<   2014年 04月 ( 22 )   > この月の画像一覧

新人議員の研修会

 10時より、議会概要説明会に参加しました。

 今回初当選した新人議員の研修会であり、私にとっては、新人とはいえ議員経験者ですので、おさらいの部分もありました。しかし、自治体が変わると、議会の申し合わせ事項なども変わってくるので、興味深い内容の話もありました。
e0105019_22392090.jpg
資料


 議会改革については、隣市の尾鷲市議会と比較すると、議会基本条例や政治倫理条例などの制定はありませんし、インターネット放送も本会議のみとなっています(尾鷲市議会は本会議だけでなく、全ての委員会も生録放送)。また、議会報告会もやっていないので、主な比較では改革後進と言わざるえません。しかし、話を聞いていると、その改革に着手しようと奔走している部分もあるので、今回の改選で大きく前進する可能性が大きいです。

 ただし、いただいた資料のなかで、予算額と決算額との差額に関する説明書は、尾鷲市議会ではなかった資料ですので、これは大変見やすいものでした。3月の当初予算から、補正を繰り返した決算額とは、大きな隔たりが出るもので、多いときには30億円以上が増額されます。その理由を述べた資料は、見やすく納得いくことも多い資料でしたので、これはありがたいと感じました。

 また、追加資料で、前期総合計画と、平成23年度の決算書、平成24年の予算書もいただいてきたので、過去3年間の予算と決算の流れが掴めるようになりました。さらに、現市長が推進する総合計画も前期後期で出揃っているので、首長が掲げる自治体づくりの根幹を知ることもできます。

 議員は、好き勝手に質問したり、市長に提案できるわけではなく、総合計画にもとづいて、地方自治法の枠内での活動が許されています。これを勘違い、あるいは理解に欠ける議員も多いので、そもそも総合計画に記載されていないことを、地方自治法の枠内を無視して質問や議論する議員も見受けられます。これが首長との意見が噛み合わない一つであり、この部分はまさに勉強をしなくてはなりません。

 研修会のあとは、議長の計らいで、庁舎内の各課を案内いただき、県庁舎や市関係の出先機関も紹介していただきました。こういったことも、以前は行われていなかったとのことで、これも一つの議会改革に繋がります。なにしろ、右も左もわからないことだらけの世界でもあるので、事前の顔合わせは大きな強みともなります。

 任期まであと少しありますが、お互いに切磋琢磨しながら、新人4人の旋風を巻き起こせたらと願いました。それを、多くの市民は求め、期待していると感じています。
by owase874 | 2014-04-25 22:58 | コラム「温故知新」

議員概要説明会と議員懇談会の開催

 新人議員向けの新人研修があります。

■日時:4月25日(金) 10時から
■場所:議会事務局 応接室

 議会事務局より、議会の仕組みや議員についてのイロハをレクチャーいただきます。また、庁舎内を案内していただく予定です。

 また、来月初めには、熊野市議会議員懇談会もあります。

■日時:5月7日(水) 10時から
■場所:第3委員会室
■議題:5月の臨時会について
 1.議長・副議長の選挙の方法について
 2.議長・副議長の任期について
 3.議会運営委員会の委員について
 4.議席の指定について
 5.会議録署名議員について
 6.議事運営について

 そろそろと、熊野市議会についてわかってきそうです。
by owase874 | 2014-04-25 06:37 | 議会活動の予定

議会改革って実はなに?

 熊野市議会の議会改革を訴える候補者も多かった選挙でした。

 私もそのひとりですが、ぜひ必要と思われる議会または議員に対する条例が2つあります。1つは、議会基本条例で、もう一つが政治倫理条例になります。議会基本条例に、政治倫理条例を含めることも可能ですが、議会や議員の資質を求める根幹となる議会基本条例の制定は、議会改革の1丁目だと考えています。

 また、議会の透明性と議員の仕事を公開する意味で、本会議だけでない会議(委員会)の公開放送(インターネット放送)にも着手すべきと考えています。一般質問だけではない議会の様子を知らせることは、市民にとって議会や議員の仕事を知ってもらう上で、とても大事なことだと感じています。

 さらに、定例会の様子を市民に広く説明する、議会報告会の開催も必要となってくるでしょう。年4回の開催からはじめられるので、大きな負担でもありません。

 あと、議長や副議長の選任などについては、立候補者が役職に対する思いや改革案を披露することを義務付け、数の論理で事前に決まっているようなことがないようにできればと感じています。これらはすべて、開かれた議会のスタンダードであり、近隣市町の先進例を参考にしながら、熊野市議会に見合った条例化や申し送りをすればいいだけです。

