしょうが、尾鷲市の発展を望んでいることに違いはありません。事業の主としての自負と誇りと実績は、必ず必要不可欠な要素ですので、執行部を巻き込んでの提案と行動が、今後も絶対に必要だと感じたところです。
by owase874 | 2013-02-20 12:48 |  

尾鷲市議会基本条例(案)について

 尾鷲市議会基本条例についての話題です。

 先進地への視察を重ね、議会改革特別委員会を設置してからは、今日で14回目の作業部会も開催し、ようやく日の目を見るところまで来ました。これまでに、数ヶ所での市民説明会を開催し、条例の前文や条項についても、幾度となく精査をしてきた結果です。先に制定している自治体議会の同条例も、どれだけ読み漁ったことかというほどに、勉強させていただきました。

 この条例については、私のほうで骨子案を作らせていただき、尾鷲市議会独自の内容も多数含めています。とくに、正副議長としての活動内容にも言及し、正副議長になるからには、他の議員以上に議会の情報公開に努める内容になっています。また、市長に対する要求も多数盛り込んでおり、二元代表制を担保させる条項も含んでいます。また、市民が理解しやすいように、言葉や文言も噛み砕いており、市民の参画も盛り込んでいます。

 具体的には、この条例の章立ての考え方は、以下の4項目に整理しました。なお、ここまで整理して条例化している先進地は少なく、一番に考えた部分でもあります。

 1.総則的事項
 2.議会機能を強化する事項
 3.議員能力を強化する事項
 4.住民参加を強化する事項

 また、章立てによる目次としては、以下の全28条で構成しました。

 前文

 第1章 総則
  第1条 目的
  第2条 定義
  第3条 最高規範性
  第4条 見直し規定

 第2章 議会機能の強化
  第5条 議会の活動原則
  第6条 緊張感の保持
  第7条 反問の許可
  第8条 政策形成過程の説明要求
  第9条 予算及び決算における政策説明資料の作成
  第10条 議決事件の拡大
  第11条 参考人及び公聴会制度の活用
  第12条 議会図書室の充実
  第13条 議会事務局の体制
  第14条 議会の情報公開
  第15条 正副議長による情報発信
  第16条 市民懇談会の実施
  第17条 議会報告会の実施

 第3章 議員能力の強化
  第18条 議員定数
  第19条 議員報酬
  第20条 議員の活動原則
  第21条 政策討論会の実施
  第22条 自由討議の実施
  第23条 政務調査費の公開
  第24条 議員研修の公開
  第25条 議員の政治倫理

 第4章 市民参加による強化
  第26条 請願及び陳情の権利
  第27条 議会傍聴の促進
  第28条 市民窓口の設置と利用の促進

 そもそもは、議会や議員の資質を自ら問う条例であるので、ちゃんとしていれば必要ありません。しかし、議員を目指そうとする人たちにとっては、最低これだけの資質を要求されると理解できるでしょうし、現職議員においては、自らを戒める内容となっています。また、市長においても、議会や議員を無視できない内容を盛り込んでいるので、議会対策をきちんとやることが、双方にとっての利益につながり、敷いては市民の利益にも波及していくことになります。

 実際には、この条例案は3月の定例会で発議され、4月1日からの施行となる予定で進めています。さらに必要であれば、細かな修正などを加えつつ、現時点で最高の条例になればと考えています。手前味噌になりますが、議会事務局任せにせずに、議員間でこの条例案を仕上げたことは、尾鷲市議会の底力を示したと言いたい気分です。
by owase874 | 2013-02-08 00:32 | 議会改革報告

【お知らせ】カフェにてお話をしませんか?

 私が事務局長を務める東紀州コミュニティデザイン(民設民営の市民活動支援センター)では、北浦町のキタガワノホトリに、コミュニティカフェレストCReAM(くりーむ)をオープンさせています。このカフェレストでは、日替わりコックさんによるランチの営業をはじめていますが(日替わりコックさんも随時募集しています)、空き時間に私自身がカフェを営業することになりました。想定は、今町にあったカフエクリームの再来です。

 まちのサロン・ド・カフェとして、市内外の情報交換や共有、市政への政策提言など、人が集まりなにかが起こるカフェとして、皆さまのご来店をお待ちしております。なお、私がコーヒーをお出しするカフェですので、コーヒー1杯のオーダーが原則ですが、営業時間内は、私が在住しています。可能な範囲で、市政にまつわる情報も提供します。
e0105019_11353049.jpg
キタガワノホトリ


気軽にお会いできますので、よろしくお願いします。

■2月の予定営業日 ※公務などで、不意に休むこともあります
 04日(月) 10時~16時
 06日(水) 10時~12時半、13時半~16時
 11日(月) 10時~16時
 12日(火) 10時~12時
 20日(水) 10時~12時半、13時半~16時
 25日(月) 10時~16時
 26日(火) 13時半~16時
 27日(水) 10時~12時半、13時半~16時

■営業時間の問い合わせ ※不定期なので不在もあります
 コミュニティカフェレストCReAM(くりーむ)
  090-8658-6601 端無まで
by owase874 | 2013-02-04 11:40 | コラム「温故知新」

同日選挙の可能性について

 文章が長いと指摘を受けました。確かに長いですね。

 同日選挙の問い合わせがありました。ちょうど、担当課からも説明を受けていたので、タイムリーな話題でした。そもそも同日選挙とは、5月30日に任期満了する尾鷲市議会議員と、7月25日に任期満了する尾鷲市長についてです。約2ヶ月離れた双方の任期満了ですので、同日選挙と言ってもピンとはこないものですが、そう言った噂や声が上がる根拠があるのです。

