生活しよい町、尾鷲

 尾鷲は、なにかと生活しよい町だと思うのですが…

 ☆自転車や徒歩で事足りる
e0105019_1324928.jpg


 公共施設や金融機関、ショッピングセンター、飲食店など、町がこじんまりしているので、気楽に行きよい。反面、九鬼・三木浦・三木里・輪内・賀田などは、入り江ごとに町が点在しているので、不便さもあるように思う。

 ☆食べるものの質の高さに困らない
e0105019_130242.jpg


 魚の旨さは群を抜く。他所で魚を食べたいとは思わなくなった。一方、野菜は、耕地面積の少なさからか、地元産が手に入りにくい。隣町の紀北町や熊野市があるから大きな問題ではないが、市内で自給確保したいのが本音。

 ☆散歩や路地探検など歩くことに飽きない
e0105019_12563118.jpg


 路地が多く、懐かしい趣がある。カメラを片手に歩き回れる景観にも脱帽。ウォーキングにも適した道が多く、山と川と海が堪能できるので、健康管理にも事欠かない。

 ☆中村山は憩いの山
e0105019_12545449.jpg


 市内の中心にある中村山。数箇所から山頂を目指せ、景色も程よい。整備の仕方によっては、ここが市民の憩いの場となり、自慢できる場所になるのは間違いなし。
# by owase874 | 2006-10-17 14:36 | コラム「温故知新」

僕が感じる、尾鷲人

今日まで付き合ってきた、または話をしてきた尾鷲の人は、僕にとってこんな感じです。

■特徴
 初対面だと、まずは、「あんた何町の人?」って聞いてくる
 たいがいの人が、親戚・血縁の系譜を知っている
 顔なじみになると、「まあ食べい」って、おすそ分けしてくれる
 「よいんなー(良いなあ)」って、誤魔化しで使うときがある
 「やり~」って語尾だけで会話になっている

■長所
 義理人情に厚い
 他意が無くストレートで物をいう
 あとくされが無い
 理解されたら、あとはツーツー
 市民性の高い人が多い
 なにかにつけてほっとけない心の持ち主が多い

■短所
 気やみじこい、せっかち
 最後まで話しを聞かない
 へんこを起こしやすい
 熱しやすく冷めやすい
 尾鷲出身以外をよそ者扱いする


※僕の個人的な印象ですので、他意はありませんよ。ほんまに。
# by owase874 | 2006-10-17 14:16 | コラム「温故知新」

■取得資格

 資格の世の中といわれますが…

 中型自動車運転免許
 大型自動車運転免許
 第4級アマチュア無線技士
 第2種電気工事士
 認定電気工事士
 乙種第2・4・6類危険物取扱者
 高等学校専修免許状 工業
 中学校第1種免許状 技術
 食品衛生責任者
 伐木等の業務に係る特別教育(チェンソー講習)
# by owase874 | 2006-10-17 13:20 | プロフィール

■ニート歴

 ニートだったときもありますが、なにかしらやっていました

■平成16年(2004年) 5月~7月
 四国108カ寺徒歩遍路
 30代までに、一度は行っておこうと決めた四国徒歩遍路でした。実現したのも貴重な縁でした。

■平成16年(2004年) 9月
 世界遺産登録記念『森羅万唱』イベントボランティア(和歌山県本宮町)
 細野晴臣さんたちのライブを支援しました。最後の夜には、細野さんからサインをいただきました。

■平成16年(2004年) 10月
 三重県9.29豪雨災害 海山町災害ボランティアセンター副センター長
e0105019_1235538.jpg
災害記録冊子


 旧海山町での水害の記録と、内外のボランティアを受け入れたボランティアセンターの立ち上げから終了までを、ボラセンの目線で見た記録冊子としてまとめました(興味のある方はご連絡ください)。
# by owase874 | 2006-10-17 12:58 | プロフィール