 また、こういった議会改革を念頭に置いた正副議長を選出することが、私にとって必要な議員となります。
by owase874 | 2014-04-24 02:42 | コラム「温故知新」

当選後から現在の状況

 近況報告します。
e0105019_1251947.jpg


 開票日の翌日、慌ただしく片付けをしながら、当選証書の授与式に参加しました。14名の次期議員が参加しましたが、任期は5月1日からなので、正式には、いまはまだ議員の身分ではありません。しかし、今月の25日には、新人議員の議会勉強会もあるので、公務とまではいきませんが、そのための準備などが予定されています。

 また、選挙の後片付けのなかには、会計報告などの出納閉鎖もしなくてはならないので、事務所はわりとバタバタとしています。いまも、スタッフ1名が午後から出勤して、お客さんの対応や事務処理をしています。私の方も、支援者宅に父と挨拶回りをしているので、連日気が抜けない日々を過ごしています。

 選挙は、地元のみならず一大イベントでもあるので、余韻にひたるというよりは、次へのステップがすでにはじまっています。新たに声をいただいたり、支援者の叱咤激励もありますので、これまで以上に身の引き締まる思いをしています。私自身は、当事者でもあるので当たり前ですが、両親を早く休ませてあげたいと思いつつ、今月いっぱいはこんな感じで過ぎていきそうです。

 娘の方も、「とーちゃん、今度は勝ったんやね」とゴキゲンですが、とは言え、徐々に日常生活に戻しているので、夜はわりと平穏に過ごせるようにもなりました。選挙中も、風呂と就寝は一緒でしたので(私は、寝かした後に起きてはいましたが)、生活リズムを元通りにするのは、やはり両親の助けも必要です。

 ここでは詳しく書きませんが、生まれ故郷での選挙は、本当に熾烈な出来事ばかりでした。いまになって、期間中のあれこれ話が舞い込んできますが、傷つくのは当事者の僕ではなく、両親や私の関係者ばかりです。それを知ってか知らずかですが、そういうことを流布した人たちの行くすえが心配です。同じ地区に住みながら、同じ地区の人間を卑下したり貶めたりするのですから、選挙がきっかけとはいえ、人間の本性はこういう時にこそ垣間見えるものだと、あらためて感じました。挨拶回りの支援者には、「法的な処置もしていいのでは?証拠もあるんだし」とも心配してくれますが、「そのうちに(平常に)戻るでしょう。相手も必至だったでしょうから」と言うくらいです。

 大事なことは、皆さんの負託を受けたこの重さを、議会を通じて市政に提案提言したり、熊野市の舵取りが正常かどうかのチェックをしていくことで、議員のアラ探しやネガキャンやヘイトスピーチをやったところで、それはなんの利益にもなりません。そこは、それぞれの議員がしっかりとスタンスを見せたり、話したりすればいいだけのことですから、いっときのことといえばそれまでです。しかし、言われた相手としては、そうそう忘れることはありませんけどね。

 そう言えば、弁当が主体だった選挙期間中から、茶碗で白飯が食える喜びを感じています。また、刺し身などの生ものも食べるようになってきたので、ついつい食べ過ぎてしまうのが怖いくらいです。私自身も、疲労が抜け切れないのを感じながらですが、179回の街頭演説をしたわりには、喉も痛みなどは全くなく、体調は良好です。明日も、支援者宅に挨拶に出かけますが、スケジュールも埋まってきているので、次の準備も早くに済ませないとと感じています。この件については、早いうちに発表しますが、政策秘書をインターンで募集する予定です。

 あらためて、1票の重さ、負託の重さを感じながら、身近な政治ができる追求を徐々に具体化させねばなりません。「張り切り過ぎたらアカンでの」って言葉は、支援者の誰もが口にしているので、肝に銘じながらやっていく考えです。

 そのたびに、熊野市議会議員になった実感が湧いてきます。
by owase874 | 2014-04-23 01:25 | コラム「温故知新」

【熊野市議会議員選挙】はなし徹也、無事に当選しました。

 ありがとうございます。当選しました。

 インターネット選挙の解禁により、ネット上で当選お礼もできるようになりました。
e0105019_1133536.jpg


 非常に苦しい、考えさせられる場面もありましたが、どうにか末席に背中を押していただきました。選挙運動ができる最後の街頭演説で、あちこちから人が出てきたときに、本当に挑戦してよかったと感じました。「よう頑張ったな」と、あちこちで声をかけてもらい、その意味を知るだけに、ウグイスはいつしか泣き通しでした。