 私たち市議会議員をはじめとする議員には、公職選挙法という法律があります。この中の第34条の2には、通称90日特例という記載があります。これは、”議会議員と自治体の長の任期満了が90日以内であれば、同日選挙を行なってもよい”という特例です。

 この特例によれば、市長の任期満了の50日前から、市議会議員の任期満了の50日後の範囲内であれば、同日選挙の開催は可能です。日程的には、6月5日から7月19日の間となり、投票日は概ね日曜日となるので、この間の日曜日と推測できます。

 ただし、この特例には、少々厄介な懸念事項も生じます。市議会議員の任期満了が先になるので、同日選挙を行った場合、議会不在の期間が生じてしまいます。議会がない状態というのは、任期満了前の市長にとっては、予算などの専決処分が出来る事になってしまいます。また、この期間に大規模災害などが発生した場合は、議員が不在のままで対応を迫られることにもなりかねません。

 そのため、通常の選挙では、それぞれの任期中に選挙活動が行われます。在籍している間で選挙をするので、新人として立候補した方と、現職の身分を持ったままの候補者では、大きな違いがあるのです。それは、この選挙期間中に、なんらかで議会を開催する案件が生じたときは、選挙中でも現職の候補者には招集がかかります。

 ただし、同日に選挙をするかどうかは、議会や市長が決めるのではなく、ときの選挙管理委員会が決定します。独立した機関ですので、双方には従う義務が生じます。現在、尾鷲市選挙管理委員会では、同日選挙の可能性も探りながら、議会不在の重さも考慮しつつ、議論を展開していることと考えられます。近いうちに、その結果が発表されると推測できますので、我々にとっては見守るしかありません。

 しいて言わせていただけるなら、議会がない不在期間というのは、議会や行政の仕組みを知る者としては、少々荒っぽいとは感じるものの、住民感情から考えると、費用面や現状の議会や議員の存在意義から鑑みても、90日特例が明記される現実にもうなずけます。どちらにしても、私にとっては、政治家としての信念がありますので、それによって左右されるものではありません。
by owase874 | 2013-02-01 01:08 | コラム「温故知新」


市民活動の延長線上に、市民目線の政治があると考えています。


by kumano874

プロフィールを見る

ご挨拶とブログの概要

当ブログに来ていただきありがとうございます。私が政治に関心をもったのは、災害現場でボランティアとして活動しているときに、どうしても市民活動・NPO活動だけでは届かない声があると感じてからです。1995年の、阪神淡路大震災のときです。それ以降、政策提言できる市民活動を合言葉に、さまざまなことを実践しています(市民派向けのブログもあります。こちらCafe_CReAM モノ語り)。


これまでの思いが実現したのが、2006年11月から、2期6年半在職した尾鷲市議会議員でした。3期目の挑戦には苦杯しましたが、貴重な実体験をさせていただき、条例の制定を中心にした議会改革や、市民活動で培った政策提言を直接できる立場として、負託の重さを実感することができました。

また、尾鷲市議として負託をいただいてからは、この地域ではいち早く、議員活動をお知らせする手段の一つとして、このブログを活用しました。当時のことも含め、日々私が何を感じ、何を考えているかを綴る活動報告にもなっています。なお、2014年5月1日からは、三重県熊野市議会議員として、あらたな1歩を踏み出します。

ときには辛口の意見もありますが、東紀州における公益や市民益を考える一人の意見として読んでいただければ幸いです。

質問や批評など、ご意見がございましたら、下記宛にお願いします。何かしらの方法で、きちんと対応させていただきます。ただし、ブログのコメントには、できる限り返答をいたしますが、端無自身の裁量になることをお許し下さい。

◆ブログ管理者
 未来874事務室
 熊野市飛鳥町佐渡462番地
 0597-84-1033
 kurage874@cream.plala.or.jp 

なお、たくさんの意見や考えをお聞かせ願いたいので、直接にお会いすることも可能です。日程調整などしますので、その旨をお伝え下さい。

facebookやtwitterにも登録しています。よろしくお願いします!

カテゴリ

プロフィール
議会活動の予定
コラム「温故知新」
端無の一般質問
定例会の報告
臨時会の報告
委員会等報告
議会改革報告
防災とまちづくり
教育とまちづくり
福祉とまちづくり
観光とまちづくり
住民自治を考える
産業振興を考える
公益行事への出席
地域の活動を知る
東紀州はひとつに
 
 
 
 
 
 
 
 

twitter

最新の記事

1年前を振り返る日、新たな決..
at 2015-04-20 14:58
熊野市の地方創生(移住交流編..
at 2015-03-14 17:29
議会が一枚岩になるということ
at 2015-03-03 00:41
【12月定例会の一般質問】熊..
at 2014-12-11 16:18
【丹レス主催】大杉の伐木と霊..
at 2014-11-10 13:17
これからの地方自治体
at 2014-10-30 14:14
【丹波水害復興支援_霊山寺と..
at 2014-10-30 09:52
【丹波水害支援_床下対応メイ..
at 2014-10-21 10:29
【東皐寺復興支援&クールダウ..
at 2014-10-09 11:23
【丹波水害復興支援】東皐寺、..
at 2014-09-26 12:31

以前の記事

2015年 04月
2015年 03月
2014年 12月
more...

検索

その他のジャンル