■ボランティア活動歴

 ボランティアにもいろいろとあります

■イベント支援ボランティア
 1999年08月 ハローボランティアネットワークみえ 所属(本部:津市)
 2001年11月 学生ボランティアグループgoodjo(ぐっじょぶ)設立支援(熊野市)
 2005年04月 市民活動団体 プロジェクトCReAM設立(尾鷲市)
 2005年09月 中間支援団体 東紀州コミュニティデザインセンター(HCD)設立(尾鷲市)

■災害救援ボランティア関連
 1995年01月 阪神・淡路大震災(東灘区)
 2000年08月 東海豪雨災害(新川町・西枇杷島町)
 2004年10月 三重県9.29豪雨災害(海山町および宮川村)
 2004年10月 台風23号による水害(兵庫県豊岡市および出石町)
 2005年09月 東紀州コミュニティデザイン 事務局長
 2006年08月 長野県豪雨災害(岡谷市)
 2008年03月 NPO法人みえ防災市民会議(東紀州ブロック長) ※2013年3月末脱退
 2009年05月 三重県と名古屋市の防災NPO・ボランティアが、広域連携を具体化するための検討作業部会に参加
 2010年02月 東紀州防災ボランティアコーディネーター養成講座(尾鷲市)
 2011年03月 東日本大震災支援(岩手県下閉伊郡山田町)
 2011年09月 台風12号による紀伊半島大水害(熊野市)
 2012年01月 熊野レストレーション 事務局長
 2012年07月 九州阿蘇地域豪雨災害(竹田市、中津市、阿蘇市、南阿蘇村)
 2012年08月 京都府宇治市局所豪雨災害(炭山地区)
 2012年11月 防災ボランティアコーディネーター養成講座(松阪市)
 2012年12月 防災ボランティアコーディネーター養成講座(紀北町)
 2013年01月 大杉谷自然学校との防災教育懇談会(大台町)
 2013年03月 防災ボランティアコーディネーター養成講座(紀北町)
 2013年04月 熊野レストレーション 代表理事

 日常生活の中で、イベント支援などのボランティアをすることが、災害時にもよい影響を与えてくれると信じています。非日常の世界での活動は、常日頃の備えが必要です。災害を待つとはできませんが、日常的に訓練することは可能です。その両輪を知ることで、防災・減災まちづくりを率先しています。
# by owase874 | 2006-10-17 12:50 | プロフィール

■職歴

 職歴といえど、現在は、収入があるものと、支出の方が多いものもあります。

 平成09年(1997年)04月 海山町立三船中学校 講師
 平成12年(2000年)04月 尾鷲市立九鬼中学校(三船中学校兼務) 講師 
 平成13年(2001年)03月 退職
 平成13年(2001年)04月 近畿大学工業高等専門学校 電気情報工学科助手
 平成14年(2002年)04月 近畿大学工業高等専門学校 電気情報工学科特任講師
 平成16年(2004年)03月 退職
 平成17年(2005年)04月 CReAM Lab.運営者 ※2010年12月終了
 平成17年(2005年)09月 東紀州コミュニティデザイン 事務局長
 平成17年(2005年)04月 カフエクリーム経営者 ※2010年12月終了
 平成18年(2006年)11月 尾鷲市議会議員(1期目)
 平成19年(2007年)11月 大同楽座運営者 ※2009年12月終了
 平成21年(2009年)04月 尾鷲市議会議員失職(議会解散)
 平成21年(2009年)05月 尾鷲市議会議員(2期目) 
 平成22年(2010年)01月 キタガワノホトリ運営者
 平成23年(2011年)11月 NPO法人みえNPOネットワークセンター 理事
 平成24年(2012年)01月 一般社団法人熊野レストレーション 代表
 平成26年(2014年)05月 熊野市議会議員(1期目)