 第1報で150票を一律で積み、第2報で500票となり、第3報で523票となったときは、次点との差が100票あまりあったので、もしかしてと思いました。確定で524票となりましたが、その前に開票場にしたスタッフからも確定の電話があったので、万歳なしでお礼だけさせていただきました。万歳をしなかったのは、スタッフの苦労を見ていると、とても万歳というよりは、肩の荷が下りた安堵を静かに迎えたい気持ちになったからです。

 多くの人に支えられて、また、多くの人に迷惑をかけての結果なので、これからの活動には力が入ります。また、飛鳥と五郷を地盤にしている議員が、すべて当選したのは大きなことです。選挙期間中も、私は山間部を地盤にする議員の全員当選を声を大にして訴えてきました。少なくとも私は、2011年の台風12号の災害から、山間部の必要性を知る議員が、一人でも多いことにこしたことはないと感じていました。

 まずは、本当によかったです。言い尽くせないことは、議会の場で行動します。少数精鋭で挑んだスタッフにも、本当に感謝してもしきれません。本当に応援していただいた皆さん、どうもありがとうございました。

◆連絡先
・はなし徹也未来874事務室
 熊野市飛鳥町佐渡462番地
  0597-84-1033
  https://www.facebook.com/tetuya.hanashi.ouen

■参考
e0105019_11962.jpg
確定


by owase874 | 2014-04-21 01:57 | コラム「温故知新」

【熊野市議会議員選挙】はなし徹也、自分の声で主張します。

 熊野市は、本当に広い自治体です。

 あらためて、選挙戦で各地を回ると、山間部から海岸部まで、移動距離も時間もかかります。しかも、あちこちに集落が点在しているので、こんなところにも集落があるのかと驚きます。

 金曜日は、五郷町から神川町、育生町と街宣し、紀和町の西山から小森を経由して、育生町の大井に入りました。入り組んだ山の中の道を走るので、まさに樹海を抜けると集落があるといった場所もあります。当たり前なのですが、どの集落にも日常生活があり、その営みの大半が、高齢者で占められています。大井谷、柳谷、碇、奥地、大井、小森などは、5年後、10年後の行く末を考えると、いまからすべきことはたくさんあると感じます。それは、須野町や、育生町の粉所、紀和町の小船や楊枝でも同じことが言えます。

出発前の事務所前挨拶


 あいにくの雨になりましたが、4月に入って久しぶりの雨でしたので、農家や菜園をしている人たちにとっては、恵みの雨になりました。私たちも、飛鳥町の小阪で赤大葉高菜を栽培しているので、これでまた葉が大きくなるはずです。

 また、この日は、山間部を街宣した後、甫母町、二木島町、新鹿町にも街宣しました。ただ、遊木町は、18時半を回ってしまったので、明日に持ち越すことになりました。なかなか、同じ地域に二度、三度と回れず、「顔も、声も聞こえない」とお叱りを受けるのですが、この日も29回の街頭演説をさせていただき、常に私自身が選挙カーに同乗しての街宣しかしていないので、1日に回れる範囲も限定されてしまいます。どうしても、ウグイスだけに任せて選挙カーを走らせ、自分自身が事務所で休憩などようしないのです。また、やはり自分の声でも訴えたいことは出てきます。

 とは言え、明日で選挙運動は終了しますので、限られた時間のなかで、どこまでできるかになります。地元の飛鳥町はもちろんですが、1度しか回れていないところは、もう1回は訪れたいのは言うまでもありません。知名度のない私ですので、たとえ名前の連呼でも、選挙カーでしなくてはならないのですが、出来る限り、自分の声で主張させていただきます。

 しかし、今回の選挙戦では、2人のウグイス(車上運動員)に連日無理をお願いしましたが、さほどの経験もなかったにも関わらず、日を追うごとに上手になっていきました。朝の9時から、だいたいは18時頃まで街宣してきたので、候補者以上に疲労困憊だと感じています。だからこそ、私は自分の声でとも思うところはあります。本当に、こんな選挙が必要なのかとも思いますが、これ以上の手段もありません。

 どうにか、喉もつぶれることなく、体調も維持していますが、花粉症だけは厄介です。しかし、それもこれもあと1日ですので、できる範囲で、できることをやるだけです。「ここまでやったから大丈夫」、って気持ちにならないのが選挙です。ただし、これまでの151回の街頭演説で、ひとりでも多くの方に響くものがあれば、それがはなし徹也です。

◆連絡先
・はなし徹也未来874事務室
 熊野市飛鳥町佐渡462番地
  0597-84-1033
  https://www.facebook.com/tetuya.hanashi.ouen
by owase874 | 2014-04-19 04:32 | コラム「温故知新」

【熊野市議会議員選挙】はなし徹也にも、市議会での役割があります。

 いよいよ選挙戦も明日で区切りがつきます。

 明後日は、投票日ですので、選挙運動はできません。

 今回、インターネット選挙が解禁になったことを受け、未来874事務室のスタッフたちが、このfacebookページを立ち上げました。私も更新できるようにしていただき、手探りの状態ですが、日々の状況を報告しています。もちろん、公開サイトですし、候補者に対して質問することも可能です。また、候補者より、投票行動をお願いするメールの送信も可能です(受信を希望した方のみ)。

 もちろん、インターネット選挙だけにたよるのではなく、生の声を届けさせていただくために、街頭演説もあちこちでやっています。もしかすると、今回の候補者のなかでは、一番数多くやっているかも知れません。知名度も、地盤も看板もありませんので、訴え出る手段は、自分自身の声しかありません。しかし、これこそが、政治の原点であると感じています。

新鹿にて


 ぜひ、賛同いただいた方には、私への応援支援をよろしくお願いします。些細な事でも、私にとっては貴重な意見であり、そこからさらに拡がったり、派生したりもします。41歳の新人候補というだけで、お見知りおきしてもらうだけの時間も迫ってきています。しかし、私の目指す身近な政治、ほんとうの意味での議員の仕事を、私にもさせていただきたい一心です。

 大変苦戦を強いられていますので、ぜひ、皆さまにできることがあれば、公職選挙法の範囲内でよろしくお願いします。泣いても笑っても、明日しかありません。ただし、議員の仕事は、当選してからになります。

 ぜひ、私も市議会の末席に残れるように、私にも、必ず市議会での役割があるはずです。

◆連絡先
・はなし徹也未来874事務室
 熊野市飛鳥町佐渡462番地
  0597-84-1033
  https://www.facebook.com/tetuya.hanashi.ouen
by owase874 | 2014-04-19 03:36 | コラム「温故知新」

【熊野市議会議員選挙】神山生活改善センターでの個人演説会

 2回目の個人演説会を開催しました。

 1回目の佐渡集会所よりは少なかったのですが、こちらも予想以上に集まっていただきました。50人くらいはいたのではないでしょうか?いずれにせよ、無名のはなし徹也の声を聞こうと集まっていただいたので、それだけでも感謝です。この個人演説会で、私を知っていただいて、気にしてくれれば嬉しいことです。

 この日の段取りは、昨日のこともあって、手法を変えました。もちろん、思いを伝えただけですが、わかりやすく市議会議員の仕事を説明しようと心がけました。私は新人ですが、熊野市では新人と言うだけで、市議会議員自体は経験済みです。稀に見るような厳しい環境で切磋琢磨させていただいたので、即戦力になるには違いありませんし、隣の自治体と比較できるのは、強みにもなります。

 また、私が熊野市の市議会で取り組みたい議会改革や、行政に提案、提言したい施策についても説明させていただき、ついつい熱が入りこみました。ただし、数値的なことは極力控え、身近に感じるような話しにはしたので、一定量の効果も手応えも感じました。ただひとつ言えることは、中山間地域の必要性は、もっともっと熊野市の主要施策にあげられるべきですし、県内でも大きな割合を占める1次産業も、行政支援の必要性を感じる話をさせていただきました。これらも、同じように1次産業へのテコ入れをしている尾鷲市と比較できるので、双方の予算や施策を知ることは、比較検討しながら最善策を見いだせやすくします。

 予定時間の大半を、私自身の語りで食いつぶしてしまったので、ワンマンライヴのようだったと反省もしました。しかし、出来る限りの思いは伝えられたし、それをどう解釈していただくかは、参加された方でそれぞれ違うでしょう。もちろん、出来もしない夢は語らなかったつもりなので、叶えられそうな夢の話だけさせていただきました。