 CReAM Lab.(クリームラボ)とは、平成16年度三重県熊野古道協働プロジェクト事業によって、商店街通りの空き店舗をリノベーションした建物の総称です。平成17年4月より、私の個人運営の建物として引継ぎました。そこに、カフェとアロマサロンとセレクトショップ(チャレンジショップ)が入店していました。議員活動に伴い、パートタイム雇用で施設運営を継続していましたが、平成23年12月末に閉店しました。

 大同楽座とは、平成17年度三重県熊野古道協働プロジェクト事業によって、古民家再生と中間支援を目的とする組織の立ち上げ拠点として開設しました。平成18年4月に個人の共同運営として引き継ぎ、平成19年11月からは、私が個人運営する建物として整備していました。収入を伴った継続的な事業を見つけられず、平成21年をもって大家に返還しました。

 キタガワノホトリとは、私が賃貸契約で借りている物件で、私の個人運営の建物の総称となります。また、CReAM Lab.や大同楽座の意志を引き継ぎ、中間支援を目的とする東紀州地域の市民活動支援センターとなっています(管理運営者は、東紀州コミュニティデザイン)。なお、東紀州コミュニティデザイン(HCD)は、この地域の住民自治の橋渡しをしていく任意の中間支援組織で、私の市民活動の原点となっています。また、その延長線上に、市議会議員としての私がいます。
# by owase874 | 2006-10-17 12:48 | プロフィール

■学歴

 中学校からの学歴になります。中学校卒業と同時に、自衛隊生徒(現在は、陸上自衛隊高等工科学校生徒に名称変更)への入校を強く希望していましたが、周囲の理解を得られず、またそれを飛び越える勇気もなかったので、同じ手に職がもてる工業高専に進学しました。その後は、エスカレーター式に大学院まで進みましたが、もともと理数系が苦手だったので、「ならば理解できるまでやろう。」との思いがありました。

 昭和60年(1985年)4月 熊野市立飛鳥中学校
 昭和63年(1988年)3月 卒業

 昭和63年(1988年)4月 熊野工業高等専門学校 電気工学科
 平成05年(1993年)3月 卒業

 平成05年(1993年)4月 近畿大学 理工学部 電気工学科 3年次編入学
 平成07年(1995年)3月 卒業

 平成07年(1995年)4月 近畿大学大学院 工学研究科 電子工学専攻(博士前期課程)
 平成09年(1997年)3月 修了

 ※最終学歴
 近畿大学大学院 工学修士

 大学から大学院の研究では、主に植物と電気の関係を学んでいました、レーザーやLEDをつかった実験や研究でしたが、植物を扱うことが必須だったので、いつしか植物の研究にものめり込みました。LED照射による植物工場などの研究は、就職した近畿大学高専でも継続して続きました。
# by owase874 | 2006-10-17 12:45 | プロフィール

■プロフィール

■本名
 端無 徹也(はなし てつや)e0105019_13345373.jpg
災害救援ボランティアとして岡谷市へ(06年8月)


■通称名(ニックネーム)
 海月(くらげ)

■誕生日
 昭和47年(1972年)9月25日

■出生場所
 大石産婦人科(熊野市有馬町)

■本籍地
 熊野市飛鳥町佐渡

■現住所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■実家の家族
 ・端無 徹(熊野市在住)
 ・端無 八代(熊野市在住)
 ・向井 綾(妹、鵜殿在住)
 ・端無 直樹(弟、埼玉県在住)

■私の家族
 ・端無さらさ(長女)
  2009年8月26日に誕生
 ・飼い猫はムーン(現在、実家に居候中)

■自己診断
 ・判断に悩むところがあるが、決断が早いので、行動が早い
 ・お金に執着心が無い一面を持つが、会計に関する作業は適切に処理できる
 ・話を引き出すのが上手で、自分の言いたい事も伝えることができる
 ・物事の組み立てを、数学的に処理するので、柔軟性がたりないときがある
 ・批評や批判をするときは、対処の方法を常に考えている
 ・イベントなどを企画すると、当日は既に次のことを考えている
 ・傷ついても弱さを見せない、肉食動物的な本能がある
 ・好き嫌いなく何でも食べるが、食えない人間がいることを知っている
 ・女性に優しく、男性に厳しいが、何よりも自分自身に厳しい