 やはり、中山間地域を蔑ろにすることは、熊野市と言う自治体の根幹を揺るがす事態となるはずです。そこを踏ん張って主張する、意見する議員がいることが、いまはなによりも必要不可欠です。そのひとりに、私も加えさせえていただければ、桃太郎とは言えなくとも、キジやサルやイヌくらいの活躍はできそうです。ただ、桃太郎本来の役割は、熊野市民であるべきですし、それを後押ししてサポートするのが、やはりキジやサルやイヌである議員本来の姿でしょう。

 はなし徹也の個人演説会は、公営施設ではこの日で終わりましたが、個人宅などでのホームミーティングは、19日まで開催受付しています。市内各地に足を運びますので、お気軽にご相談ください。

◆連絡先
・はなし徹也未来874事務室
 熊野市飛鳥町佐渡462番地
  0597-84-1033
  https://www.facebook.com/tetuya.hanashi.ouen
by owase874 | 2014-04-18 01:33 | コラム「温故知新」

【熊野市議会議員選挙】知名度、看板、地盤がない私にできること

 選挙戦というのは、ときとして考えさせられます。

 4年に一度、このような形で、大なり小なり違えど、選挙ポスターを貼り、選挙ハガキを投函し、選挙カーで街宣し、ウグイス嬢がけたたましく巡回する。候補者も、汗をかきかき、声を張り上げながら主張し、ときにはお涙も頂戴する(私はこれだけはしませんが…)。

 新人の候補者には当てはまりませんが、現職の議員にとっては、4年間の仕事を見てもらっての選挙というよりは、候補者一律に、選挙戦でよーいドンになっている気もしなくはありません。私も以前から感じていましたが、なんだか振り出しに戻ってしまうのが、いまの選挙戦に感じてなりません。たとえば、候補者一同が集まって、同じ内容で主張をし合うとか、現職に対しては、4年間でどれだけの活動をしたかの報告書などで、有権者が選択しやすい手法をとれたらなんて考えてしまいます。

 しかし、それでもいまは、これらのセオリーを外す選挙戦では、悔しいですが勝てません。とは言え、自分のできることは、街頭演説をできるだけ重ね、まずは知っていただくより他ありません。嘘も言えませんので、出来もしない公約は言いたくはありません。以前の経験もあるので、新人と言っても多少なりの違和感はあるのですが、即戦力になることは間違いはありません。

 ただし、もう少し選挙戦を考えたとき、地盤や看板や知名度があれば、候補者の能力に関わらずに当選はするでしょうし、見方を変えれば、能力があるから、これからが備わったということもあるでしょう。いずれにせよ、志しだけで出馬した私には、この選挙戦は不退転の決意、死に物狂いでやるしかありません。
e0105019_0402026.jpg


 今日は、新鹿町で街宣を10数ヶ所やり、波田須町、磯崎町、大泊町を経由して、午後から木本町で街宣をしました。熊野古道の松本峠を下りた先から、少し早く歩きながら、本町通りを地声で街宣しましたが、人は少なかったです。売家の張り紙を横目に、市役所の先に下ってきてからも、街宣を打ちながら駅前を通過し、記念通りを歩きました。選挙カーでは、どうしても後続車に気を使うので、歩いて正解だったとは思いましたが、人通りの少なさには驚きました。

 この日は、27ヶ所で街頭演説をしましたが、これまでの初日の20回から、27回、24回、24回、そして今日の27回で、合計122回となりました。数でどうのはありませんが、あと2日間で、せめて切りよく150回は達成したいです。私の場合は、バリエーションを加えながら、3分から4分の街頭演説をするので、どんどんと時間が経過していくようです。また、ウグイス嬢にも道中はお任せしますが、私自身が声も出すことが多いので、さすがに夕方になると疲労困憊します。日没までに事務所に帰り、死んだように仮眠することもありますが、ウグイス嬢だけ乗せて街宣するのだけは、今回もしないことにしています。これは、私にとっては他力本願でしかありません。

 手応えなどわかりませんが、沿道に出てくてくれる方がいると、やはり嬉しくもなりますし、「頑張れ!」って家の中から応援していただくこともあります。できれば、同じルートを二度三度と訪れたいのですが、さすがに広い熊野市では、この数の街頭演説を打ちながらでは間に合いそうにありません。そうこう考えあぐねている間に、選挙戦も残り2日間となっています。

 やはり、いまの私にも、これからの私もですが、自分自身の声で訴え出るしかありません。

◆連絡先
・はなし徹也未来874事務室
 熊野市飛鳥町佐渡462番地
  0597-84-1033
  https://www.facebook.com/tetuya.hanashi.ouen
by owase874 | 2014-04-18 00:54 | コラム「温故知新」