■居住地の変遷
 熊野市飛鳥町→大阪府東大阪市上小阪→北牟婁郡海山町→熊野市飛鳥町→御浜町下市木→熊野市飛鳥町→尾鷲市栄町→尾鷲市北浦町→熊野市飛鳥町(現在)
# by owase874 | 2006-10-17 12:30 | プロフィール

top5

e0105019_3221485.jpg

# by owase874 | 2006-01-01 16:10

top4

e0105019_2575459.jpg

# by owase874 | 2006-01-01 15:57


市民活動の延長線上に、市民目線の政治があると考えています。


by kumano874

プロフィールを見る

ご挨拶とブログの概要

当ブログに来ていただきありがとうございます。私が政治に関心をもったのは、災害現場でボランティアとして活動しているときに、どうしても市民活動・NPO活動だけでは届かない声があると感じてからです。1995年の、阪神淡路大震災のときです。それ以降、政策提言できる市民活動を合言葉に、さまざまなことを実践しています(市民派向けのブログもあります。こちらCafe_CReAM モノ語り)。


これまでの思いが実現したのが、2006年11月から、2期6年半在職した尾鷲市議会議員でした。3期目の挑戦には苦杯しましたが、貴重な実体験をさせていただき、条例の制定を中心にした議会改革や、市民活動で培った政策提言を直接できる立場として、負託の重さを実感することができました。

また、尾鷲市議として負託をいただいてからは、この地域ではいち早く、議員活動をお知らせする手段の一つとして、このブログを活用しました。当時のことも含め、日々私が何を感じ、何を考えているかを綴る活動報告にもなっています。なお、2014年5月1日からは、三重県熊野市議会議員として、あらたな1歩を踏み出します。

ときには辛口の意見もありますが、東紀州における公益や市民益を考える一人の意見として読んでいただければ幸いです。

質問や批評など、ご意見がございましたら、下記宛にお願いします。何かしらの方法で、きちんと対応させていただきます。ただし、ブログのコメントには、できる限り返答をいたしますが、端無自身の裁量になることをお許し下さい。

◆ブログ管理者
 未来874事務室
 熊野市飛鳥町佐渡462番地
 0597-84-1033
 kurage874@cream.plala.or.jp 

なお、たくさんの意見や考えをお聞かせ願いたいので、直接にお会いすることも可能です。日程調整などしますので、その旨をお伝え下さい。

facebookやtwitterにも登録しています。よろしくお願いします!

カテゴリ

プロフィール
議会活動の予定
コラム「温故知新」
端無の一般質問
定例会の報告
臨時会の報告
委員会等報告
議会改革報告
防災とまちづくり
教育とまちづくり
福祉とまちづくり
観光とまちづくり
住民自治を考える
産業振興を考える
公益行事への出席
地域の活動を知る
東紀州はひとつに
 
 
 
 
 
 
 
 

twitter

最新の記事

一般社団法人熊野レストレーシ..
at 2017-09-23 09:10
三重県熊野市議会議員【はなし..
at 2017-09-23 09:00
1年前を振り返る日、新たな決..
at 2015-04-20 14:58
熊野市の地方創生(移住交流編..
at 2015-03-14 17:29
議会が一枚岩になるということ
at 2015-03-03 00:41
【12月定例会の一般質問】熊..
at 2014-12-11 16:18
【丹レス主催】大杉の伐木と霊..
at 2014-11-10 13:17
これからの地方自治体
at 2014-10-30 14:14
【丹波水害復興支援_霊山寺と..
at 2014-10-30 09:52
【丹波水害支援_床下対応メイ..
at 2014-10-21 10:29

以前の記事

2017年 09月
2015年 04月
2015年 03月
more...

検索

その他のジャンル