個人看板の設置場所

 個人看板を4箇所に設置しています。

 事前に登録し、許可を得ていますが、設置する場所にも指定があります。簡単にいえば、事務所(連絡所など)がある敷地内に看板を設置することができます。私の場合、この選挙戦に入る3月19日頃から設置していますが、この個人看板は、選挙にかかわらずに設置しておくことも認められています。
e0105019_824252.jpg
1ヶ所目


e0105019_8245553.jpg
2ヶ所目


e0105019_8252096.jpg
3ヶ所目


e0105019_826511.jpg
4ヶ所目


 昨日、熊野市選挙管理委員会に、この看板が選挙違反じゃないかと連絡が入ったようです。看板自体の設置には問題はないはずですし、設置場所も事務所が隣接する敷地内です。また、どの看板が違反なのかの指摘もなかったので、とりあえずはその旨を報告し、関係者に相談したのち、様子をみることにしました。

 法的には、個人看板は6枚設置でき、後援会を設置すれば、さらに6枚を設置することができます。また、同じ場所に2枚まで設置することも認められています。建物のない空き地には設置できませんが、建物がある敷地内には設置できます。
by owase874 | 2014-04-17 08:36 | コラム「温故知新」


市民活動の延長線上に、市民目線の政治があると考えています。


by kumano874

プロフィールを見る

ご挨拶とブログの概要

当ブログに来ていただきありがとうございます。私が政治に関心をもったのは、災害現場でボランティアとして活動しているときに、どうしても市民活動・NPO活動だけでは届かない声があると感じてからです。1995年の、阪神淡路大震災のときです。それ以降、政策提言できる市民活動を合言葉に、さまざまなことを実践しています(市民派向けのブログもあります。こちらCafe_CReAM モノ語り)。


これまでの思いが実現したのが、2006年11月から、2期6年半在職した尾鷲市議会議員でした。3期目の挑戦には苦杯しましたが、貴重な実体験をさせていただき、条例の制定を中心にした議会改革や、市民活動で培った政策提言を直接できる立場として、負託の重さを実感することができました。

また、尾鷲市議として負託をいただいてからは、この地域ではいち早く、議員活動をお知らせする手段の一つとして、このブログを活用しました。当時のことも含め、日々私が何を感じ、何を考えているかを綴る活動報告にもなっています。なお、2014年5月1日からは、三重県熊野市議会議員として、あらたな1歩を踏み出します。

ときには辛口の意見もありますが、東紀州における公益や市民益を考える一人の意見として読んでいただければ幸いです。

質問や批評など、ご意見がございましたら、下記宛にお願いします。何かしらの方法で、きちんと対応させていただきます。ただし、ブログのコメントには、できる限り返答をいたしますが、端無自身の裁量になることをお許し下さい。

◆ブログ管理者
 未来874事務室
 熊野市飛鳥町佐渡462番地
 0597-84-1033
 kurage874@cream.plala.or.jp 

なお、たくさんの意見や考えをお聞かせ願いたいので、直接にお会いすることも可能です。日程調整などしますので、その旨をお伝え下さい。

facebookやtwitterにも登録しています。よろしくお願いします!

カテゴリ

プロフィール
議会活動の予定
コラム「温故知新」
端無の一般質問
定例会の報告
臨時会の報告
委員会等報告
議会改革報告
防災とまちづくり
教育とまちづくり
福祉とまちづくり
観光とまちづくり
住民自治を考える
産業振興を考える
公益行事への出席
地域の活動を知る
東紀州はひとつに
 
 
 
 
 
 
 
 

twitter

最新の記事

一般社団法人熊野レストレーシ..
at 2017-09-23 09:10
三重県熊野市議会議員【はなし..
at 2017-09-23 09:00
1年前を振り返る日、新たな決..
at 2015-04-20 14:58
熊野市の地方創生(移住交流編..
at 2015-03-14 17:29
議会が一枚岩になるということ
at 2015-03-03 00:41
【12月定例会の一般質問】熊..
at 2014-12-11 16:18
【丹レス主催】大杉の伐木と霊..
at 2014-11-10 13:17
これからの地方自治体
at 2014-10-30 14:14
【丹波水害復興支援_霊山寺と..
at 2014-10-30 09:52
【丹波水害支援_床下対応メイ..
at 2014-10-21 10:29

以前の記事

2017年 09月
2015年 04月
2015年 03月
more...

検索

その他のジャンル